井上社会保険労務士事務所の井上です。

先日、お問合せがありました。

それは、社長や役員が業務中にけがをした場合労災の給付が受けられるかどうかでした。

 

社長・役員は業務中にけがをしても、

労災保険の給付が受けられません!!

  ↓

労災保険の特別加入が必要です。

 

役員等の労災の加入手続きについて

 労働保険事務を労働保険事務組合に委託し、事業主の特別加入手続きを行うことによって、原則として労災に加入することができない社長や役員が、従業員が加入している労災保険に特別に加入することができるようになります。

 ただし、労災(労働者災害補償保険)は名前のとおり、あくまでも労働者のための保険ですので、社長や役員が従業員と同様の業務を行っているときの怪我などについては適用されますが、経営者としての業務を行っているときは適用されないなど、従業員と全く同じ補償が行われるわけではないためご注意ください。

 さらに、例えば営業担当が社長だけであり、他の従業員は生産業務に携わっている場合には、営業活動中の怪我などは対象になりませんので留意してください。

 労働保険を事務委託する場合は現在の労働保険を廃止して、新たに労働保険を成立させる手続きが必要になります。こちらの手続きは労働保険事務組合が行ってくれるケースが多いと思いますが、個々の労働保険事務組合でどこまで事務を受託するかや料金体系も異なりますので、確認しながら進めてください。

 また、一人親方も労働保険事務組合に加入することで、労災保険に加入できます。

 

特別加入について詳しい内容をご希望であれば、井上社会保険労務士事務所までお問合せ下さい。

 

252-0143

神奈川県相模原市緑区橋本3丁目19番21号 ハピニスライフ4-C

井上社会保険労務士事務所 井上 知子

TEL042-703-6518 FAX042-703-6519

e-mailinfo@inoue-sharoushi.com