今年のアメリカの音楽賞 | レッツゴー!元日本洋楽研究会
新型コロナウイルスに関する情報について

レッツゴー!元日本洋楽研究会

洋楽団塊オヤジが日常をタラタラと書いていくブログ

年末が近づいてきて今年も『グラミー賞ノミネート』が発表された。

最終結果は2021年1月31日。

 

https://www.grammy.com/

 

山ほどある部門賞の中で主要なのは4部門

<最優秀レコード賞>

「カーディガン」 テイラー・スウィフト

「ブラック・パレード」 ビヨンセ

「ロックスター」 ダ・ベイビー feat. ロディ・リッチ

「セイ・ソー」 ドージャ・キャット

「エヴリシング・アイ・ウォンテッド」 ビリー・アイリッシュ

「ドント・スタート・ナウ」 デュア・リパ

「サークルズ」 ポスト・マローン

「サヴェ―ジ」 メーガン・ジー・スタリオン feat. ビヨンセ

 

<最優秀アルバム賞>

『Chilombo(チロンボ)』 ジェネイ・アイコ

『Black Pumas (Deluxe Edition)(ブラック・ピューマズ/デラックス・エディション)』ブラック・ピューマズ

『Every Day Life](エヴリデイ・ライフ)』 コールドプレイ

『Djesse Vol. 3(ジェシー ボリューム・スリー)』 ジェイコブ・コリア―

『Women in Music Pt. III(ウィーメン・イン・ミュージック・パート・スリー)』 ハイム

『Future Nostalgia(フューチャー・ノスタルジア)』 デュア・リパ

『Hollywood's Bleeding(ハリウッズ・ブリーディング)』 ポスト・マローン

『Folklore(フォークロア)』 テイラー・スウィフト

 

<最優秀楽曲賞>

「ブラック・パレード」 ビヨンセ

「ザ・ボックス」 ロディ・リッチ

「カーディガン」 テイラー・スウィフト

「サークルズ」 ポスト・マローン

「ドント・スタート・ナウ」 デュア・リパ

「エヴリシング・アイ・ウォンテッド」 ビリー・アイリッシュ

「アイ・キャント・ブリーズ」 H.E.R.(ハー)

「イフ・ザ・ワールド・ワズ・エンディング」 ジェイピー・サクセ feat. ジュリア・マイケルズ

 

<最優秀新人賞>

イングリッド・アンドレス

フィービー・ブリッジャーズ

チカ

ノア・サイラス

D・スモーク

ドージャ・キャット

ケイティ・ランダ

メーガン・ジー・スタリオン

 

アメリカでは「グラミー賞」の他に

「アメリカンミュージック・アワード」

「ビルボード・ミュージック・アワード」なるものがあり

3つ合わせて『アメリカの三大音楽賞』とも言われていて、

グラミー賞以外の2つは今年既に発表になっている。

 

『アメリカン・ミュージック・アワード』

 

https://www.theamas.com/

 

<最優秀アーティスト・ノミネート>

ジャスティン・ビーバー

ポスト・マローン

ロディ・リッチ

☆テイラー・スウィフトが獲得

ザ・ウィークエンド

 

<最優秀新人アーティスト・ノミネート>

ルイス・キャパルディ

☆ドージャ・キャットが獲得

ダベイビー

リル・ベイビー

ロディ・リッチ

ミーガン・ジー・スタリオン

 

『ビルボード・ミュージック・アワード』

例年だと春なのが今年はコロナの影響で10月になった。

 

https://www.billboard.com/billboard-music-awards

 

<トップアーティスト>

ポスト・マローン

<トップ・ニュー・アーティスト>

ビリー・アイリッシュ

<トップ男性アーティスト>

ポスト・マローン

<トップ女性アーティスト>

ビリー・アイリッシュ

 

昨年の作品が対象のように思えるが

ポスト・マローンが上記も含めて9部門を獲得している。

 

 

テイラー・スウィフトはここでは無冠だった。

 

と、ここまで書いてきて、なんか、遠い世界の話のように感じてしまう私だ。

ビリー・アイリッシュは大好きだし、もちろんビヨンセやコールドプレイ、

テイラー・スウィフト、それとポスト・マローンあたりまでは聴いたけど、

新人賞ノミネート・アーティストに至ってはほとんど知らない。

 

ビルボード誌の最新チャートやアメリカの音楽産業界の動向などを

毎日教えてくれるブログ「洋楽天国」

http://yogakutengoku.blog135.fc2.com/

 

ここの高橋裕二さんは、例えばグラミー賞新人賞ノミネートのアーティストまで

全部聴いているんだろうか?

もし聴いているとしたらあの人ももう73才なんだから大したもんだと思う。

私はもう追いかける気にはならない。

クラシックロックを含め、気に入ったのだけ聴いていればいいやの境地だ。

 

そんなことを言いながら今日は現在の世界のスーパースター、

ポスト・マローンを1曲。

残念ながら私の琴線が震えるほどではない。

でもグラミー取る可能性は大きい。

 

「サークルズ」ポスト・マローン

 

https://www.youtube.com/watch?v=wXhTHyIgQ_U