320本目「マスター・オブ・リアル・カンフー/大地無限」(1993年・香港) | ★にわか香港映画ファンの映画ノート★

★にわか香港映画ファンの映画ノート★

香港映画が大好きです!!愛してます!!

たいち
クロックワークス
マスター・オブ・リアル・カンフー 大地無限

太極張三豊



THE TAI-CHI MASTER

製作年度:1993年

上映時間:93分

製作国・地域:香港

監督:ユエン・ウーピン

製作:リー・リンチェイ

脚本:イップ・クォンキム

撮影:ラウ・ムントン

出演:リー・リンチェイ、ミシェール・ヨー、チン・シウホウ、ファニー・ユン、ユエン・チュンヤン、ラウ・シュン


明朝時代、少林寺で共に学ぶ二人の兄弟弟子がいた。戦乱の渦に巻き込まれる中、野心家の弟弟子は軍隊に入りその頭角を現していき、温厚な兄弟子(リー・リンチェイ)は市井の人々と共に権力に立ち向かう。そして、出世のために裏切り行為を行う弟弟子に、兄弟子は決闘を挑むが……。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズで“黄飛鴻”を、「方世玉」シリーズで“方世玉”を演じたリンチェイの古装束もので、今回は太極挙の創始者“張三豊”にスポットが当てられている。一度は決闘に破れ、心労に屈するリンチェイが水や空気といった自然の持つ力に触発されて“太極挙”をあみだし、最後の決戦を繰り広げるまでが、ソツなくまとめられている好アクション編。監督は「ドランク・モンキー/酔拳」などのベテラン、ユエン・ウーピン。いつもながら気丈な女闘士を演じるM・キングとの共演も目玉のひとつ。(allcinema ONLINEより)



どういんだ
リンチェイ主演、ユエン・ウーピン監督の「マスター・オブ・リアル・カンフー/大地無限」を観ました。

太極拳 の創始者・張三豊をリンチェイが演じております。

流れが「SPIRIT」っぽいな・・と思いながら。

いい時代→変化→挫折→悟り→強くなる。

この流れは、けっこういろんなお話にありますけれども、べたですがすごい好きな展開です。


【ネタバレあります。】


少林寺の兄弟弟子のリンチェイと、シウホウ。リンチェイが心優しいトキで、シウホウが世間に出たら野望をもて!!のラオウタイプでございました。

①いい時代(少林寺・仲良し時代)


なかよかったんだけど


師匠も、リンチェイは、心優しいから、心配ないけれども、シウホウには、感情を高ぶったときに読め!と本を渡します。

あの少林寺での、棍棒使いの戦い。前半から、うわ~、うわ~。つるつるすべる床には、人間スケボーで、兄弟はものすごい強さを発揮してくれます。

暴れまわったおかげで、少林寺を追放されてしまいますが。

少林寺の相手側に師匠さん、どこかでみたことがございます。「狼」の激シブ・マフィアだったかなぁ。違うかなぁ。


②変化(少林寺から世間へ。リンチェイ、シウホウが別々の道へ。)

人助けをしたり、小遣い稼ぎをしていた少林寺ふたり組み。そこで、やんちゃ娘に助けられたりします。(馬のしっぽでかつら風にする。。)


おもしろすぎる


町で出会ったミッシェル姐さん。失恋のためにやけ酒気味ですが。

「苦しみを人生の糧にしろ!!自暴自棄になるな!!」と、リンチェイが、平手一発。

目がさめます。わたしも、この言葉すばらしいなぁと思いました。

女同士の戦い、ほれぼれします。取り合うほどの男でしょうか・・・・・と思いますが。「犬」とよばれてましたね。

傷心の彼女も、リンチェイや周りの人の優しい対応で、元気になっていきます。


シウホウは、税金泥棒軍隊にはいり、のしあがっていきますが、まず、仲間を裏切ります。リンチェイ(食堂ウェイターらしき存在)さえも、裏切ります。

このあたりからシウホウは、残虐性が強まってまいります。ただ、このシウホウ、かっこよいです。普通でおわらねぇぞ!!の野心は、けっこうわからんでもない部分もあります。でも、軍隊の中でも反感買いまくりです。

裏切られたおかげで、リンチェイ組は、とんでもないダメージです。ほとんどの人が殺されてしまいます。

リンチェイとユエン・チュンヤン(ウーピンの兄弟)は、馬でどうにか脱出。ミシェールさんは、人質です。


③挫折

ミッシェル姐さんを、棒倒しの一番上みたいなところに、しばりつけ、リンチェイをおびきよせますが、この死闘も、戦いの創造性に魅了されます。こういうのを映像にするってすごいなぁと口あけっぱなしでした。

この死闘で、人質だった姐さんに逆に助けられて、リンチェイは精神的にも肉体的にもボロボロになってしまいます。


④悟り

リンチェイが、ちょっといっちゃった人のような不可解な動きや、あぶない行動連発で、板にしばりつけられたり、無邪気におかしな人になるのですが、こういうシーンは、けっこう好きです。けっこう陽気な描写です。献身的な姐さんと、ユエン・チュンヤンの介護が嬉しいです。

その中で、自然の力を実感していくリンチェイ。力の流れをいかすスタイルをうみだしていきます。

悟ったときの寺でのシーン、よかったなぁ。水やボールやパンチング人形や。


びふぉあ あふたぁ
           悟り前                      悟り後  


さっかに

⑤強くなる

早速、どんどん調子づき、残虐になる軍隊へむかう、リンチェイと姐さんですが、その中で、村上春樹似の白髪の一番えらい宦官を人質にとり、シウホウ将軍(将軍になりました~。訓練が異常に厳しいです。TVジョッキーのガンバルマン並みです。)と、再度闘います。

リンチェイは、無想転生をしたケンシロウのように、強かったです。


最後は、リンチェイと姐さんと、さわやかな別れ。「また会えるの?」の問いかけに、「縁があれば・・」のお答え。

クールすぎるよ、リンチェイさん。


この映画、戦いの凄さは、もういうまでもないですが、音楽もよかったです。教訓っぽいこと多そうな。

サントラ
マスター・オブ・リアル・カンフー/大地無限

運命という言葉がけっこうでてきましたが、シウホウは自分で運命を変える!!と野心をいだきながら、欲望の道へどんどん邁進しました。

リンチェイは、運命を受け入れて、流れにまかそうというようなスタンスで、じたばたするより、その日その日を全力で生きている感じでいいなぁと思いました。でも、まだまだ欲望の道、いわゆる煩悩まっさかりな私ではございますが。

とんでもなくおもしろい授業を受けたような映画でした。


オススメ度:★★★★☆

動きが綺麗な映画でした度:★★★★☆




リンチェイといえば、続々楽しそうな映画が公開されそうですが。


■まずは、「刺馬」リメイクの「投名状」(The Warlords)。まったく別もんって感じになると思いますが、なんだか、寒そう、むさくるしそう、戦闘シーンがすごそう。いつごろ、観られるんだろうなぁ。この方たち、どんな状況ですか・・・。


これはなんだろう


むさ


■ユン・ケイ武術指導のハリウッド映画「War」(2007)に主演しております。


なかよしさん


たいまん
共演に、デヴォン青木、ジョン・ローンです。アジア~~な濃い映画になるんでしょうか。リンチェイと、ユン・ケイ監督は、本当に相性いいんでしょうねぇ。(予告編

予告を見る感じ、リンチェイ、悪役なんすかねぇ。2007年8月24日全米公開です♪(ちなみにケイン・コスギもでているそうです。)



■「ハムナプトラ3」(The Mummy 3 : Curse Of The Dragon)(2008)にも出演。またミッシェル姐さんと共演です。ハリウッドで共演というのもなんともいいものですね。2008年7月11日全米公開にむけて 、となっておりますが、リンチェイは、この記事ですと、中国皇帝のミイラだそうです。どんなん~~!!きっと悪役なんすかねぇ。


■そして、ジャッキーとの共演作「功夫之王」(The Forbidden Kingdom)(2008)。

監督は、ロブ・ミンコフ。やっぱり、これが早く観たいです。でも、ハリウッド映画だし、どんなんだろうなという気分もあります。