2011-04-28 21:39:25

苗が青々と育つしあわせ

テーマ:半農半X
今日の米つくりお手伝いは午前中で終了。

実家に帰ってきて、昼ビールの後まったりしています^ ^

それにしても、こうして青々と育った苗を見ていると、心から嬉しくなります。

$口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>

今日は天気も穏やかで、こうしたそこはかとなく感じられる幸福感というのは、大事だなあと思う今日この頃。

ひきつづき、これで最後の種まきもしました。

播いたのは、こちら「きぬむすめ」。ピロール農法で育てるお米です。

$口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>

様々な新品種を手がける石井さん。今年ピロール農法で育てるのは、この「きぬむすめ」と九州の「にこまる」、「恋しぐれつくばSD1号」

自宅の玄米が無くなったので、去年穫れた「にこまる」ピロール米を買ってきました。
これ、とても玄米の風味がしっかりと味わえるお米なんですよ。

$口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>

ということで、ご満悦の私めであります^ ^;

$口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-26 11:15:46

GWを前に種まき完了&筋肉痛^ ^;

テーマ:半農半X
今週末から早くもGW。

一足早い28日(木)には、また米つくり援農に行ってきます。

今は種まきと育苗の真っ最中。

昔から『苗半作』・『苗七分作』といわれるくらいに苗つくりは重要なようです。

酒造りでは「一麹 二もと 三造り」といって、やはり大元の麹(こうじ)がもっとも大切だといわれます。
(上原浩先生は「一に蒸し、二に蒸し、三に蒸し、四五がなくて次に麹」と、さらに前段階の蒸し米がもっとも重要だと言われていましたが^ ^)

実は、先週月曜日も石井さんのところに行っていたのです。

出芽した苗箱はこんな感じ。

口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>

並べたらトンネルを作ります口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>

一方で、前回苗箱に培土を入れる機械を使って苗箱に種籾を播き、それを出芽器に積み込んでいきます。

口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>

口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>

一回の作業で256箱。
それを6回繰り返して、7町8反の田んぼをまかないます。

前回の苗箱へ培土を入れる作業では、重い培土の袋を何度も持ち上げて、機械に投入して行ったのだけど、日ごろの筋トレのおかげか、まったく筋肉痛にならなかったのに、今回は腕全体がちょっと筋肉痛に。

単純に何度も苗箱を運ぶ作業と、トンネルを作るためのワイヤーを土に挿す作業が意外と堪えた模様。
60代の石井さんに完敗です^ ^;

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-23 14:12:28

万能ねぎの根元を捨てないで・・

テーマ:半農半X
冬の間、収穫が終わったベランダのプランターをそのままにしていたのですが、スーパーで買ってきて料理に使った万能ねぎの根元を指しておくと・・・・・

口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>

こんな風に、再び元気に育ってくれるんですよ!

「あ、薬味がない!」なんてときにとても重宝します。

特別肥料を与えているわけでもないのですが、割と風味もしっかりと。

で、そのままにしていたら、かわいいネギ坊主が!^ ^

口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-22 00:14:57

庭のふきの葉のふりかけを作る

テーマ:さいわいなレシピ
実家の庭にふきが自生している。
(庭に自生といっても、埼玉・久喜市のいわゆるベッドタウン、住宅街なのですが・・・)

茎は油揚げと一緒に煮物にして、葉っぱはふりかけにしてみました。

口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>

湯がいて一晩水にさらし、みじんにしてごま油で炒めて醤油で味付けするだけ(+鰹節・いりゴマ)

僕らの世代(新人類<のかなりはしり>)は、大量消費の事始めが幼児期で、そのまま共に歩んできてた世代。

庭に勝手に自生しているものが、ちょっと気を留めてあげるだけでむちゃくちゃ美味しい一品になるという、ただそれだけのことが、とても非日常的で、見方を変えるととても身近な(つまり僕ら世代のストコーマだった)宝物にでも出会ったような気にさせてくれるのであります。

援農に言っている石井さんちのピロール米にかけて食べたら、むちゃくちゃ美味しそう!(と自画自賛:笑)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-21 22:33:17

そらまめ!

テーマ:半農半X
米づくり援農に行ってきました。

援農先の農家から実家に帰ってきて、裏庭の畑の草刈りを少し。


口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>

一応、不耕起の自然農。

空豆が元気に育ってます!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-10 22:55:37

たんぽぽは生で食す!

テーマ:半農半X
今回、「若杉ばあちゃんの野草料理」で作ったのは、

1) はこべのごま味噌和え
2) ヒエのぽたーじゅう
3) たんぽぽのキムチ
4) ゆきのしたのしらあえ
5) しゃくのおひたし
6) よもぎのクレープ
番外)のびるの酢味噌和え

それぞれ、こんな風情の野草です。


口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>-全野草


中でも個人的に「これ美味いなあ」と思ったのが、

3) たんぽぽのキムチ
5) しゃくのおひたし

若杉ばあちゃんにはレシピはありません。
今回も渡されたレジュメには材料のみ。その材料すら事前に準備されているわけでもなく、会場であるお店に無ければ別のもので作っちゃいます。

で、

【たんぽぽのキムチ】
[材料] たんぽぽ(生のまま)、にんにく(すりおろし)、ごま油、酢醤油、コチュジャン、いりゴマ
要は和えて30分ほど置くだけ。

口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>-たんぽぽ


これが美味い! たんぽぽって生でいけるんですねえ。 ちなみにぎざぎざの葉っぱは和のたんぽぽ。丸い葉っぱは西洋たんぽぽで、「和」=「陽」、「西洋」=「陰」だそうです。 今回は両方を半々で。 ニラでも美味しいとのことなのでぜひ!


【しゃくのおひたし】
[材料] しゃく、醤油、みりん(少々)、いりゴマ 要はおひたし。
ただし、しゃくは灰汁が強いので醤油洗いをします。

あく抜きは、三段階あって
1)茹でる
2)水にさらす
それでもまだ灰汁があるなら、さらに
3)醤油洗い だそうです。


口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>-しゃく

醤油洗いとは、水と醤油(5:5~7:3)くらいの液に15分くらい浸すのだそうです。

しゃくはそれでも独特な風味があって、でもむしろこれが美味い。
旨みのある日本酒が欲しくなります^ ^;
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-09 11:55:31

固定観念を捨ててみよう!の野草料理教室

テーマ:さいわいなレシピ

野草料理。


この言葉に、なぜか妙にワクワクしてしまったのでした。

それは子供の頃、空き地や野っぱらで遊んでいた時のワクワク感と多分共通するところがあって、普段見向きもされない雑草を食べるなどという、秘密基地ごっこ的「イケナイ」感とサバイバル感も伴って、一も二もなく野草料理教室に申し込んでしまった。


口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>-若杉ばあちゃん


京都は綾部で自給自足的生活を送る若杉ばあちゃんの野草料理教室 @「若杉ばあちゃんの台所 (御茶ノ水)」by メダカのがっこう である。


口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>-野草01
綾部から若杉さんが手持ちした野草の数々。

メニューは

1) はこべのごま味噌和え
2) ヒエのぽたーじゅう
3) たんぽぽのキムチ
4) ゆきのしたのしらあえ
5) しゃくのおひたし
6) よもぎのクレープ
番外)のびるの酢味噌和え

出来上がりはこちら↓


口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>-野草料理02


口中の幸い <男子厨房酒の愉しみ>-野草料理01


秘密基地ごっこ的「イケナイ」感なんてまったくなくて、どれも美味!

むしろ意外とクセがなくて、中でも独特な風味のあるしゃくのおひたしが一番の好みだったりしたぐらい。

こうした野草(雑草)がいくらでも生えてくるありがたい気候の日本に、食糧危機なんてありえないんじゃないかというぐらいなものである。

固定観念をはずしてみると、実は豊かな世界が広がっているものなのだ。

それぞれの料理などはまた後ほど。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。