Y-sup忘年会 | にじいろのさかな石垣島
新型コロナウイルスに関する情報について

にじいろのさかな石垣島

石垣島での生活も15年目を迎え『にじいろのさかな石垣島』代表として、海に囲まれた八重山での生活を楽しんでいます。
ブログではショップ情報や石垣島での島暮らしをアップしていきます。

http://nijiirono-sakana.com/
にじいろのさかな石垣島



先日、サップの所属団体の忘年会に行ってきました。


過半数が年上の先輩メンバーの忘年会でしたが、今年は全然繁華街へ外食にも行けなかったので息抜きになって楽しかったです。


気がつけば自分も中堅どころくらいの年齢になってしまいましたね(^-^;


観光で来ているゲストさんにはあまりこんな話はしないですが、ここ数年石垣島を含め八重山では過度なオーバーツーリズムの影響で、近年様々な使用ポイントで保全協定や状況改善に向けての動きがあり、様々な場所で協議会や組合が発足しました。


マナーが悪い不適切な業者に対する対策や、今のままで観光資源を末永く持続して使用していくことが可能なのかなど、コロナを機会に一度立ち止まって考えようといった動きです。


ショップオープン以来、1600本以上のSUPツアーを開催してきた宮良川では当店のSUPガイド歴が長いこともあり、2年前より役員的な立場でカヌー業者と共に組合を立ち上げ運営してきました。


今までのようにどこにも所属せずゲストさんをガイドするだけなら楽なんですが、近年当店のサップボードが送迎中に破壊されたり、他店への配慮に欠けありえない大人数をほぼ未経験のガイドが案内している業者も出てきたり、


そういったショップが安全でゲストさんが喜んでくれていれば何もないのですが大半がそうではなく、残念ながら大半のゲストがそういったショップを選んでしまっている現状を、僕たちのような古くからのガイドやショップは情けないような思いがあって、だから何とか変えたくて、かなりしんどい役割ではありますが引き受けて何とかやってきました。


世界遺産に向けて進んでいる西表島では石垣島より業者間のまとまりがあり、条例という形で優良事業者と不適切な事業者との差別化が進んでいて、業者間でほとんどまとまりがない石垣島よりはかなり進んだ状況にあるので、本当は仕事を抜きにして飲みたかったけど二次会でも西表島や石垣島の先輩と深夜まで保全や仕事の話で熱く意見交換をしていました。


年末年始繁忙期が終わったら、年明け早々揉めに揉めている保全協定への会議なので何とかうまくまとめて最善の解決法をみんなで話しあって絞り出せたらと思います。


今日は深い話になってしまってすみません

(^-^;


さて寒気の影響で明日のスノーケリングツアーは中止したので、凝った頭をスッキリさせるために明日は海で遊んで来たいと思います。


時間があれば久しぶりに島のバッティングセンターにも行こうかな


ではでは~