数字によわい”おかみ”が語る「かいけーじむしょ奮戦記」

数字によわい”おかみ”が語る「かいけーじむしょ奮戦記」

おかみが語る会計・税理士業務の現場のいろいろなお話。
ホンネ、実状、レアネタ、グチなどイロイロあり。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

新年明け過ぎておめでとーございます。
今年もおかみをよろしくお願いいたします。
 

年末は毎年恒例、こたつの周の手の届くところにすべてを置いて過ごそう!!と本当にまったりと過ごし、年始はというと・・・正月3日の日に転びまして(またかーー(><))

・・右ひじ・右ひざを強打し、右ひざはデニムは無事だったのに家に帰ってみたら血だらけでしたよ・・(トホホ・・)年始から躓いて転ぶなんて今年1年大丈夫かぁーーって落ち込んでしまいました・・今でも右ひざには「かさぶた」なるものが残っている状態です(^_^;)

とまぁー私の近況はここまでとしまして、前回、前々回につづきまして「女性雇用促進法その3」をお送りしたいと思います。

今から15年ほど前、「話を聞かない男、地図が読めない女」(主婦の友社)と言う本が注目を浴びた事がありました。「うーん、確かに私も確かに地図読むの下手だけどなにか?」と手にとって読んでみると、非常に分かりやすく男女の特性の差について、ちょっと過激な表現もあったけど、結構面白く読ませていただきました。この本を皮切りにけっこういろいろと男女の特性差について語られた本がたくさん出たけど、ほとんどがいわゆる男女関係や結婚生活について書かれているようでしたね。仕事の上での男女の特性について書かれている本は探したけどあまりなかったです。機会あったら頑張って探してみようかな。
取りあえず私が読んだ本に書いてあったことの一つを職場で活用するとなると↓こんな感じです。

◎男は結果を女性はプロセスを重視します◎
あくまで全体的な傾向ということになりますが、男性は何が何でも結果を出すことに固執する人が多いそうです。どんなことをしてでも結果が得られればOK。成果こそが大切であり、まわりは全てライバルです。そんな男回りに多くないですか?結構競争心も強いしネ。男の方が嫉妬深いそうですよ。
一方女性はみんなと協働した作業が得意で組織をまとめて継続的に成長させようと努力をする人が多いです。重要視するのは心遣いや配慮、共感や共鳴であり、常に長い目で仕事を見ている傾向が強いそうです。

このため、男性が話すことは解決策の提示をすることが多いらしいです。「こうしてみたら、ああしてみたら」「すべき、あるべき」多くの女性は、こういう話を怒りの気持ちを必死にこらえて聞いていることでしょう。私もこの間うちのテディベア(所長)から、・・・とヤバイヤバイ。こんな時まず男性は女性の話を「聴く」姿勢を持つべきだそうです。「どんなことがあったの」「どんな気持ちなの」と言う相手の事情や気持ちをただ聴くと言う姿勢です。

女性の場合は男性に対しては解決策や対応策を一緒に考えて提案したり、それでも乗ってこない場合はその人の過去の成功例や実績を評価して「おだてる」ことも大切なことなんだそうです。女性から見たらそんなミエミエな~と言うおだてでも、男性はのってくれます。やさしく力強くおだてましょう。(笑)私はいつもこれで様々な難関を切り抜けています。

まあ、一言で言えば女性にはカウンセリング的、男性にはコンサルタント的に対応しましょうということになります。理屈は分かっていても・・・と言う方、心配する必要はないですよ。職場はチームで動いているのですから、うまく対応してもらえなかった職場の仲間がいたら、他の人がそれをフォローすればいいのです。うちの職場がその良い例です。所長に怒られて落ち込んでいる人の話を聞いてあげるのが私の仕事になってます。何と言ってもおかみですから。でも、問題は私が怒られた時に聞いてくれる人がいない事です。(>_<)

さて、突然ですが残念なお知らせがございます・・・当分おかみのブログは更新をお休みすることになりました。何しろこれから一年の中で最も忙しい鬼のような日々が始まるのでそれに備えるためと、ブログについてはこちらで新たにうちの公式ブログが発足することになりました。おかみのブログも取りあえずこのままにしておきますが、次回の更新は未定です。


みなさま今まで私のつたない文にお付き合いいただき有り難うございました。ブログは当分塩漬けにいたしますが、私はいつも日本みらい会計の事務所におります。いつでもふらりと依ってお声をおかけくださいまし。

でも、ものすごい形相で机に向かっていたらスミマセン(><) 

ではまたいつの日にかお会いしましょう・・・(^_^)v

Ameba人気のブログ