頭痛、首や肩のコリ、腰の痛み、肘や膝の痛みなどで悩んでいらっしゃる方はいらっしゃいませんか。


それから、ヨガを続けているけどなかなか変化が見られない方。もっと柔軟性を向上させていろいろなポーズを楽に取りたい方。


スポーツやトレーニングをしていて怪我が多かったり、またはもっとパフォーマンスを向上させたい方。


普段から、なんかもやもやしていて元気が出なかったり、スッキリしない方。


操体法を試してみませんか?

 

 

 

 

 

【Aさん(60代女性)】

※膝が悪く、痛い日は歩くのが辛い。特に階段は無理。痛み止めを使っている。注射も数回受けた。

→週に1回、30分の操体法と30分のリフレクソロジーを受けていただいております。

むくみもひどく全てが滞っているので、デトックスのためにリフレクソロジーが効果的です。

操体法のおかげで膝が痛くならず、また体が軽くなったとおっしゃっています。

股関節も柔軟になり、あぐらをかけるようになりました。

腰、背中、肩などもかなり固くなってしまっているので、骨盤を修正し、脚だけでなく徐々に上半身もほぐれるように継続中です。

 

 

【Kさん(80代女性)】

※腰痛があり、歩いたり立ち上がったり全ての動作が辛い。お尻や足の付け根も痛い。歩くと自然に右に進んでしまう。左腕が上がらず五十肩。

→踊りもしているし、背筋も伸びてとても若々しく、一見不調があるようには見えないのですが、まっすぐ立ってもらうと誰が見てもわかるくらい、骨盤が右に大きく上がり前に出てしまっています。

歪んだ骨格をフォローしようと筋肉が頑張りすぎているので、全身硬直状態です。

年齢に関係なく、このような症状の方は多いです。

操体法とマッサージで筋肉をほぐし、骨盤を正しい位置に戻してあげたいのですが、かなり筋肉が固いので体が正しい位置を覚えるまで少し時間がかかります。

施術後は痛みはほぼなくなり楽になるのですが、悪い癖がついてしまっているため、なるべく毎週継続して続けることにより、正しい骨格に正しい筋肉がついてきます。

「ずっと自分の足で歩き続けたい!」と、とても明るい方なので、その気持ちも症状の改善を早めてくれます!

 

 

 

 

 

 

痛みは体が出しているサインです。


整形外科や接骨院、整体や鍼などに通っている方も、やはり自ら主体的に整えたり、正しく筋力を鍛えていかないと、根本的な解決にはなりません。


無理のない動きをしていれば、不調はあまり現れてきませんし、自分の持っている力を最大限引き出せます。


動き方にはコツがあります。動物や赤ちゃんの動きはとても自然で、いろいろ気づかせてくれます。
 
 


操体法は、自分で自分を整えるやり方です。一人でも二人でもできます。


『にじのわ』では、レッスンの中で効果的に用いています。また、マッサージを受ける方にも施しております。


今までの生徒さんを見ていると、腰が抜けている人が圧倒的に多い。


腰が抜けたままでは、前屈しようと思っても全く曲がりません!


無理して息を止めて反動を使っていては逆効果。


効果的な体の使い方を一緒に実践していきましょう。可動域が広がるのでびっくりしますよ。
 
 


また、そういう方はほとんどが肩や背中が固くなっていて猫背です。


体は全てつながっています。


操体法は、カイロプラクティックと違って全身に働きかける動きなので、非常に使い勝手が良いです。


例えば、足首に腫れや強い痛みがある場合、患部を動かすことはできませんが、体の他の部分を整えていくことによって症状が改善していきます。


基本的には骨盤から修正していきますが、慣れてくると、全身に働きかけていることが感じられるはずです。


まず、感じる力を鍛えることが大事です。ヨガのレッスンに取り入れているので、わかりやすいと思います。


そして、自然治癒力を高めるのです。人任せではいけません。

 

 


 
 

 


コツは、頑張りすぎないこと。気持ちいいこと。


ぜひ体験してみてくださいね!

 

普段マッサージに通っている方も、操体法は短時間で効果も高いですので取り入れることをおススメします。

 

特に症状がひどい方については、こちらからもご案内しております。

 

コリがひどい方も、驚くほど柔らかくなりますよ♪