9・14行動

テーマ:
労働委員会の審問に先立ち、署名提出を行いました。4月に1500筆を提出した残りと合わせて、1031筆を提出しました。

この日は最終意見陳述と口頭補充を行いました。解雇の当事者ではないとしてこれまで欠席していたJR東日本が、今回は出頭して従前の主張を述べ、NTSに責任を押し付ける姿勢をさらけ出しました。

夕方からは新潟新幹線車両センター門前で情宣行動を行いました。NTS労組の人に組合はどうなったか聞いたところ、なんと「ないです」との返答。

NTSの解雇の不当労働行為性は明らかです。職場に団結をつくりだすまで、闘いを継続します。