二丈赤米産直センター のブログ

二丈赤米産直センター のブログ

福岡県糸島市二丈で20数年前に生まれた二丈赤米についてや、我が家の日常、田畑の日常
、おすすめ商品など!!
農家に生まれ育ち、一般消費者として生活をしてきた中でのアレやコレ。まだまだお勉強中なのでお客様と近い存在で、お伝えしたいと思います(^^)

~稲刈り編①~ ←まずコチラを!

って事で、写真いっぱいだったので

とにかく雰囲気だけは伝わるかとおもいます!!

 

まずはご挨拶~おねがいグッ

いざ!!

ケガしないように

ヒーローも一緒に

黄金色ってこんな色

慣れてきたころが注意だよ

子どもは疲れ知らず

大きくなったら

ヒーローさんみたいな

立派な農家にならないかい?

まだまだ終わらぬ

そろそろ腰が痛くない?

ずいぶん刈ったね

まだまだ

結んで

竹を組んで

ハザカケの準備

レンジャーさんお疲れ様です

みんな運んで~

海も空も応援してる

天気が良くてよかったよ

これでお茶碗何杯分かな?

ヒーローと稲刈りなんて

まるで夢

きっと忘れないね!

半分はコンバインで刈るよ

子ども達に大人気

小型のコンバインで

何周回れるかな

2コーナーずつ順番に

40人弱の子ども達が体験☆

次は竹筒ご飯の準備

自分の家族の分は自分たちで

みんなで協力して

美味しく出来ますように

今は火を見ることも

貴重な経験

煙って目に沁みるんだよ

今年は炊き上がるのに

ちょっと時間かかっちゃった

でもきっと

サイコーのご飯

 

 

と。

写真はここまで目

 

なぜかこの後の写真がないえーん

写真係りの次女よ・・・

私と長女と百笑屋のルミちゃんと3人で作った大鍋3杯の

めちゃくちゃ大量の美味しい美味しい豚汁の写真はなぜ一枚もないのだ!!

ご飯のお供に準備したお漬物セットや、百笑屋の大豆を使った百笑納豆!!

それにそれに 労働の後の美味しいご飯を食べる皆様の笑顔ラブ

 

そうか、撮り忘れたんじゃなくて、参加した人だけの特典ってワケねOK

 

とゆ事で コーンな感じで行われ、

来年には竹筒ご飯のプロに近づけるよう研究をしなければと反省点を残しながら

今年の 糸島赤米コメ道場 は終了したのでしたチュー

 

7月の田植え、8月のお仕事体験、9月の花見会と

毎年少しでも私たち生産者と消費者の距離が近づけば、と行っておりますが

イベントのプロでも接客のプロでもない為、なかなか行き届かないところも多々あるかと思いますが

おかげ様で私たちは素敵な消費者の方々とたくさん出会うことができております。

お子様連れのご家族からよく、貴重な体験をありがとうと言って頂きますが、いえいえ、こちらこそ未来あるお子様に伝えてもらえて感謝です。

私の子どもも、ずいぶん大きくなりましたが

生産現場にこれだけ近い我が子でさえ知らないことだらけです。

私も農家に生まれ、農家で育ちましたが未だに へ~!! と思うこといっぱいあります。

 

来年も同じように田んぼの季節はやってきますので

きっとまたお会いできる事を願って今年はおしまいですクローバー

 

参加者のみなさま、関係者のみなさま、お疲れさまでした筋肉

そして今回はJA糸島青年部コメンジャーさんの協力があり、とても助かりましたspecial thanksお願い

最後にもう一度宣伝しておきますてへぺろ

 

早い者勝ちですよ~プレゼント

 

 

朝晩ずいぶんと冷え込むようになってきました

みなさま いかがお過ごしでしょうかぽってりフラワー

 

私は今、11月3日に行われた

糸島赤米コメ道場~赤米稲刈りと竹筒ご飯体験会~

の、写真を整理していたら、マウスを持つ手が凍えて

キーボードを上手く打てずにいます。。PC

 

さて、この稲刈り体験イベント。

9月の赤米花見会の時に田んぼに来ていただいた方に告知をしていたら

予想以上にたくさんの応募を頂いてしまい、ここでの募集ができませんでした。すみません。。

 

8月に行なった ~田んぼのお仕事編~ や、

9月の赤米花見会の様子も追々UPしていきますね。。。

年内にはきっと!!

 

とゆわけで11月3日(火・祝)

こ~んなイベントをしましたよ目

そうだ、イベントの様子をお伝えする前に・・・

実はサプライズゲストも参加ニコニコ

みんな大好きヒーローさん星

JA糸島青年部のコメンジャーさんがやってきてくれましたラブ

彼らは農家(ヒーロー)として常に、子どもたちの安心安全と笑顔を守ってくれています。

子育て世代のコメンジャーさん達は このコロナ渦いろんなイベントがなくなったり、不安な気持ちになっていないかと心配されています。

「そんなときは腹一杯ごはんをたべよう。

腹を満たせばなんとかなるさ!」

そう言って、来る12月6日にちかっぱお得で、ちかっぱ嬉しい企画を考えられているそうですよ~!!

 

よかったら覗いてみてください目

人気のようなのでひょっとしたらもう売り切れているのかもしれませんが、これからも彼らのことを応援していただけると幸いです照れ

 

ちなみに・・

JA糸島青年部のFacebookに載っていた

“コメンジャーとは”のQ&Aが個人的に好きだったので一部抜粋でお伝えします爆  笑

 

コメンジャーとは。
糸島の代表的なお米をモチーフとしたヒーロー。
ヒノヒカリレッド
ユメツクシブルー
ニコマルグリーン
ピンクミルキーQ
イエローヤマダニシキ
普段は農家としてひっそりと暮らしているが、空腹のあるところ彼らは行く、平和のため今日も誰かの腹を満たす。

Q. なぜ剣を持ってるんですか。
A. 格好いいからに決まってるだろう。

Q. 誰と戦ってるんですか。
A. 我々の天敵、カメムシだ。

Q. ピンクについて。
A. 彼女はああみえてアイドル志望だ。

Q. コメンジャーになるにはどうしたらいいですか。
A. 糸島で農家になればよい。

キミも、力いっぱいメシを食べようぜ!

 

 

 

 

 

 

さ、ずいぶん脱線しましたが、すごく、すごくたっくさんの写真を撮ってもらったので

赤米稲刈りと竹筒ご飯体験会の様子を じゃんじゃん貼り付けていこうと思いますカメラ

 

続く(笑)

 

※注 コメンジャーの回し者ではありません爆  笑

先週末、良い天気、、には恵まれませんでしたが

なんなら土曜日は雨でしたし

日曜日も午前中降る予定になかった雨に降られるし

気分はショボーンえーんショボーンえーんこんなんでしたが

 

それでもお昼から田んぼにたくさんの人に足を運んで頂き

風が少し冷たかったですが

楽しい時間を過ごす事ができましたニコニコ

 

午後も雨は降らないものの、日が射さないなぁってがっかりしていましたが

なんとっっ

一番赤米がきれいに見える17:00頃、それまで隠れていた太陽が雲からでてきてくれて見事に赤米をキラキラさせてくれましたキラキラ

 

密を避けるためのメインイベント、クイズラリーカエル

4年目の今年のテーマは共存。

コロナの話題でもちきりの今日この頃ですが、ウイルスや菌はついつい悪者にされがち。だけど人間にとって良いウイルスや菌もいるわけで。

それは田んぼに生きる虫や菌にも同じ事がいえますよね。

害虫とされてきたジャンボタニシの力を借りて、今では無農薬米も広く栽培されるようになりました

虫、菌、人、米、農業、、いろんなものが上手く生き残っていくために

お互いの距離感、関係性を私達はこれからもずっと

考えながら“共存”していかなければいけませんねクローバー

 

みたいな内容なんだけど、今年は少々問題が難しゅうございます爆  笑

絵文字の田んぼ2枚の回りをグルーっと一周まわってる間に12問星

少しだけ田んぼの事に詳しくなれる・・はず!

  

 

そして一周まわってきてからのお楽しみのガラポンですが

今年は花見会30回目ということでグッ

 

一等はお米10kg乙女のトキメキチュー乙女のトキメキ

5品種のお米各2kgプレゼント

3本準備していましたので、見事 3家族の方にお持ち帰りいただきましたおねがい

  

なんと一組は私のいとこで、写真撮るの忘れましたが・・・

お子さんがガラポンして金色の玉を引き当てるんですが、どのご家庭もお子さんよりご両親が喜んでくださっていました爆  笑

 

平日も、あまりスカッとした天気ではなかったにもかかわらず、小雨の降る中、傘をさしてやぐらから絵文字を見てくださっている方もいらっしゃったりして、本当に嬉しかったです。

 

さて、明日からの19日(土)~22日(火・祝)までの4日間も

クイズラリーガラポンを準備して

おおよそ昼過ぎ13:00頃~テントを張って田んぼでお待ちしております♪

試食代わりの赤米や生稲穂のプレゼントも準備していますので午前中は赤米センターまで、お昼からは田んぼへお越しくださいニコニコ

 

空クジ無しのガラポンの中身(1等×3、2等×3、3等×10、4等×20)は

毎日リセットされますので、毎日お米10kgあたるチャンスが3名様にございますよラブプレゼント

 

☆問い合わせ☆

二丈赤米産直センター 

    TEL  092-326-5075

    FAX  092-326-5437

    MAIL  info@akamai.jp

 

 

田んぼ横の県道に車を停められると 近隣の方の迷惑になります。事故にも繋がりかねないので 車は 指示に従い近くの農道、もしくは赤米センター手前の集会所へ駐車お願いします(^^)

 

photo by natsuki

 

雨予報。。。

ですぅ。。。

 

12日(土)は90%の雨予報が出ています。。。

絵文字の田んぼはそろそろ見頃を迎えているというのに。。。

13日(日)は少しは期待できるかな目

夕陽の射す夕方5時ごろが一番の見頃ですよ~晴れ

晴れの日の晴れ

photo by 遊水

 

 

雨の場合、また平日でも、赤米センターまでお越しいただければ 生稲穂のプレゼント行いますルンルン

(雨がすごい場合稲穂のプレゼントは難しいかも・・)

今年は試食がご準備できないので、少しばかりの赤米のプレゼントも準備していますので

ドライブがてらお立ち寄りくださいニコニコ

 

☆問い合わせ☆

二丈赤米産直センター 

    〒819-1641

       糸島市二丈吉井1364-1

    TEL  092-326-5075

    FAX  092-326-5437

    MAIL  info@akamai.jp

 

 

台風9号ニモマケズ
台風10号ニモマケズ(予定)
長雨ニモ コロナ ニモマケヌ  大丈夫!って気持ちヲモチ
 

そう、やってくるのは台風だけじゃないよ、毎年変わらず秋の田を赤く染めてくれる 二丈赤米・花見会の季節もやってきた爆  笑

 

7月に、暑い中マスクで頑張ってみんなが植えてくれた絵文字アート

☆7月田植えの様子はこちら☆click

順調に育ってます爆  笑

赤い穂も、場所によってはボチボチでてきていますよ~ルンルン

さて、今年の花見会は な、な、なんと!!

30回目!!アニバーサリー合格

なんだか大台に乗った気分!

な・の・で照れ

 

何か出来たらいいなぁ~~~キョロキョロ

 

まだ何も思いついていない目

コロナに振り回されて

なんなら30回目という事、見落とすところだった目

 

さて、今年の催しはといいますと

風と土と水の匂いを感じながら グルーっと田んぼを回りながら楽しむクイズラリー鉛筆

そのあとに参加できるガラポン抽選会

9月12日(土),13日(日),  19日(土),20日(日),21日(月祝),22日(火祝)午後から(おおよそ13:00から)のみになっております

 

平日でも田んぼの観賞、クイズラリーはいつでもご自由に楽しんでもらえますが、ガラポン抽選会は↑上記の日程のみですのでご了承くださいニコニコ

きっとガラポン抽選会の景品超豪華になると思う・・・30回目だしラブ

詳細決まりましたらお知らせします☆

 

赤米の生稲穂のプレゼントも準備いたしますウインク

こちらは平日は赤米センターまでお越しくださいニコニコ

 

田んぼの観賞は、↑写真を見ていただければ分かると思いますが、まだ赤い穂は出揃っておりません、

見頃は9月10日頃~お彼岸の頃

夕陽が射しこむ17:00頃のほんの10分~15分間が、いっちばん、キラキラしてキレイです(お昼間も絵文字アートはみられます)

(2017年9月)

 

今年はやはり、接触や密を避けるべく、赤米のお餅つきや赤米の試食等、避けざるを得ないものもたくさんありますが

そのぶん、いつもは見落としがちな 忙しい日常では気付けなかった

何か一つでも 田んぼのそばで 感じてもらえると嬉しいな、と思いますOK

のんびりした時間を、私達生産者とゆったり過ごすという

一風変わった、よそのイベントとは一味違うイベントとも呼べない時間を準備してお待ちしておりますのでどうぞハイヒールではなくスニーカーを履いてのご来田をお待ちしておりますニコニコ

 

☆問い合わせ☆

二丈赤米産直センター 

    TEL  092-326-5075

    FAX  092-326-5437

    MAIL  info@akamai.jp

 

 

田んぼ横の県道に車を停められると 近隣の方の迷惑になります。事故にも繋がりかねないので 車は 指示に従い近くの農道、もしくは赤米センター手前の集会所へ駐車お願いします(^^)