新潟2歳ステークスの予想2018軸馬・レース傾向速報。

新潟2歳ステークスの予想2018軸馬・レース傾向速報。

第39回 新潟2歳ステークス2018(GIII) 2歳オープン 1,600 (芝・外) レースの予想、軸馬、買い目などの情報を提供します。プラス収支を目指して奮闘中。


テーマ:

8/26(日)新潟11R・芝1600mにて
《新潟2歳ステークス》が開催されます。

 

 




2歳最初のマイル重賞にスター候補が集結。

最優秀2歳牝馬や最優秀2歳牡馬といった
タイトル争いに向けても見逃せない一戦だ。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

==========
新潟2歳Sの出走馬
==========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 エンパイアシュアー 54.0 丸田恭介
2 2 エルモンストロ 54.0 蛯名正義
3 3 オーパキャマラード 54.0 大野拓弥
4 4 エイシンゾーン 54.0 幸英明
5 5 ロードアクア 54.0 鮫島克駿
6 6 ケイデンスコール 54.0 石橋脩
6 7 エイカイキャロル 54.0 北村宏司
7 8 スティルネス 54.0 三浦皇成
7 9 アンブロークン 54.0 石川裕紀人
8 10 ヤサカリベルテ 54.0 津村明秀
8 11 ジョディー 54.0 池添謙一


以上、出走馬11頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ケイデンスコール

アーモンドアイの牝馬クラシック2冠達成など
勢いに乗るロードカナロア産駒の牝馬。

デビュー戦で敗れたアドマイヤマーズは
その後の中京2歳Sを制している。

続く前走の未勝利戦では
1分34秒3の好時計で勝ち上がり
改めて存在感を示した。

鞍上は2戦で手綱をとった福永騎手から
新潟を得意とする石橋騎手へ乗り替わり。


エイシンゾーン

新種牡馬のジャスタウェイ産駒。

新馬戦を鮮やかな差し切りで快勝。

続く中京2歳Sではアドマイヤマーズに
突き放され2着に敗れてしまったが
これは道中掛かってしまった分だろう。

ここで巻き返して、父ジャスタウェイに
初の重賞タイトルを届けられるか。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


アンブロークン

既に2歳世代が6頭も新馬勝ちしている
好調のヴィクトワールピサ産駒。

本馬は2017年のセレクトセール
1歳馬セッションにおいて
4968万円(税込み)で取引された馬で
ポテンシャルの高さは折り紙つきだ。

新馬戦も着差以上の勝ちっぷりだったので
重賞のここでも改めて期待したい。


ロードアクア

昨年デビューして既にG1・2勝の
実績があるロードカナロア産駒。

デビュー戦は芝1400mを選択し
デムーロ騎手騎乗で1着。

末脚は確かなものがあるが
今回は2ヶ月半の休み明けとなる。

鞍上は鮫島騎手がテン乗りで騎乗。


エルモンストロ

中京競馬場でのデビュー戦は
逃げて差し返すという味のある競馬を
見せたルーラーシップ産駒。

母はフローラS2着、オークス4着と活躍した
ウオッカ・ダイワスカーレット世代の
ミンティエアーということで
左回りの舞台は母の戦績をみても
期待したいところ。

先々まで目が離せない存在だ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-2-0-4】
2番人気【0-0-3-7】
3番人気【4-0-0-6】
4番人気【1-1-1-7】
5番人気【0-1-1-8】
6番人気【0-1-2-7】
7~9番人気【1-0-3-26】
10番人気以下【0-5-0-75】


1番人気は4勝、2着も2回と
まずまずの成績。

全体的に人気サイドが堅実だが
2番人気が勝ち・連対ともにゼロであり
2番人気は不振気味なので注意。

また、2・3着には穴馬が入ることも多い。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-1-2-13】
2枠【1-1-2-16】
3枠【1-1-0-18】
4枠【0-2-3-15】
5枠【3-0-0-16】
6枠【1-1-1-17】
7枠【0-3-1-23】
8枠【3-1-1-22】


最多の3勝をあげている5枠と8枠が
勝率ベースでは圧倒的。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-1-0-9】
先行【1-1-2-33】
差し【4-4-6-59】
追込【5-4-2-38】
マクリ【0-0-0-1】


日本一長い最後の直線(659m)があり
上がり勝負になりますい。

その為、逃げはほぼ決まらず
差し・追込みが中心となっている。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========

 

 

これから2歳重賞が華やかになる時期だが
キャリアの浅い馬たちの戦いだけに難解な面はある。


このレースでいちばんのポイントは
強い勝ち方をしていない馬の信頼度が
極端に落ちるということ。


また、若駒にとって直線の長い
新潟外回りのマイル戦を
逃げ切るのは容易ではない。


後方からでも十分競馬になるのがこのレースだ。


また、勝ち馬は前走が1400m
あるいは1600mだった馬からしか出ておらず
勝ち馬はここから選びたい。


よって、前走の上がり3Fが速く
~~~~~~~~~~~~~
1400~1600mを使った馬を中心に
~~~~~~~~~~~~~~~
馬券を構築していきたい。
~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【ケイデンスコール
=============

上がり最速、1600mを使ってきた点
そして前走も同じ新潟だった点が大きい。


対抗は【ジョディー
==========

逃げて上がり3Fを出走2位で完勝した
前走を高く評価して対抗に。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ケイデンスコール
○:ジョディー
▲:ロードアクア
△:エルモンストロ
△:アンブロークン



◎を軸に流す形で勝負したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも各種SNSにて競馬の最新ニュースを

リアルタイムで配信しております。


【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m


テーマ:

8/27(日)に新潟11R・芝1600mにて
新潟2歳ステークス》が開催されます。

 

 




2歳最初のマイル重賞にスター候補が集結。

長い直線での攻防に注目したい。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

==========
新潟2歳Sの出走馬
==========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ムスコローソ 54.0 大野拓弥
2 2 トッカータ 54.0 丸田恭介
2 3 テンクウ 54.0 北村宏司
3 4 グランデウィーク 54.0 柴山雄一
3 5 オーデットエール 54.0 柴田善臣
4 6 プレトリア 54.0 吉田隼人
4 7 マイネルサイルーン 54.0 石橋脩
5 8 フロンティア 54.0 岩田康誠
5 9 フィルハーモニー 54.0 柴田大知
6 10 エングローサー 54.0 木幡巧也
6 11 ラインギャラント 54.0 吉田豊
7 12 キボウノダイチ 54.0 高倉稜
7 13 シンデレラメイク 54.0 中谷雄太
8 14 ダンツセイケイ 54.0 田中勝春
8 15 コーディエライト 54.0 津村明秀    


以上、出走馬15頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


フロンティア

中京のデビュー戦を逃げ切り勝ち。

操縦性が高く、内容も非常に良かった。

負かしたアドマイヤアルバは、
未勝利のまま中京2歳Sに出走して2着なので
レースレベルも決して低くはなかった。

逃げて勝ち上がった馬も他にいるので
控える競馬で力を発揮できるかにも注目。


ムスコローソ

6月の東京で新馬戦を勝ち上がった。

初陣の内容は圧巻の一語。

5番手から直線であっさり抜け出し
後続を5馬身も引き離した。

今回の舞台である新潟芝1600mは
コース、距離ともに初だが、

掛かるところもないし、
初戦の競馬が出来れば勝負になる。

重賞のここでも期待は大きい。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


テンクウ

東京芝1600mの新馬戦を勝ち上がった。

昨年3着のイブキの半弟にあたり
厩舎も同じ奥村武厩舎。

父がルーラーシップからヨハネスブルグに代わり
兄以上に2歳戦向きといえる血統。

センスのいい走りから厩舎の期待も大きく
ここでも兄以上の結果を目指す。

完成度も高いだけにチャンスは大きい。


プレトリア

東京のデビュー戦で1番人気の
レピアーウィットを豪快に差し切った。

同レース3、4着だった馬も
次走を勝利していることからも
同馬への期待は高まる。

2戦目でさらに爆発力のある末脚を見せて
重賞勝利となるか注目したい。


オーデットエール

新潟マイルでのデビュー戦を
最速の上がりでの差し切り勝ち。

持続力のある末脚を披露し、
完成度の高い走りを見せつけた。

また、今回と同じ舞台を既に経験している
アドバンテージも期待できる。

荒削りだったレース振りからは
まだまだ上積みはありそうで
どんな走りをするか非常に楽しみな1頭。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-2-0-4】
2番人気【0-0-2-8】
3番人気【3-0-0-7】
4番人気【2-1-1-6】
5番人気【0-0-1-9】
6番人気【0-1-2-7】
7~9番人気【1-0-4-25】
10番人気以下【0-6-0-77】


1番人気は4勝、2着も2回と
まずまずの成績。

全体的に人気サイドが堅実だが、
2番人気が勝ち・連対ともにゼロであり
2番人気は不振気味なので注意。

また、2・3着に穴馬が入ることも多い。

ただし、二桁人気馬が2頭同時に
馬券に絡んだ年は無いので注意。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-2-2-13】
2枠【1-1-1-17】
3枠【1-1-1-17】
4枠【0-2-3-15】
5枠【3-0-0-16】
6枠【1-1-1-17】
7枠【0-3-1-24】
8枠【3-0-1-24】


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-0-10】
先行【1-1-2-33】
差し【4-4-6-61】
追込【5-5-2-38】
マクリ【0-0-0-1】


日本一長い最後の直線(659m)があり
上がり勝負になりますい。

その為、逃げはほぼ決まらず
差し・追込みが中心となっている。


⇒本当に狙うべき◎はコレだ!


==========
予想情報局の総括
==========

これから2歳重賞が華やかになる時期だが、
キャリアの浅い馬たちの戦いだけに難解な面はある。


このレースでいちばんのポイントは、
強い勝ち方をしていない馬の信頼度が
極端に落ちるということ。


過去10年のデータを見ていくと
前走OP特別から挑んだ馬で連対した馬は

ダリア賞・マリーゴールド賞を走った馬で
前走3番人気以内だった。


特にこの2レースで3番人気以内だった
~~~~~~~~~~~~~~~~
馬には要注目していきたい。
~~~~~~~~~~~~



また、若駒にとって直線の長い
新潟外回りのマイル戦を
逃げ切るのは容易ではない。


後方からでも十分競馬になるのがこのレースだ。


よって、上がり勝負になる事が多く
~~~~~~~~~~~~~~~
確かな末脚を持った馬を中心視したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

本命は【ムスコローソ
===========

前走は好位から上り最速で圧勝。

勝ち負けできる。


対抗は【シンデレラメイク
=============

この馬も新馬戦の内容が良かった。

夏に強い牝馬だけに期待したい。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ムスコローソ
◯:シンデレラメイク
▲:コーディエライト
△:フロンティア
△:グランデウィーク



波乱が多いレースだが、思い切った勝負をしたい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

 

 

競馬に関する最新ニュースは下記の無料アプリか
各種SNSでリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter

【LINE@】
https://line.me/R/ti/p/%40jkg9973a

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いです。


テーマ:
8/28(日)新潟11R・芝1600mにて
《新潟2歳ステークス》が開催されます。





2歳最初のマイル重賞に
スター候補が集結。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?




まずは出走馬を見ていきましょう。


==========
新潟2歳Sの出走馬
==========


枠 馬番 馬名 斥量 騎手
1 1 チシャーキャット 54 木幡初也
2 2 モーヴサファイア 54 石橋脩
2 3 イブキ 54 田辺裕信
3 4 マテラフィールド 54 松若風馬
3 5 ワールドツアラー 54 吉田豊
4 6 アンジュシャルマン 54 鮫島克駿
4 7 ウインシトリン 54 丸山元気
5 8 アピールバイオ 54 木幡巧也
5 9 サンライズソア 54 石川裕紀
6 10 ヴゼットジョリー 54 福永祐一
6 11 キャスパリーグ 54 藤岡佑介
7 12 オーバースペック 54 岩部純二
7 13 クイントゥープル 54 津村明秀
8 14 マイネルバールマン 54 柴田大知
8 15 マイネルパラディ 54 柴田未崎


以上、出走馬15頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


イブキ

ルーラーシップ産駒の勝ち上がり第1号。

その新馬戦では好メンバーを相手に
最後の直線の追い比べを制し快勝。

新馬戦に引き続き、
同産駒重賞初Vを果たせれば
G1への道が見えてくる。

ここで重賞を獲ってルーラーシップの
イメージアップにも貢献したいところ。


モーヴサファイア

新馬戦で2馬身半差で快勝。

その時の2着馬が次の未勝利戦で
勝ち上がってる事からも分かる通り、

同馬のポテンシャルは非常に高く
ここでも好走が期待される。

調教を見ても、デキは相当良さそう。




リンクスゼロ

メンバーの中で唯一の2勝馬。

使い詰めで上積みは期待できないが
2走前の中京で左回りのマイルを既に
経験済みなのは大きい。

ここも逃げの手なら経験値の差で
粘り込みの可能性は十分。

森厩舎に6年ぶりの重賞制覇を
もたらす事が出来るかも注目。


マイネルバールマン

デビュー戦で34.0秒の末脚で快勝。

前走は逃げるリンクスゼロに
上手く立ち回れられて2着。

今回は直線が長くなる外回りの
得意な舞台なので逆襲を誓う。

叩かれた上積みに期待。


キャスパリーグ

メンバー唯一のディープインパクト産駒。

新馬戦を王道競馬で快勝。

初の長距離輸送と左回りがどうかだが、
ポテンシャルの高さから勝ち負けの可能性は十分。

調教状況を見ても、
豊富な追い切り量で絶好調。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-2-1-3】
2番人気【1-0-1-8】
3番人気【2-0-0-8】
4番人気【2-1-1-6】
5番人気【0-0-1-9】
6番人気【0-0-2-8】
7~9番人気【1-0-4-25】
10番人気以下【0-7-0-79】


1番人気は複勝率70%と
安定した成績を残しているが、

その一方で

・2着には二桁人気馬が7回
・3着も6~9番人気が5回

と、穴馬の激走が多く波乱傾向。

ただし、二桁人気馬が2頭同時に
馬券に絡んだ年は無いので注意。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-2-2-14】
2枠【1-1-0-18】
3枠【1-1-1-17】
4枠【1-2-3-14】
5枠【3-1-0-15】
6枠【0-1-2-17】
7枠【0-2-1-26】
8枠【3-0-1-25】


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-1-9】
先行【1-2-1-34】
差し【4-4-6-61】
追込【5-4-2-41】
マクリ【0-0-0-1】


直線が長いコースだけあって
逃げはほぼ決まらず、
差し・追込みが中心となる。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


=========
予想情報局の総括
=========


新潟2歳ステークスは新潟芝1600mで行われる。


傾向としては、
直線が長いこともあり

逃げ馬の苦戦が多く、
差し・追込みが決まりやすい。


過去10年のデータから考えていきたい。


前走、牝馬限定戦だった馬の三着以内なし。


距離適性も重要で、

前走1200m以下だった馬は[0.2.1.35]

前走1700m以上だった馬は[0.0.1.25]

よって、前走1400~1600mを走った馬が中心となる。


前走新潟だった馬の成績が[8.9.6.101]と、
他の場所に比べて好走が多い。


また、前走一着だった馬の成績は[9.8.9.106]。


以上のデータを総括し、
~~~~~~~~~~~
前走新潟1400~1600mを走った馬を中心に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前走を勝利している馬から考えたい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~




本命は【リンクスゼロ


前走は新潟で行われたダリア賞を勝利。

勢いそのままに、
ここは連勝するとみた。


対抗には【サンライズソア


前走勝利した新馬戦は、
今回と同じコースだった。

今回も好走が期待出来る。


具体的な馬券戦略は下記の通り

◎:リンクスゼロ
○:サンライズソア
▲:マイネルバールマン 
△:モーヴサファイア
△:イブキ


穴馬の好走が多く、荒れることが多いレース。

大胆な勝負が勝利を呼び込むかもしれない。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!



その他の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手しましたら
更新させて頂きます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス