セルリアンタワー東急ホテル | ななしま

ななしま

旅行とか買い物とか日記とか

2005.5月に二泊しました。


ロビー:吹き抜けでとってもひろーい印象。
都会のホテルって感じですたい!
ロビー階にある喫茶のコーヒーは豆から水から自慢の一品だそうなんだけど、たしかに美味しかったわ。

濃いコーヒーが好きな方はおすすめ。


虹島


お部屋:角部屋、お風呂からも景色が見れるデラックスツインに宿泊しましたん。


上の写真は室内からの撮影で左上が入り口ドア、右手がクロゼットで、入り口ドアの正面は絵のかかっている壁。

写ってないけど画面の左側は荷物置き場兼小タンスになってます。

家でいうところの玄関的ゆとり。

虹島 虹島 虹島


渋谷駅を眼下に見下ろすお部屋で、正面窓からは東京タワーも見えたり。

家具類はシンプルで飾り気はないですが、ソファのすわり心地など使い勝手は良いです。

角部屋なので窓は正面と脇にそれぞれあって、脇の窓からはお風呂の窓とこのように(上2枚目)面しているので覗き放題。

マジックミラーだけどね!


窓がふたつあるとさすがに開放感があっていい感じ。

2枚目の写真の机はライティングデスクも兼ねてるので、ホテルの案内や灰皿なんかはこっちに全部のっているわ。


ベッドの寝心地:

枕はテンビュールとデコボコそばがらの二種&クッション。

お布団そのものも固すぎずやわらかすぎず寝心地がよいので旅先ではなかなか眠れないあたくしも安眠できましたん。
セレスティンほどの自由度はないけれど、ベッドメイクもゆったりです。


虹島 虹島


お風呂&洗面所:使い心地、広さ、換気、合~格!


バスタオルが三枚用意されているのは朝風呂に入る時を思うととてもありがたい。

ほかにもハンドタオル、体洗う用のタオル(?)など合計4種類のタオルが用意されていてタオル面でこれでもかの充実ぶり。

お風呂窓からの景色は正面窓と角度的に同じ。

夜景を楽しむならバスルームのライトをしぼって入浴するとよろしいですよと案内の方がアドバイスくださったわ。

ロマンチック~!!

・・・と喜んだのに両日ともお風呂の中で本を読んでしまって夜景を見るのを忘れたというていたらく。

浴槽は広いですが、シャワーなんかはこの写真の右側にあるシャワーブースでどうぞ。


虹島

朝食:和食

このグレードのホテルでは朝食で2500円と比較的良心価格。


前夜このお料理やさんのメニューを柱の影からこっそり覗いたら、夕食はセットで一万五千円くらいから、チョイスメニューが汁物ですら3000円弱でした。

一体どんな汁物なのかしら。金箔とフグ!?


最初に出してくれたワゴンサービスのフルーツジュースでざくろをチョイスしたんだけどなんだかえらい美味しかったわ…売って…!
写真は基本おかずの5品で、練り物・もずく温泉卵・おひたし・ゴマ豆腐・漬物。

この他にお魚とか、焼いた石と一緒に暖めた状態で出される焼き海苔とごはん、お味噌汁、漬物。

味はどれもさすがに外れなしです。


バーラウンジ:最上階、窓際のみチャージ発生で最低限のドレスコード有。

でもあまりにもアレな格好でなければOKだそうでーす。

ピアノの生演奏ありで雰囲気はとてもステキ。そして勝負カップルがウヨウヨ!(うきうきウォッチ)
カクテルも多種に渡っていてとてもおいしいわ。

いくつか頼んだおつまみの中のスティックサラダ。

スティックサラダといえどもおセレブっぽく、マヨネーズなんてついてませぇ~ん。

アンチョビソースとゴルゴンゾーラソース添えなんで~す♪キャハー★


ソースが、温かい…('A`)


氷に刺さった野菜の冷たさと、暖かいソースが口内でかもしだすハーモニーは、すなわちぬるい野菜。

結局、塩をもらって、それつけながらポリポリ食べました。

教訓:庶民は居酒屋で胡瓜に味噌でもつけて食うべき。


交通:地下鉄渋谷駅からはすぐ近くに見えるけど歩くと5分くらい。

陸橋をあるけばあっという間なんだけど山のような買い物&化粧品のビンかかえて歩くのはしんどかった…!

その他:冷蔵庫はお酒とドリンクが数本だけで、中身はほとんどカラ。

ホテル内にあるセブンイレブンで好きなものを買って入れてねとそういう意味と勝手に解釈。

こういうおおらかなホテル大好きです。セブンイレブンでは24時間営業でお酒も売ってまーす。便利便利。

アメニティのコットンセットは髪ゴムと爪用のやすりも入ってました。便利便利。

総合:90点
景色のよさは確かにすばらしいし何の不満も無いけれど、このホテルの個性は?と聞かれると「はて?」となってしまう贅沢な感想。

タオル類や細々した部分の充実ぶりを見ると居心地のよさを図ろうと努力なさっているのはよくわかりましたん。
ホテルマンのみなさまもとても対応がよかった。 


不満があるとすればロビーでフリーで座れる椅子が少ないことかしら。

チェックアウトしてる間、ロビーでボーッと椅子に座って待ってたら、わずか5分ほどの間に「失礼ですが、金○さんでいらっしゃいますか?」と尋ねられ、別の方に「永○さんでいらっしゃいますか?」と尋ねられたのね。

多分探すキーワードが「椅子にでも座って」「待ってる女性」とかだったのかしらね。実際はは椅子に座れないでいる人のほうが多いのよね、早いもの勝ちで。
正しく待ち合わせに使われてるみたいだから、もう少し椅子がほしいかも。