171本目「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地争覇」(1992年・香港) | ★にわか香港映画ファンの映画ノート★

★にわか香港映画ファンの映画ノート★

香港映画が大好きです!!愛してます!!

ジェネオン エンタテインメント
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地争覇

ワンチャイ3 獅子王争覇

ONCE UPON A TIME IN CHINA Ⅲ

製作年度:1992年

上映時間:112分

製作国・地域:香港

監督:ツイ・ハーク

製作:ツイ・ハーク、ウー・セイエン

製作総指揮:レイモンド・チョウ

脚本:ツイ・ハーク、カーボン・チョン

出演もしくは声の出演:リー・リンチェイ、ロザマンド・クワン、マク・シウチン、ラウ・シュン、ション・シンシン


“ワン・チャイ”シリーズ第3弾。北京では、時の権力者・西太后が“獅子王争覇”と呼ばれる大武術大会を開催しようとしていた。試合を前に殺気だつ各流派の武闘家たち。武術の本分を説き、平和的に試合を行わせようとする黄飛鴻だが、外国政府による西太后の側近・李鴻章の暗殺計画が進行していることを知るに及んで、自身も大会に参加することを決意する。(allcinema onlineより)


シリーズ3作目。なんか、どんどんつまらんくなっていくのかなぁと思いましたが、けっこうおもしろかった!!主題歌「男兒當自強」が合唱になっているときいて、もう、それが楽しみで。楽しみで。

合唱だ~~!しかも、獅子舞がものすごいことになってる~~!

獅子舞 この作品、主役、「獅子舞」でいいんじゃないか。獅子舞のひとつ、ひとつの表情をみると、もう、可愛いんだ~!!まつげがバサバサで、パチパチ瞬きすると、可愛いんだけど、その下で、ものすごいごつい男性が戦いあっていて。もう、そこのバランスが、ステキすぎる!!


この作品は、随分、フェイフォン(リンチェイ)と、ロザマンが、ラブラブ度が増しております。ほほえましくって、ほほえましくって。ちゅ~までしてくれて!

きゃ! ロザマンって、女神にみえるときがあります。鬼脚に傘をさしだすところとか。慈愛に満ちております。おいらも、メロメロ。


リンチェイって、もう、最高です。彼もものすごく笑いのわかる人なんだと思います。

アイ・ラブ・ユーのくだりとか、カメラの映像を横にみる姿とか、フーのやりとりとか、かなり好きなシーンがあります。今回は、とっても、ほほえましく、和やかに観られたと思います。油ぬるぬるの戦いも、なんて、こういう戦い方を想像できるんだろう!って思ってしまいます。そして、敵の大将、麻雀はじめちゃうし!(こういうところ、大好きだ。)


鬼脚 雨の中の鬼脚

そして、ナイス・キャラ「鬼脚」。すごいよ!すごいよ!すごいや!!なんて、動きだ~~!!ワイヤーだとか、そういうの全然いいんだけど、奇想天外すぎるよ!強いよ!!

あの馬の脱走シーン、すばらしいな。馬と、獅子舞が入り乱れた映像。色鮮やかで、圧倒的で。

足を怪我する鬼脚と、フェイフォンの「戦いたいなら、足を直せ!」というシーン、うるっときました。

優しいじゃないの~~。「人を許す」ことって、おおきなことだなぁ。


フェイフォンパパも、良さそうな人だ。

フーとのやり取りも、息が合っていて、私もあの中に混ざりたいな・・・と、ふと思いました。

はい!チーズ! 横向き


フェイフォンの旗 シリーズ化されると、けっこう、自分のお気に入りが見つかって楽しいですよね。

今回は、ラブ・ストーリーって感じで観ました。


オススメ度:★★★★☆

「鬼脚」の外伝が見たくなってきた度:★★★★★







~ちなみ画像~

うわ! うわ!なんだか、仲良さそうですが!

実際は、どうなんだろう??

(クリックすると、拡大します。)

この帽子、すごいなぁ。。








私服 トニーと バリー・ウォンと

リンチェイは、制服とか、そういう姿の方が・・・・。

着こなしに人柄がでますよね。ちゃんと、シャツをズボンにいれて、ベルトもしっかり。帽子も、まじめなかぶり方ですよね!そんなあなたが好きです。

バリー・ウォンのほうが、なんか強そう。トニー、苦学生みたい・・・。