ぶちイヌの絵のブログ

ぶちイヌの絵のブログ

こんにちは、僕はずっと絵を書いてきました。絵は色彩と真心で人の生活を暖める事や、緩やかな時間を一瞬生み出す事が出来ると思います。よければ、絵をもっと好きになってください。


$ぶちイヌの絵のブログ

こんにちは、はじめまして


こちらのブログでは絵描きのぶちイヌの描いた絵を


公開しています。よろしければ見ていってください。


絵の一覧もご用意しています。


仕事のことはこちらのページに書いていきます。


http://blog.livedoor.jp/butiinu2009/


このアメーバブログはとにかく多くの方に絵を


知ってもえるよう活動しています。


(ブログの性質上宣伝行為をしています。
不愉快に感じられた方には大変お詫び申し上げます。)

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

日本中桜ではあると思いますが、


埼玉県川越市の桜を撮影してきました


今回は写真だけですが


よろしければご覧下さい。



菜の花が桜並木を引き立てます



ずーっと続く並木道です。


満開で散り始めていて


桜吹雪が舞っています


雨が予報されていて


散る前に見に来る人もちらほらいました



道の端には桜の花びらが積もっていて


雪のようになっていました



川越駅からのびる商店街の道


クレアモールの途中には公園があり


一本だけ早めに咲いている桜がありました


木肌の色が違うので、


種類の違う桜なのかも



菜の花の土手は春そのものであります。


ではでは


  絵描きのぶちイヌ



テーマ:



「春が来た、来た」

春が来ると、やはりすこし心が浮かれる。

自分の体の中にふつふつと何かが沸いてきて、むずむずしている。

街中の人々の服装を見ると、そのふつふつむずむずが、自分だけでないことが分かる。

街の行きかう服の色合いが一段階明るい気がする。

その頃どこかの村の小熊が、嬉しくって飛び跳ねた。

春が来た来た、春が来た(≧▽≦)ノ


そんなわけで、ややフライング桜の絵

毎年、冬が体に辛くなるけれど

春がありがたく感じるようになった。



スリッパに顔を描かないと

左右がいい加減になる人間だということは

前回書いたのですが、

いつも、前後ろに服を着て

着直す事を産まれてからずっと続けてます。

でも、とうとうフード付きの服を

前後ろに着たことは、

さすがに目の前が真っ暗になった

まあ、フードがあったから、

物理的にも前が見えなかったけど

たまに、自分が意図的に前後ろ反対にきれば

結果的に正しく着れるのではと思うけれど

それでも、タグが前に来る

これは、呪いかもしれない。(゚д゚ノ)ノ

まあ、いいけど死ぬような失敗じゃないから


くだらないことを

最後まで読んでくだっさった方には

心からお礼申し上げます(^O^)/

  絵描きのぶちイヌ

原画等興味のある方は
http://blog.livedoor.jp/butiinu2009/archives/31070810.html


テーマ:


「日常に潜む危険」


何かの上に乗っている以上、やはりちょっとは危険な物だと思う。

目に見えない危険にまで、おびえても仕方ないという考え方もある。

寄らば大樹の影というのも、やはり一理あるように思う。

なにやら不確かな毎日を、のんきに暮らしている人は

やはり少しうらやましい気がする。

☆笑い事ではないかもしれませんが

中島みゆきさんの祝辞を

誰かが偽造しちゃった事件は

少し笑ってしまいます

だれかがそうしなければならない

そういう状況に追い込まれて

中島みゆきさんになりきって書いたのかと思うと

(●´v`●)

昨日から三回は笑った。

三谷幸喜さんの芝居みたい


では、また、

読んでくださってありがとうございます(´v`)

   絵描きのぶちイヌ

原画などに興味があれば



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス