福井新聞社模擬テストの結果について(伏字注意) | 福井の入試応援ブログ!(二重まる学習塾)

福井の入試応援ブログ!(二重まる学習塾)

福井県の高志中学受験、学力診断テストや高校受験、さらにはAO入試情報など、受験に関する情報をお届けします!


テーマ:

福井新聞社模擬テストの結果が今日届きました。

福井市内の塾には昨日届いたようですが、三国だからでしょうか?

うちに届いたのが今日になった理由は・・・・・。

 

まず、結果が戻ってくるのがちょ----っと遅いですね。

試験が行われたのは12月15日だったので、ほぼ1か月かかったことになります。

この試験が持つ意味は、1月初めに行われる実力テストや確認テストに向けての前哨戦。

よって、この時期にしか結果が戻ってこないとなると、

この結果をどこに生かせばよいのかという話になってくるばかりか、

模試験を受験したことさえ忘れてしまう子も出てきちゃいます!

 

そしてなんといっても、得点が伸びないことがこのテストが抱える最大の問題点です。

学力診断テストの結果より100点ほど点数が低いという生徒も多くいたのではないでしょうか?

受検者は1966名いたようですが、400点を超えた生徒は1%いたかどうか・・・・・。

藤島=400点という感覚を持っている受験生が多いことを考えると、

このテストが本当に受験の参考になるか疑問です。

 

まぁ、その理由が生徒の勉強不足ならこちらも打つ手はあるのですが、

これだけ点数が低くなった最大の要因は、採点にあるようですね。

問題が難しくなる➡点数が低くなる。

通常はこのパターンで、難しい問題へ対応しなければならないわけですが、

福井新聞社模擬テストの場合、採点がドS過ぎるというか、謎と言うか、

言葉を濁さず表現すれば、お粗●すぎる!

このことがこれだけ点数が低くなる要因なのです。

お●末な採点への対策はこちらではしようがなく、どうすることも出来ません。

 

 

そんな話を以前担当者にしたことがあるのですが、担当者の態度はかなり▼▼であり、

おぁ、さすが新聞社はすげーなー!なんて思ってしまいました。

そんな状態ですので、二重まるとしては積極的に福井新聞社模試を生徒に〇〇〇〇ことはないのですが、

2000名近くの受験者を集めるテストですから、意識が高い子は受験します。

その結果がこれですから、今まで頑張ってきた子がかわいそうで・・・・・。

 

 

来年は、藤島・高志希望者を対象に二重まる模試をやろうかなとさえ思っています。

 

 

----------------------------------------------

●高校生クラス

https://www.nijumaru291.com/高校生ao-推薦専門クラス/

 

●中学生クラス

https://www.nijumaru291.com/中学生-藤島-高志こだわりクラス/

 

●小学生クラス

https://www.nijumaru291.com/小学生スーパー飛び級クラス/

 

 

 

二重まるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス