【緊急拡散】張本勲氏「5位というのは野球王国日本のチームの成績じゃない」←喝! | 戦後体制の超克

戦後体制の超克

「憲法改正」・「愛国教育」・「国体護持」・「日本第一」を軸に、様々な情報発信を行う提案型ブログです。

本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

「憲法改正」を祈念し、ランキングのクリックをお願いいたします。

 (政治部門'19/09/10・・・22位↓)
人気ブログランキング

 


■U18W杯の日本代表選手たち


■U18W杯の日本代表選手たちが韓国に入国
(日の丸をつけず、無地のシャツで入国)


 

 

 9月8日、「第29回 WBSC U18 ベースボールワールドカップ(以下、U18W杯)」が終了しました。

 残念ながら、優勝には程遠い5位という成績に終わりました。

 しかし、選手たちはあの悪条件の中でよく健闘したと思います。
 開催前、選手たちが大会開催国の韓国への入国の際、高野連が選手達に日の丸を外して入国させ、物議をかもしました。

 そんなことをすれば、選手の士気が下がるのは目に見えています。

 その時点で、今大会の勝負はついていたのかもしれません。

 

 この結果について、張本勲氏が同日放送された「サンデーモーニング」の中でが、何やら勝手な文句をたれていました。

 以下、日刊スポーツより引用します。

 


張本氏 U18日本5位「野球王国の成績じゃない」
https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201909080000229.html


<張本勲氏>

張本勲氏が8日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演。U18W杯で5位に終わった高校日本代表についてコメントした。

「残念だね。5位というのは野球王国日本のチームの成績じゃないよ」

さらに選手の選考についてコメントした。


「今回、ピッチャーの選出が非常に多い(9人)。野手を多くしなきゃダメなんですよ。日本の得意の守備が非常に悪かったもんね。大事なときにエラーしてるから。ピックアップした選手、ちょっとどうかなと思うくらいの選手だったね。佐々木(朗希投手=大船渡)がまた使えなかったからね」と話した。

 

 

 これは、張本氏に「喝!」です。

 こうも的外れなコメントばかりしているようでは、もうそろそろマスゴミからも引退してはいかがでしょうか?

 確かに今回の日本代表の選手たちは非常に優秀な選手が多く、期待も高かったと思います。

 特に最速163キロを投げる「令和の怪物」大船渡高の佐々木朗希(ささきろうき)選手、今夏の甲子園のスターとなった星陵高のエース・奥川恭伸(おくがわやすのぶ)選手、150キロオーバーのストレートを誇る創志学園の西純也(にしじゅんや)選手など注目の投手たちが目白押しでした。
 しかし、選手たちは我々が予想もつかない過酷な条件の下で大会にのぞまなければならなかったのです。

 以下、「U18W杯」における選手達の過酷な条件をまとめます。

 


■U18W杯高校日本代表の選手、監督、コーチ陣

--------
 

■U18W杯における選手達の過酷な条件
①甲子園が終了してから、U18W杯まで1週間余りしかなく、選手の疲労が一切考慮されていない

②U18W杯の試合で使用するバットが木製バットのため、金属バットに慣れた日本の選手には不利

③急場の即席チームのため、連携プレーやサインの確認など練習の時間がほとんどない

④内野手の選抜が8人中6人がショートだったため、選手は不慣れな他の守備位置で試合にのぞまなければならなかった
⑤予想外の投手陣の怪我(佐々木朗希は右手中指の血マメが割れ、韓国戦で1イニング19球で降板)
⑥雨天による初戦の不運(台湾戦で強引に雨天コールド負け)

⑦投球数により投手の連投が制限されるルールの弊害
⑧不慣れな宿泊施設の環境(食事、水、室内温度、騒音等)による睡眠不足

⑨日の丸を隠して韓国に入国!!(士気がダダ下がり)

⑩韓国との試合の過去のトラウマ

 

 

人気ブログランキング

 

>⑩韓国との試合の過去のトラウマ

 

 これは、昨年の「U18アジア選手権」における日本対韓国の試合の最中に起きた出来事です。

 以下、その時の模様をご覧下さい。
 


■「U18アジア選手権」(2018年)韓国の選手が、
日本選手のグローブをわざと踏み付けるラフプレイ


↓↓↓↓↓↓↓↓
■わざとグローブを踏みつけた瞬間を拡大!

↓↓↓↓↓↓↓↓
■日本選手がこの行為に激怒!

↓↓↓↓↓↓↓↓
■韓国選手は謝罪もせずベンチへ

--------

■動画:韓国選手ラフプレーに中川激怒‼︎
【U18アジア選手権】(2分30秒~)


 

 

 野球のグローブは、選手たちにとって非常に大切なものです。

 最終回、負けがほぼ確定した韓国選手が、嫌がらせのために日本選手のグローブを踏みつけているのは動画から見てとれます。

 こんなモラルのない選手のいる国と、どうやってスポーツマン精神を共有できるのでしょうか?

 

 今回の敗因を生んだ原因は、高野連にあります!

 高野連は、U18W杯をどうしたいと考えているのでしょうか?

 本当に日本を優勝させたいと思うなら、選手が戦いやすい環境を整えることに、もっと力を尽くすべきです。

 今回のように、選手にとって不利な条件で戦わせることを続けるなら、「U18W杯」など参加させない方がよいでしょう。

 選手たちに、ただ恥をかかせに行くだけです。

 特に選手たちに日の丸を外して入国させるなど、初めから相手に対して戦う意思がないと宣言しているようなものです!

 高野連は、反日マスゴミの朝日新聞、毎日新聞がくっついて、利権をむさぼっています。

 高野連が日本の高校球児の味方でないことは、今回の対応を見ても明らかです!

 


■何はなくとも日韓断交


■日韓断交できますように


 

 

最後までお読みいただきまして有難うございます。

張本は黙れ!高野連は、朝日・毎日を排除し、解体的出直しをせよ!と思った方は、ランキングのクリックをお願いします