ハロウィンフェスティバル

テーマ:

こんにちは。井上社会保険労務士事務所のスタッフFです。

10月に入り、いたる所でハロウィンの飾りが

目につくようになりました。

当事務所がある相模原市 橋本駅の周辺では
10月28日(土)に、地元の商店街協同組合主催の
「はしもとハロウィンフェスティバル」が開催されます。

今年で5回目の実施で、キッズ向けのスタンプラリーから始まり
仮装パレード、夕方から夜にかけてのパーティーと続きます。

スタンプラリーは毎年大盛況で、定員を徐々に増やし
今年はなんと1,000人だそうです。


昨年、この催しを見かけましたが
オレンジ色や黒色などの、明らかにそれと分かる衣装を

身に着けた子供たちとその親御さんが

楽しそうにぞろぞろと歩いていて
スタンプラリーの各ポイントに列をつくっていました。

定員が増えたので、当日の会場周辺はこれまで以上に

仮装した人たちで溢れそうです。

昨年は、ハロウィンの推計市場規模が
初めてバレンタインデーを超えたことがニュースになりました。

本来の宗教的な意味合いの薄れた日本版のハロウィンが
日本全国津々浦々に浸透したとまではいっていないのでしょうが
ハロウィン商戦などの影響もあり、この数年で急激に認知度が

上がったようです。

果たして、今年はどのようなハロウィンになるのでしょうか。

~~~~~~~~~
パワーハラスメント対策セミナーの日程が決定致しました。
詳細・お申込みはこちらからどうぞ。
 

 

AD