ちょっとお昼寝しよかな〜
いやでも寝んとこかな〜

と幸せな2択をしながら横になっていた時ゲラゲラ
耳元では大好きなハワイの波の音や雨の音などが収録されたヒーリングのアルバムをボリューム小さめでかけていました。

そしたら

夢…ではないんですけど

想像のような、でも想像ではなくて映像なような

そんな感覚で

ひらけた台地に自然が溢れてて、足元には小川が流れていたんです。

川の流れはまぁまぁ早くて綺麗な水が流れていましたキラキラ

それを見ている私。

それをまたぐように、足を向こうにかけたまま川の流れていく先を見ている私。

その時に


あ。もしかして

って思ったんです笑

で、座ってみたんですよねニコ

その川の上を流れている空気に。

そしたら


やっぱり座れて

水のようなその透明の、でも流れているというか
勢いがあるものに。


それは、そのまま、座ったまま、空にあがって、空を飛んでいる。駆けているキラキラ

わぁ音譜あせる龍かなぁ
え、み、水やったら、、

って思った瞬間、お尻のところが

ザバァッと濡れはしなかったけど
水だったかのように座れない感覚に一瞬なり
慌てて、
大丈夫大丈夫あせると思い直す私。笑


そしたら

信じればいい、
信じるんだよ。
自分を、信じて。

って

言葉が心に溢れてきて。


自分を信じる。

って素直になんだか
そう感じたんですよね〜…。

そしたら

その声の主だった、私が座っている
川のような透明のエネルギー体のようなものが 
はっきりと龍だと感じた🐉

なんだろう、色とかはないんですけど笑

ほんとに、川のような龍さん。
すごく嬉しかったんですよね〜♡

※えーと、妄想だったかもしれないし、半分夢を見ていたのかもしれない。それでもその時の感覚は私にとっては嬉しいものでしたもぐもぐ

それが9月の終わり頃だったかな、秋分の頃か。

半分ちゃんと起きてるから
その龍に乗って空を走った後

やっばり…
このまま寝よ〜

っと寝たのでしたキラキラ


私と繋がっている存在たちに
会いたいっ♡♡

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました♡