【怒り心頭】「新しい歴史教科書つくる会」の歴史教科書が検定不合格!文科省検定の異常性を糾弾する! | 戦後体制の超克
新型コロナウイルスに関する情報について

戦後体制の超克

「憲法改正」・「愛国教育」・「国体護持」・「日本第一」を軸に、様々な情報発信を行う提案型ブログです。

本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

「憲法改正」を祈念し、ランキングのクリックをお願いいたします。

 (政治部門'20/02/22・・・21位→)
人気ブログランキング

 


■令和2年度 文部科学省検定につくる会教科書が不合格


 

 

 来年度から採択される中学校の歴史教科書検定において、「新しい歴史教科書をつくる会」(高池勝彦会長)の推進する「新しい歴史教科書」(自由社)が、文部科学省の検定で不合格になりました。

 これで向こう4年間、中学校の生徒たちに、我が国の正しい歴史を学ぶ機会が奪われてしまいました。

 以下、産経ニュースより引用します。

 


「欠陥著しく多い」と指摘され、つくる会中学歴史教科書が検定不合格 撤回を要求
https://www.sankei.com/life/news/200221/lif2002210063-n1.html


<「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝副会長(左から2人目)。
左隣は高池勝彦会長>

 来年度に採択される中学校の教科書検定をめぐり、「新しい歴史教科書をつくる会」(高池勝彦会長)は21日、同会が推進する「新しい歴史教科書」(自由社)が文部科学省の検定で不合格になり、採択できなくなったと発表した。平成28年に改定された審査基準により「欠陥が著しく多い」と指摘されたという。つくる会では「初めから落とす意図を持っていたと断じざるを得ない」と強く反発。文科省に対し検定結果の撤回を求めている。

 つくる会によると、新しい歴史教科書につけられた検定意見で「欠陥箇所」と指摘されたのは405件。誤記や事実の間違いなどは比較的少なく、7割以上にあたる292件が「生徒に理解しがたい」「誤解するおそれがある」などの理由だった。

 政治色をうかがわせるような指摘もあったといい、「中華人民共和国(共産党政権)成立」とする記述にも、カッコ内の共産党政権の語句に「誤解するおそれ」との検定意見がついた。また、前回の検定で合格した記述なのに、欠陥とされたケースもあった。

 自由社版の新しい歴史教科書は平成20年度以降、過去3回の検定を通過している。26年度の前回検定でも不合格になったが、再申請して合格した。しかし28年、「欠陥箇所数が著しく多い(ページ数の1・2倍以上)」場合は年度内に再申請できないと審査基準が改められ、約1・3倍の指摘があったため一発不合格となった。

 同教科書の採択率は現状で1%以下だが、採択できなくなるのは今回が初めて。つくる会の高池会長は21日、「(今回の検定は)初めに結論ありきの異常なもので、容認できない」と批判した。文科省は「検定中にその内容を公表するのは禁止されている。つくる会はルールに違反しており、これから対応を検討したい」としている。
(以下略)


 

 

つくる会によると、新しい歴史教科書につけられた検定意見で「欠陥箇所」と指摘されたのは405件。誤記や事実の間違いなどは比較的少なく、7割以上にあたる292件が「生徒に理解しがたい」「誤解するおそれがある」などの理由だった。

政治色をうかがわせるような指摘もあったといい、「中華人民共和国(共産党政権)成立」とする記述にも、カッコ内の共産党政権の語句に「誤解するおそれ」との検定意見がついた。また、前回の検定で合格した記述なのに、欠陥とされたケースもあった。


人気ブログランキング
 

 この理不尽な検定結果を受けて、つくる会の執筆者グループが、反論をまとめて下さっています。

 以下、こちらをご覧ください。

 


■これが文科省の「トンデモ検定」だ!!


 

 

 まず、事例1を引用します。

 


■事例1 仁徳天皇は古墳に「祀られて」いないの?・・・
日本語が分からない教科書調査官


 「第一章 古代までの日本」の登場人物として、仁徳天皇を「世界一の古墳に祀られている」と紹介したところ、「祀られている」は「生徒が誤解する恐れのある表現である」と言う理由で欠陥箇所に入れられた。教科書調査官との面接では「葬られている」が正しい表現だと指摘された。
 しかし、古墳に「葬られている」とした場合、「被葬者は果たして仁徳天皇か否か」という別の議論を誘発することになり、逆に混乱を与える。
(以下略)


 

 

仁徳天皇を「世界一の古墳に祀られている」と紹介したところ、「祀られている」は「生徒が誤解する恐れのある表現である」と言う理由で欠陥箇所に入れられた。教科書調査官との面接では「葬られている」が正しい表現だと指摘された。

 

 続いて、事例2を引用します。

 


■事例2 聖徳太子は律令国家の方向を示した・・・
学習指導要領読まない教科書調査官


(指摘事項)
 聖徳太子は内政でも改正でも8世紀に完成する日本の古代律令国家建設の方向を示した指導者でした。
(反論)
 最終的な決め手となる学習指導要領には次のように書かれている。

「律令国家の確立に至るまでの過程」については、聖徳太子の政治、大化の改新から律令国家の至るまでの過程を、小学校での学習内容を活用して大きく捉えさせるようにすること。

 

 

 完全に検定側が学習指導要領の趣旨を逸脱しています。

 続いて、事例3を引用します。

 


■事例3 朝鮮出兵は16世紀「世界最大規模」の戦争・・・
新機軸を排除する検定


(中略)
 教科書検定は明白な誤りの指摘にとどめるべきで、「確立した見解」ではないとの理由で新たな知見や教科書編集上の工夫を抹殺するなら、歴史教科書はありきたりの「確立した見解」しか載らないつまらないものとなるだろう。指摘箇所は世界との関わりを重視した学習指導要領を踏まえて工夫された教材であり、今回の検定は学習指導要領の方針にも反するものである。


 

 

 では、一時期「従軍慰安婦」や「南京大虐殺」を載せていた教科書を検定において合格させていたのは、「確立した見解」だったことになります。

 文科省は、この点について説明する責任があります。

 続いて、事例4を引用します。
 

 

■事例4 毛利輝元は西軍の大将ではないの?・・・

次元の違う細部をあげつらう詭弁


(指摘事項)

「輝元の時代には豊臣秀吉政権の重臣となり、関ヶ原の戦いでは西軍の大将格として徳川家康に敗北しました。」

(中略)
 毛利輝元が実際に戦闘に参加したかどうかをもって教科書の記述を問題視する教科書調査官の見解は異常だ。
(以下略)

 


 検定側の言い分を正しいとすると、毛利輝元は一切お咎めがないこととなります。

 しかし、毛利輝元は、敗軍の将として家康から実際に領地を召し上げられているではありませんか?

 続いて、事例5を引用します。

 


■事例5 坂本龍馬は大政奉還に関与せず?・・・
私見の強要か、研究動向への無知か



(指摘事項)
土佐藩を通じて徳川吉宗に大政奉還を働きかけたとも言われています。
(反論)
坂本龍馬が慶応3年に薩摩・土佐両派の間で周旋を行い、両藩が大政奉還について合意した薩土盟約の議論にも参加していたことは、史上明白である。
(中略)
もはや教科書調査官個人の私見の強要と断するほかない。もしくは、近年の研究動向を正確に把握できていない人間が検定を行っているかのどちらかだろう。


 

 

 続いて、事例6を引用します。

 


■事例6 新元号が入る予定の「■■」まで「欠陥箇所」とは!・・・
教科書調査官の底知れぬ悪意

 

 新元号は令和は、早くに発表される予定であったが4月1日にズレ込んだため、同月の検定申請に印刷が間に合わなくなった。[指摘事項]の■■・◆◆・〇〇はすべてそのためであることが自明であるにもかかわらず、嬉々として「欠陥箇所」に指定するとは、その底知れぬ悪意を仰天する。
 

 

 これも酷い。

 検定は校正ではありません。

 最後に、事例7を引用します。

 


■事例7 中華人民共和国は共産党政権ではない?・・・
木を見て森を見ない教科書検定の愚


 教科書調査官は「反論否認書」で、「成立時の中華人民共和国は連合政権であり、申請図書の記述では、共産党政権であると誤解するおそれがある」と言う。

 

 

教科書調査官は「反論否認書」で、「成立時の中華人民共和国は連合政権であり、申請図書の記述では、共産党政権であると誤解するおそれがある」と言う。

 

 この指摘事項もとんでもない。

 中華人民共和国が共産党政権であることは明白です。

 しかも、連合政権と書けば、結果的にチャイナを美化し、あたかも民主国家であるかのように誤解を与えてしまうのではないでしょうか?

 

人気ブログランキング


 実際に教科書検定に当たるのは、教科書調査官と呼ばれる人々です。

 しかし、これが曲者だったのです。

 以下、文科省のHPより引用します。  

 


4.教科書検定の方法
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/gaiyou/04060901/1235089.htm

(中略)
2)教科用図書検定調査審議会の答申に基づく検定
 文部科学省には、検定の審査に係る教科用図書に関し調査審議を行う審議会として教科用図書検定調査審議会が置かれています。文部科学大臣の諮問機関である教科用図書検定調査審議会では、検定申請された図書が教科用図書として適切であるかどうかについて、教科書検定の基準に基づいた専門的・学術的な調査審議が行われます。審議会から答申が行われると、文部科学大臣はこの答申に基づいて検定の決定又は検定審査不合格の決定を行います。
 審議会の委員及び臨時委員は、大学教授や小・中・高等学校の教員等の中から選ばれ、調査審議に当たります。また、専門の事項を調査する上で必要があるときは、審議会に専門委員が置かれ調査に当たります。さらに、文部科学省の常勤職員である教科書調査官も調査に関わります。教科書調査官は大学の教職の経歴等をもつ人から採用されています。
  このように審議会における審査には、多くの専門家による様々な角度からの調査の積み重ねが反映されるようになっています。


 

 

審議会の委員及び臨時委員は、大学教授や小・中・高等学校の教員等の中から選ばれ、調査審議に当たります。

 

さらに、文部科学省の常勤職員である教科書調査官も調査に関わります。教科書調査官は大学の教職の経歴等をもつ人から採用されています。

 

 以前、千葉県の教育委員会に対し、教科書採択において自虐史観の歴史教科書を採択する理由を質問したところ、「教科書検定に合格しているから問題ない」と言い放ちました。

 

 しかし、ご覧いただいたように、教科書審議会の委員には、大学教授や小・中・高等学校の教員から選ばれ、さらに、教科書検定の調査官も大学の教職の経歴等をもつ人間から採用されているのです。

 つまり、パヨク教授や日教組上がりの教員が教科書の検定を行っていると言っても過言ではないのです!

 そして、教科書採択においても調査員が、事実上の採択を決めていますが、これも検定と同じように日教組上がりの教員が占めているのが現状なのです!

 こうした同じ穴のムジナである連中が、検定から採択までを牛耳っているのが教科書の悲しい現実なのです!

 そしてこの連中は、教育基本法や学習指導要領をまったく無視し、教科書会社と利権でつながっているのです!

 これでは、日本の教育現場腐るわけです!

 


■文科省問合せ先:
初等中等教育局教科書課
電話番号:03-5253-4111(内線2409)


 

 


■習近平国賓招聘反対国民総決起大会!
&1万人銀座大行進


◎日時:
  令和元年3月8日( 日)  
   ・開場:12時
   ・開演:13時半
◎場所:日比谷野外音楽堂

<<<プログラム>>>
◎<大会>
 ・開場:12時
 ・開演:13時半
◎<大行進>
 ・出発:14時
 ・終了:16時予定
※大行進のコースは調整中です。

◎<大会URL>

https://www.facebook.com/%E7%BF%92%E8%BF%91%E5%B9%B3%E5%9B%BD%E8%B3%93%E6%8B%9B%E8%81%98%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E5%9B%BD%E6%B0%91%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%81%AE%E4%BC%9A-103207771215955/
◎主催:習近平国賓招聘反対国民総決起大会実行委員会 
◎事務局:TEL:03-5246-4750 Fax:03-5246-4754  担当:吉永 

--------

■今年こそ日韓断交できますように


 

 

最後までお読みいただきまして有難うございます。

子供の未来のために、パヨク連中を教科書の検定や採択の現場から追放しなければならない!と思った方は、ランキングのクリックをお願いします