【9/17 株式ニュース】前場市況(材料/決算情報) | 株式投資TOHAのブログ

株式投資TOHAのブログ

株式投資のプロによる詐欺商材撲滅ブログ。初心者が口コミや評判に騙されないために、金融業界の最新情報をお伝えしています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■9月17日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

週末中のサウジアラビアへの攻撃をきっかけに原油価格急騰。
化学、運輸関連などに売りが先行、利確売りも出やすい。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのkanonです。

3連中の海外市場では、
サウジアラビアの石油施設が攻撃を受け
同国産油量の約半分にあたる日量
570万バレルの生産が停止したことで原油価格が急騰、
リスクオフの株売りが見られました。

復旧が長期化することが懸念されるほか、
攻撃が再発すれば原油価格が一段高となるリスクも。

日本は原油輸入の4割弱をサウジアラビアに依存しており、
日本企業の収益を圧迫する要因となりかねないとして、
運輸関連や原油を材料とする化学セクターなどを中心に
本日は売りが優勢となりそうです。

また、16日発表された8月の中国工業生産高の伸び率が
4.4%と7月から減速し、リーマン・ショック直後以来の
低水準となったことから景気の減速を意識され、
中国関連銘柄も軟調な展開が想定されます。

前週に上げ足を強めていた日本株ですので、
利益確定売りも出やすいでしょう。

ただ為替は円安に傾倒するなど好材料も見られるため
原油高の影響を受けにくい銘柄は、案外底堅い値動きになる可能性も。

日経平均株価が上げ止まったことで
出遅れ株にスポットが当たる期待もできますので、
寄りついてからの様子を慎重に見極めていきたいと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

16日のNY株式市場でダウ工業株30種平均は、
前週末比142ドル70セント安の2万7,067ドル70セントと反落。

サウジの国営石油会社サウジアラムコの
石油施設が14日に無人機の攻撃を受けたことで
サウジの産油量の約半分の生産が停止し、
中東産原油の供給減への警戒感から原油先物相場が
ほぼ4カ月ぶりの高値まで急伸。

生産コストが増加するとして化学セクターの銘柄が売られたほか、
ガソリン価格高騰が消費を抑えるとの警戒感から
小売り株などに売りが膨らみました。

一方、原油高で、
石油関連企業には米国内のエネルギー開発が
広がるとの思惑から買いが入っています。

消費鈍化や運送コストの増加に対する警戒感から主力株が売られたことで
ナスダック総合株価指数も反落して終了しています。

『為替』

16日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円10~20銭と円安に傾倒。

資源国通貨に対して円が売られたのに加え、
ドルが対ユーロなどで上昇し円相場を押し下げています。

『日経平均先物』

16日のシカゴ日経平均先物9月物は前週末比125円高の2万1,745円と反落。

サウジアラビアの石油施設が攻撃を受け、
原油供給減少の懸念から原油相場が急騰し
企業のコストが増加するとの懸念から売りが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,076.82ドル (-142.70)

・ナスダック:8,153.543 (-23.170)

・S&P500:2,997.96 (-9.43)

・為替 ドル円:108.14-108.15(+0.19)

『国内』

・日経平均株価:21,988.29円(+228.68円)

・TOPIX:1,609.87(+14.77)

・日経ジャスダック平均株価:3,349.14 (+3.32円)

・東証マザーズ指数:847.78(-7.33)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

8月首都圏マンション販売(13:00)

『海外』

独9月ZEW景況感指数(18:00)
FOMC(~9/18)
米8月鉱工業生産(22:15)
米9月NAHB住宅市場指数(23:00)
米7月対米証券投資(9/18 5:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

大盛工業、ツルハHD、システムディ、アークランド

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【6366】千代田化工建設
液化天然ガスプラントで世界首位級。
原油高が追い風となり節目を越えての上昇に期待。

※こちらは直近材料が出た銘柄や市場で
 注目されている銘柄で買い推奨ではございません。
 ご質問等があればお気軽にご連絡ください。

 

=====================
※この記事は、投資顧問(助言)会社の日本投資機構株式会社(以下、JIO社)より許可を受けて公開しています。
これらの情報を口コミサイトやブログなどで使用(複製、改変、アップロード、掲示、送信、領布、ライセンス、販売、出版等を含む)する場合は、事前にJIO社へ承諾を得ることをお勧めします。
=====================