【改正必至】少年法改正を妨害しているのは人権屋やパヨク!政府は一刻も早く少年法を改正せよ! | 戦後体制の超克
新型コロナウイルスに関する情報について

戦後体制の超克

「憲法改正」・「愛国教育」・「国体護持」・「日本第一」を軸に、様々な情報発信を行う提案型ブログです。

本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

「憲法改正」を祈念し、ランキングのクリックをお願いいたします。

 (政治部門'20/08/08・・・20位→)
人気ブログランキング

 




 

 

 8月6日、法制審議会で、少年法の改正原案がまとめられました。

 その中で、18、19歳については刑事裁判にかける対象犯罪を拡大するとともに、実名などの報道を起訴後に可能にすることなどが盛り込まれました。

 以下、朝日新聞より引用します。

 


少年法、18・19歳を厳罰化へ 実名報道も一部解禁案
(2020年8月6日)
https://www.asahi.com/articles/ASN865D8JN83UTIL04F.html



<少年法改正などの要綱原案が示された法制審議会の部会>

 少年法などの見直しを検討している法制審議会(法相の諮問機関)の部会が6日、法改正に向けた要綱原案をまとめた。最大の焦点だった20歳未満から18歳未満への適用年齢引き下げについては判断を見送る一方、18、19歳については家庭裁判所から検察官に送致(逆送)して刑事裁判にかける対象犯罪を拡大し、厳罰化を強める。18、19歳は実名などの報道を起訴後に可能にすることも盛り込んだ。早ければ9月に最終案がまとまる見通しで、法務省は来年の通常国会に改正案を提出する意向だ。

 要綱原案は、成人年齢を18歳に引き下げる民法改正(2022年4月施行)の動きを受け、少年法・刑事法(少年年齢・犯罪者処遇関係)部会(部会長=佐伯仁志中央大教授)が17年3月から議論してきた内容をまとめた。

 原案は、「18、19歳は民法で成人と位置づけられた一方、十分に成熟しておらず可塑(かそ)性(変わりうる可能性)がある」と指摘し、刑事司法制度上は「18歳未満とも20歳以上とも異なる取り扱いをすべきだ」と提言。ただ、少年法の適用年齢については「国民意識や社会通念を踏まえたものが求められることに鑑み、今後の立法プロセスでの検討に委ねる」と引き下げるかどうかの判断を見送った。

 現行法では、16歳以上の少年が人を故意に死亡させた殺人や傷害致死などの重大事件で、大人と同様の裁判にかけるため検察官に原則逆送する仕組みになっている。原案では、18、19歳に限り、「法定刑の下限が1年以上の懲役などの罪」まで対象を拡大。強盗や強制性交などが含まれることになる。少年が服役中に立ち直る可能性をふまえて量刑に幅を持たせている不定期刑の対象からは除外する。
(以下略)


 

 

18、19歳については家庭裁判所から検察官に送致(逆送)して刑事裁判にかける対象犯罪を拡大し、厳罰化を強める。18、19歳は実名などの報道を起訴後に可能にすることも盛り込んだ。


 今更何を言っているのでしょうか?

 近年のインターネットの普及により、報道規制は事実上形骸化しているというのに。

 それよりも、「女子高生コンクリート詰め殺人事件」、「神戸連続児童殺傷事件」等、18歳未満の少年であっても凶悪な殺人事件は起きており、その犯人達は全員社会復帰し、半数以上が再犯事件を起こしているという現状を、どうすれば解決できるのかを考えることが重要です。

 日本の刑法は、加害者の人権を重視し、被害者の人権をないがしろにしている傾向が強いと感じます。

 罪のない女子高生を長期間監禁し、暴行や強姦を繰り返した挙句、コンクリートに詰めて放棄したり、人間の生首を校門に晒して警察を挑発するような人物が、我々の近くでのうのうと生活されて安心して暮らせますか?

 

 旧少年法(大正11年法律42号)では、少年の定義は18歳未満とされ、現在の少年法より2歳低かったのです。

 また、死刑適用限界年齢は16歳以上であり、少年犯罪に対する刑罰は、現在以上に厳しかったのです。

 単に、旧少年法の基準に戻すだけで、充分犯罪抑止につながると思います。

 しかし、少年法改正の動きは憲法改正と同じくらい遅いのです。

 日弁連などのパヨク組織の他、自民党内部の人権派がこれを拒んできたからです。

 以下、朝日新聞より二つの記事を続けて引用します。

 


自民、引き下げ検討/日弁連「現行法機能」 少年法の年齢 上川法相は慎重姿勢
(2015年8月11日)
https://www.asahi.com/articles/DA3S11909475.html



<刑事事件を起こしたときの年齢による主な違い>

 選挙権の年齢が18歳以上に引き下げられたことに合わせ、自民党は少年法の適用年齢を18歳未満に引き下げる方向で検討を進めている。18~19歳については、特例措置を設けるという。ただ、法相は引き下げに慎重な姿勢で、弁護士や識者らも反発している。
(以下略)

--------

少年法適用年齢引き下げ、法制審に諮問 来年以降に結論
(2017年2月9日)
https://www.asahi.com/articles/ASK286KBCK28UTIL044.html



 少年法の適用年齢を18歳未満に引き下げるかや、懲役刑と禁錮刑を一本化する見直しなどについて、金田勝年法相は9日、法制審議会に諮問した。法制審は来年以降に結論を取りまとめる見通しで、答申を受けて法務省が少年法や刑法などの改正案を検討する。

 少年法の適用年齢は1948年の制定以来、「20歳未満」とされてきた。だが、選挙権が18歳に引き下げられ、民法の成人年齢も引き下げの議論が進むことなどから、少年法についても法務省が引き下げの是非を検討してきた。

 日本弁護士連合会などは「18、19歳が成人と同じ刑事裁判を受けることになり、立ち直りに必要な教育が受けられなくなる」と反対している。法制審ではこうした懸念を踏まえ、仮に引き下げる場合でも、少年院で行う教育を刑務所で受けられるようにすることなどを検討する見込みだ。

 刑罰制度の抜本的な見直しも議論する。現在は、成人が拘束される刑として、刑務所での作業が義務づけられる懲役刑と、作業義務がない禁錮刑がある。
(中略)

18・19歳の立ち直り支援、焦点に
 「むしろ引き上げるべきだ」。日本児童青年精神医学会は、少年法の適用年齢引き下げに反対する声明を発表している。学会の「子どもの人権と法に関する委員会」委員長を務める児童精神科医の高岡健さん(63)は「文化や文明が発達すればするほど、大人になる年齢は上がる。適用年齢を下げることは文明が下がるということ」と話す。

 現在も、重大事件を起こした16歳以上の少年は原則、検察に逆送される。「逆送が少年の更生にどう有効で、適正に機能しているかを先に検証するべきだ」

(以下略)

 

 

少年法の適用年齢は1948年の制定以来、「20歳未満」とされてきた。だが、選挙権が18歳に引き下げられ、民法の成人年齢も引き下げの議論が進むことなどから、少年法についても法務省が引き下げの是非を検討してきた。

 

「むしろ引き上げるべきだ」。日本児童青年精神医学会は、少年法の適用年齢引き下げに反対する声明を発表している。学会の「子どもの人権と法に関する委員会」委員長を務める児童精神科医の高岡健さん(63)は「文化や文明が発達すればするほど、大人になる年齢は上がる。適用年齢を下げることは文明が下がるということ」と話す。

 

 「文明が上がるか下がるか」などという抽象論よりも、目の前で起きている凶悪犯罪を少しでも食い止めるにはどうするかということを考えないのでしょうか?

 そもそもこういう人権屋を審議会に入れること自体が、少年法改正のブレーキになっているのは明白なのです!

 

人気ブログランキング

 


■マンガ動画:【衝撃実話】女子高生コンクリート詰め事件を漫画化。史上最悪の少年犯罪

--------

■女子高生コンクリ事件 4人の犯人のうち3人が再犯

https://www.youtube.com/watch?v=ouE22X12uJU

【動画の説明】
女子高生コンクリ事件 4人の犯人のうち3人が再犯

考えるだけで気分が悪くなる事件です。その4人の犯人のうち3人が凶悪事件を犯してさらに2人は出所しています。再犯の時点で死刑判決を下して直ちに執行するべきです。
被害者のご両親は未だに苦しんでおられると思います。
少年法がザル法であるという事は明らかです。こんな凶悪でおぞましい事件を起こした犯人たちが更生するわけもなくその時点で少年法を無視して最低でも無期懲役で一生苦しませたらいいのです。さらにその中で被害者と同じ目に合わせます。
葉にはを目には目を実践してほしいです。そうでなければ、被害者の女子高生が浮かばれません。書きながらも腸が煮え切る思いです。住民も畏れています。それでも、この犯人たちを守る意味はあるのでしょうか。

--------


■女子高生コンクリート詰め殺人事件

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%AB%98%E7%94%9F%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E8%A9%B0%E3%82%81%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

 

 「人権」、「人権」と言いますが、凶悪犯罪を繰り返す人間に殺された被害者の「人権」は無視ですか?

 ここに登場する女子高生コンクリート詰め殺人事件の元犯人の異常性を改めて垣間見る事件がこちらです。

 以下、フライデーより引用します。

 


女子高生コンクリ殺人 元少年が傷害事件の公判で裁判官に噛みつく
(2019年3月6日)
https://friday.kodansha.co.jp/article/34392


<ムエタイジムに所属していた当時の湊伸治容疑者。現在はこの頃よりがっしりしている>

「なんで?なんで?」
坊主頭にアシックスの紺色ジャージ上下で法廷に現れた湊伸治被告は、程よく肉付きのよい中年となっていた。「被害者Aさんの首の後ろの傷は自分がつけたものではない」と主張するために必要な証拠を却下され、裁判官に興奮気味に問いかける。

「意見いいっすか、裁判官に手紙出したの届いてます? ナイフは頭に当たってない、捏造だと言ってるんです! 幅2センチ、深さ2センチの傷が……」

綾瀬・女子高生コンクリート殺人事件。東京都足立区で当時16歳から18歳の少年らが、見ず知らずの女子高校生(当時17)を拉致したうえ、一人の少年の家に監禁し、強姦や暴行を繰り返したのち死亡させ、その遺体をコンクリート詰めにして遺棄した凄惨な事件である。平成が始まったばかりの1989年に発覚し、世を震撼させたこの事件では、逮捕された主犯格の少年4人に対し実刑判決が下され、服役ののちそれぞれ社会復帰していた。

ところが昨年8月、女子高校生を監禁した家に住んでいた当時の少年、懲役4年以上6年以下の不定期刑を受けた湊伸治被告(46)が、埼玉県で逮捕された。同県川口市の路上で、当時32歳の男性の肩を警棒で殴り、首をナイフで刺したという殺人未遂容疑だ。その公判が現在、さいたま地裁(結城剛行裁判官)で開かれている。

ムエタイジムに所属していた当時の湊伸治容疑者。現在はこの頃よりがっしりしている
初公判は2月1日に行われた。逮捕容疑は殺人未遂罪で、そのまま起訴されれば裁判員裁判となるはずだったが、なぜか起訴罪名が傷害罪に変更されており、一人の裁判官が裁く単独事件となっていた。

この日読み上げられた起訴状によれば、湊被告は昨年8月19日の夕方、川口市の路上において、車に乗っていた男性Aさんの顔面を拳で数回殴り、その後車を降りたAさんの右肩を警棒で殴ったうえ、車に乗って立ち去ろうとしていたAさんの後頚部をナイフで刺したという。逮捕当初「殴ったり刺したりしたが、殺すつもりはなかった」と殺意は否認したものの行為自体は認めていた湊被告だったが、罪状認否では「えーと、警棒で右肩殴ったところ、ちょっと違う」と警棒で殴ったことを否認。ナイフで刺したことは認めていた。

ところが3月5日に開かれた第二回公判で再び主張が変遷。湊被告はAさんをナイフで刺したことも否認し始めた。弁護側が新たな証拠として、Aさんの“現在の”傷跡を撮影したいと証拠請求したが、裁判所は却下。これに納得いかない湊被告の発言が冒頭のシーンだ。

どうやら、湊被告は「自分が刺してはいない」という主張を、事前に手紙にしたため裁判官に直接送付していたようだ。裁判官も大きな声をさらに大きくして湊被告に呼びかけた。

「弁護人をすっ飛ばして、頭越しにあなたと直接やり取りすることはできないんです! その手紙は弁護人に渡してます! あなたのほうでどう考えるか、これ以上議論をするつもりはありませんっ!」
(以下略)


 

 

 裁判の途中で証言が二転三転し、終いには自分はやっていないと裁判の手続きを無視して主張し始める。

 こんな人間は、自分が殺した被害者への謝罪も反省もなければ、更生の可能性もなど無いに等しいでしょう。

 こういう危険人物は、さっさと死刑か無期懲役に処すべきです!

 

 戦後の少年法のために起きた悲惨な事件。

 被害者や被害者家族がこれ以上苦しまないためにも、一刻も早い厳罰を含めた改正が望まれます。

 2016年からは、18歳~20歳未満の国民に対し選挙権が与えられました。
 彼らには、権利が与えられた分、国民としての義務や責任を負ってもらうことも必要ではないでしょうか!?

 

<参考サイト>

大放言・毒を吐くブログ アメーバ版

https://ameblo.jp/sennenryuuou/entry-12616133683.html

 


■『今明かされるアベノマスクの秘密』 HEAVENESE style Season4 2020.8.2 (Sun)

--------

■『いよいよ来た監視社会 コスプレが世界を救う!』 HEAVENESE style Season4 2020.7.26 (Sun)

--------

■『コロナから日本を救え 医学道!』 HEAVENESE style Season4 2020.7.19 (Sun) 20:00 start !

--------

■『繰り返される九州豪雨の秘密』 HEAVENESE style Season4! 2020.7.12 (Sun) 20:00〜start!

--------

■動画:『心を鷲掴み!伝説の都知事物語』 HEAVENESE style Season4! 2020.7.5 (Sun) 20:00〜 start!

--------

■日台友好!

--------

■今年こそ日韓断交できますように


 

 

最後までお読みいただきまして有難うございます。

少年法改正に反対しているのはパヨクだ!政府は一刻も早く少年法を改正せよ!と思った方は、ランキングのクリックとフェイスブックのシェアをお願いします