【盛者必衰】ファーウェイ幹部「米国の制裁により半導体チップがない!あまりに残念!」 | 戦後体制の超克
新型コロナウイルスに関する情報について

戦後体制の超克

「憲法改正」・「愛国教育」・「国体護持」・「日本第一」を軸に、様々な情報発信を行う提案型ブログです。

本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

「憲法改正」を祈念し、ランキングのクリックをお願いいたします。

 (政治部門'20/08/10・・・20位→)
人気ブログランキング

 


■5Gを先行していたファーウェイ


 

 

 技術のパクリとチャイナ政府の支援で、5Gの覇権にもう少しで手が届くところまで来ていたファーウェイでしたが、とうとう年貢の納め時が来たようです。

 以下、NHKニュースより引用します。

 


中国 ファーウェイ幹部 米規制措置で半導体の調達困難に
(2020年8月8日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200808/k10012557951000.html




中国の通信機器大手「ファーウェイ」の幹部は、アメリカによる規制措置の影響で、9月中旬以降、高性能の半導体の調達が困難になるという見通しを示し、新たな通信規格「5G」のスマートフォンの生産など今後の事業への影響が注目されます。

アメリカ政府はことし5月、アメリカ製の製造装置で作られた半導体は、国外で製造されたものでも、来月中旬以降、ファーウェイへの販売を認めないとする規制措置を発表しました。

これを受けて、ファーウェイが生産するスマートフォンに使われる半導体のほとんどを受注してきた台湾の半導体大手「TSMC」は先月、ファーウェイへの出荷を今後、取りやめる方針を示しています。

こうした中、中国メディアによりますと、ファーウェイの消費者事業部門の余承東CEOは7日、深圳で行われたイベントで、来月中旬以降、高性能の半導体の調達が困難になるという見通しを示したということです。

ファーウェイは今後、調達先を中国企業に振り替えることも検討していますが、技術のレベルはTSMCには及ばないとされ、「5G」のスマートフォンの生産など今後の事業への影響が注目されます。


 

 

中国の通信機器大手「ファーウェイ」の幹部は、アメリカによる規制措置の影響で、9月中旬以降、高性能の半導体の調達が困難になるという見通しを示し、新たな通信規格「5G」のスマートフォンの生産など今後の事業への影響が注目されます。

 

これを受けて、ファーウェイが生産するスマートフォンに使われる半導体のほとんどを受注してきた台湾の半導体大手「TSMC」は先月、ファーウェイへの出荷を今後、取りやめる方針を示しています。

 

 世界最大の携帯電話メーカーとは名ばかりで、心臓部である半導体を他国に依存していたファーウェイ。

 これは、生命維持装置をはずされた患者も同然です。

 以下、ネットの反応がこちらです。

 


ソース:https://hosyusokuhou.jp/archives/48884125.html

69: ID:HNnD6X0C0.net
ふぁーwww

56: ID:jzmCsqXP0.net
ウェーイw

55: ID:6vMnDkLo0.net
アメリカ本気だな

2: ID:D5eQ7UQ10.net
ぱよちんの予言とは相反して米中対立はどんどん激化してんな

3: ID:HZf2m+zu0.net
それこそ自分ところで作ればええだろw

79: ID:xvA9xcWa0.net
>>3
ムリ(ヾノ・∀・`)


27: ID:NhINnPef0.net
中国の覇権主義って足元がおざなりだよな
吹けば飛ぶ感じ


35: ID:S6FPRnmh0.net
香港の事件で台湾も警戒してるから、TSMCから切られるのは当然だろ

38: ID:CS+B3XfS0.net
おしまいd e a t h

171: ID:7A/YEerH0.net
ただの脅しかと思ってたけど
ガチでヤバい雰囲気になってきたな


177: ID:/cmte+bj0.net
習近平どうすんの?

11: ID:OjrLmwZg0.net
単なる脅しだと思ってたけど、アメさん本気だよねコレ

 

 

 台湾企業「TSMC」は、言わずと知れた世界最大手の半導体製造企業(ファウンドリ)です。

 


■2020年第1四半期の半導体ファウンドリ売上高ランキング
トップ10予測 (単位:百万ドル)(出所:TrendForce)

https://news.mynavi.jp/article/20200324-1001940/



 

 

 これまで強気の姿勢を見せていたファーウェイ幹部も、ついに本音を吐露し始めたようです。

 



https://twitter.com/TiffanyTang999/status/1291860284378816512
唐嫣
@TiffanyTang999


余承东承认华为没芯片了。
Googleによる中国語からの翻訳
Yu ChengdongはHuaweiにチップがないことを認めた。


 

 

Yu ChengdongはHuaweiにチップがないことを認めた。

 

 上記の人物は、ファーウェイのコンシューマービジネスCEOを務める余承東(ユー・チョンドン/リチャード・ユー)氏です。

 彼は、8月7日にチャイナで行われた情報関連のイベントで、「米国の制裁により、ファーウェイの先端チップが9月15日以降作れなくなる。これは非常に大きな損失であり、あまりに残念だ。」と語ったのです!

 

人気ブログランキング

 

 ファーウェイと同じくらいショックを受けているのは、我が国の公共放送NHKです。

 NHKは、つい最近までファーウェイの広告塔のような役割を担って来ました。

 以下、今年の1月に放送されたNHKの番組より引用します。

 


追跡!“ファーウェイ ショック”
~5G米中攻防の最前線~

(2020年1月19日)
https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20200119




今年、世界各地で本格的な運用が始まる次世代の通信規格「5G」。「5Gを制する者は世界を制す」とも言われるほど、今後の経済成長だけでなく、安全保障をも左右するといわれている技術だ。
今、この5Gで、世界を席捲するのは、中国の通信機器メーカー「ファーウェイ」だ。
今回、NHKでは、ファーウェイの世界進出の動きに密着。そこから見えてきたのは、莫大な資金を投じて開発した最先端技術と、壮大な世界戦略だった。しかし、そのファーウェイの前に、立ちはだかったのが、アメリカだ。トランプ政権は、安全保障を脅かすとして、各国にファーウェイの排除を求め、各地で「ファーウェイショック」を巻き起こしているのだ。その攻防の最前線は、今、ヨーロッパにまで広がり、中でも、経済大国・ドイツでは、「受け入れ」か「排除」かで大きく揺れている。果たして、世界はどのような選択をするのか?番組では、各地で繰り広げられる攻防の舞台裏と、ファーウェイショックの正体に迫る。

--------





  放送を終えて  

この番組の取材を始めるきっかけとなった一枚の地図がある。それは、中国の通信機器メーカー・ファーウェイの5Gを導入することを決定、または、検討している通信会社が世界中に広がっていることを示す赤く塗られた地図だった。これまで、ファーウェイを「安全保障上の脅威」として、各国に排除を求めてきたアメリカ。しかし、その裏で、ファーウェイの5Gが、アジアから中東、アフリカ、そして、ヨーロッパにまで急速に浸透し始めていた事実を知り、私たちは衝撃を受けた。そして、その理由を探ろうと、私たちは取材を開始。そこから見えてきたのは、年間1兆円以上を投じて開発される技術力と、壮大な世界戦略だった。その一方で、ヨーロッパを中心に、各国が、ファーウェイの受け入れか?排除か?で大きく揺れている現場にも遭遇。それは、まるで「アメリカか中国か、どちらの大国を選ぶのか?」という“踏み絵”を迫られているようにも映った。果たして、今後、世界各国はどのような選択をするのだろうか?
今回の番組は、1年前に制作したNHKスペシャル「アメリカvs.中国~“未来の覇権”争いが始まった」の続編的な番組である。今後、こうした“ハイテク覇権”を巡って、アメリカと中国がどのような攻防を続けていくのか。是非、第三弾となる番組を制作したいと考えている。

報道局 政経・国際番組部 
チーフ・プロデューサー 善家賢


 

 

「5Gを制する者は世界を制す」とも言われるほど、今後の経済成長だけでなく、安全保障をも左右するといわれている技術だ。
今、この5Gで、世界を席捲するのは、中国の通信機器メーカー「ファーウェイ」だ。

 

それは、まるで「アメリカか中国か、どちらの大国を選ぶのか?」という“踏み絵”を迫られているようにも映った。果たして、今後、世界各国はどのような選択をするのだろうか?
 

 日本の公共放送が、ファーウェイの宣伝番組を垂れ流すという不気味さに、世間もドン引きしていました。

 



https://twitter.com/onoderamasaru/status/1218881756230586370
小野寺まさる
@onoderamasaru

NHKスペシャル 追跡!“ファーウェイショック”の内容が余りに酷い。NHKはファーウェイの主張をそのまま流す馬鹿さ加減。全てのファーウェイ製品に多数のバックドアが意図的に組み込まれているのは何故か?ファーウェイ会長は中国政府からの要求を拒否出来筈が無い。中国もNHKも本当に信用ならぬ…
--------

 

https://twitter.com/mitos7/status/1218850914875756550
ミトス@宮城

@mitos7

HUAWEIに媚びすぎやろ #nhk は。去年だったか #深層news でHUAWEI特集やってて、取材に呼ばれた記者が露骨にHUAWEI持ち上げてて気持ち悪かったな>< #nhk特集


 

 

NHKスペシャル 追跡!“ファーウェイショック”の内容が余りに酷い。NHKはファーウェイの主張をそのまま流す馬鹿さ加減。全てのファーウェイ製品に多数のバックドアが意図的に組み込まれているのは何故か?

 

 以下、これについてのツイッターの反応がこちらです。

 

 

ソース:https://twitter.com/onoderamasaru/status/1218881756230586370

陽だまり
しかも本年元旦から中国は『暗号法』という個人や企業が持つ情報管理のパスワードを全て政府が管理するという事と実施してます。これによって中国国内の個人、企業は全てどのような情報に触れ何をやり取りし、どのような情報を蓄積しているか等々一切の情報を中国政府の知る所となりました。


見てました
ファーウェイの宣伝でしたね。
NHKには、プロデューサーはじめ、職員に中国人が多い
というのは本当なのでしょう。


旭美 千明
NHKだけは解体しましょう日本国旗
#日本が日本で在る為に


ⓚⓐⓦⓐⓘⓘ3N⊿日本(NHKと契約しない私が一言^^)
ファーウェイについて日本国政府がサイバーセキュリティ上の危険性から政府調達から排除してるのに、NHKはさかんにCMをニュースで流しています。もちろん放送法83条違反です^^

Anglo‐Nubian🦐🍖8⃣(ヌビ)は笑う
NHKもあほだが、HUAWEI採用のヨーロッパ各国が一番あほだわ🤔

Akira On Akira日本#DOJ日本
その流れで一帯一路に組み込まれたりするのは、困るんですよね。

白神日本
小野寺さん~NHK見ているんですね!
地上波&BSはスポーツ&映画しか見なくなった😅


シティイン西田辺【公式】
ファーウェイ関連なら、ついでに東大もww

--------
 

■動画:安価な設備の背後にある落とし穴 米専門家ファーウェイ設備の危険性を指摘


 


 


 ファーウェイとは、所詮組み立て屋でしかありませんでした。
 しかし、国家ぐるみで産業スパイ、ハッキングをやり、国家が資金を提供し、その分他国の製品より安く販売して伸びて来たに過ぎないのです。

 チャイナのやりたい放題の時代は、もう終わりです。
 

 ちなみに、ファーウェイにとどめを刺した台湾企業のTSMCは、実は李登輝総統時代から台湾政府がバックアップしてきた企業だったのです。

 その李登輝氏は、生前最後のインタビューで次のように述べています。

 

李登輝氏「台湾がすべきことは、今でも優位性を保っている分野をきちんと守ることだ。例えばTSMC(台湾積体電路製造)は、私が総統在任中、政府がバックアップをしてできた会社だ。現在では世界最大の半導体製造会社となっている。この会社に対して、中国が買収をもくろんでいるという情報が多方面から寄せられている。あの手この手で、TSMCの企業機密を得ようと画策しているとも聞く。こうした企業を保護し、優位性を守らなければ、台湾の産業は文字通り根こそぎ中国に取られてしまう。」

(参考:ダイヤモンドオンライン

 


■故・李登輝元総統


 

 


■動画:『原爆を乗り越えた日本の使命』 HEAVENESE style Season4 2020.8.9 (Sun) 20:00ごろスタート!

--------

■『今明かされるアベノマスクの秘密』 HEAVENESE style Season4 2020.8.2 (Sun)

--------

■『いよいよ来た監視社会 コスプレが世界を救う!』 HEAVENESE style Season4 2020.7.26 (Sun)

--------

■『コロナから日本を救え 医学道!』 HEAVENESE style Season4 2020.7.19 (Sun) 20:00 start !

--------

■『繰り返される九州豪雨の秘密』 HEAVENESE style Season4! 2020.7.12 (Sun) 20:00〜start!

--------

■日台友好!

--------

■今年こそ日韓断交できますように


 

 

最後までお読みいただきまして有難うございます。

ファーウェイをはじめとするチャイナ製品を、一刻も早く日本市場から締め出せ!と思った方は、ランキングのクリックとフェイスブックのシェアをお願いします