【毎日新聞】社内の女性78.6%がセクハラ被害! | 戦後体制の超克

戦後体制の超克

「憲法改正」・「愛国教育」・「国体護持」・「日本第一」を軸に、様々な情報発信を行う提案型ブログです。


テーマ:

本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

「憲法改正」を祈念し、ランキングのクリックをお願いいたします。

 (政治部門'18/06/11・・・32位→)
人気ブログランキング

 

<週刊文春(6月14日号)の中吊り広告>

 

 毎日変態新聞は、やはり本物でした!

 今年の4月に行なわれた社内調査で、毎日新聞社の女性社員うち、実に78.6%が何らかのセクハラ被害にあっていたという衝撃の事実が判明しました。

 以下、週刊文書より、その一部を引用します。

 

 

「先輩記者に強姦された」
毎日新聞セクハラ調査が酷すぎる

 

「衝撃的な結果でした。関係者を処分したら、上層部が大量にいなくなるんじゃないか、と言われています。」(毎日新聞中堅社員))
四月下旬、毎日新聞社の労働組合が全組合員に対し、社内外でセクハラを受けたことがあるか、アンケートを行なったところ---。

 結果は五月中旬、労組の機関紙で詳報された。
 
それによると、何と女性社員の七八・六%、男性社員の二〇・二%が「セクハラを受けたことがあると思う」と回答したのである。
(中略)
 毎日新聞といえば、政治部長、社会部長といった重要ポストを女性が務めるなど、女性活躍の旗振り役として知られるが、五十代女性社員は、こう漏らす。
「やっぱりなと思いました。セクハラは社外より社内が深刻。特に男女雇用機会均等法より前の世代は、何がセクハラなのか分かっていない人もいる。
乳がんの手術をする女性に対し、『今のうちに触らせて』なんて言う人もいたと聞きました」
 福田淳一財務次官がセクハラ問題で辞任した直後、毎日新聞は社説で、こう述べている。
<最も深刻なのは、次官を監督する立場にある閣僚が、セクハラの本質やその重大性をおよそ理解しているとは言い難い点である>(四月三十日)
 では、今回のアンケート結果を受け、毎日新聞は、どう対応するのか。朝比奈豊会長を直撃すると、
「逃げるわけじゃないけど、広報に聞いてくれる?そのために広報いるから」
 広報は、「アンケート結果につては重く受け止め」るとして、「二〇〇三年一月からは社外相談口を設け、従業員から被害深刻があった場合には、事実関係を調査のうえ、会社として毅然とした対応をとってきました」と回答した。
 
セクハラの本質やその重大性をおよそ理解しているとは言い難いのでは---。
--------

 

乳がんの手術をする女性に対し、『今のうちに触らせて』なんて言う人もいたと聞きました」

 

 呆れてものが言えません。

 さすが、毎日変態新聞だけあります。

 この記事を読んで、ふと数年前のあるポスターのことを思い出しました。

 それが、こちら。(※どの政党か特定できないように、目を隠してあります)

 

 

 このような実態があるにも関わらず、同じ時期にBusineness Insider Japanが行なった「報道取材におけるハラスメント被害」緊急アンケートにおいて、毎日新聞は非常に興味深い回答を行なっています。

 以下、Busineness Insider Japanのリンクを貼ります。

 

報道各社の社員セクハラ被害、対応に温度差。緊急アンケート全容公開
https://www.businessinsider.jp/post-166387

 

<メディア各社に対する「報道取材におけるハラスメント被害」緊急アンケート結果>

 

同アンケート調査の中で毎日新聞の回答がこちら。

 

問い4:「自社の社員が、取材先や取引先からセクハラ、パワハラなどの被害を飢えないよう、防止策を講じているか」

 

毎日新聞:「・従業員向けに作成しているハラスメントのパンフレットに「取材先やクライアントからのハラスメントを受けた場合も、会社として対処しますので相談窓口へ。被害を相談したことによって、不利な立場になることは決してありません」と明記し、社のポータルサイトや各階層別研修を通じて周知を図っています。・幹部を対象とした研修では、部下が社外の人物からハラスメントを受けた際には、部下を守ることを最優先に考え、取材や業務を中止させた上で、会社として毅然とした対応を取るよう指導しています。
--------

人気ブログランキング

 

 はぁ??

 何を言っているのか、ちょっとわかりません。

 幹部には、部下を守ることを最優先に指導しているとしながら、幹部が部下に対して「セクハラ」した場合を全く想定していないと言っているようなものではありませんか!?

 本当に毎日新聞は、腐った組織です。

 

 ネットでは、毎日新聞社といえば、「変態」。「変態」といえば、毎日新聞。という言葉が定着しています。

 その言葉を定着させたのが、「毎日デイリーニューズWaiWai事件」です。

 


<毎日デイリーニュースのコラム「Wai Wai」の記事>

 

<毎日デイリーニュースのコラム「Wai Wai」の記事>

 

 今さら説明するまでもありませんが、この事件は今から10年前の2008年(平成20年)に表面化した事件であり、1989年(平成11年)から9年間にも渡って毎日新聞社の英語メディア「 Mainichi Daily News」紙のコラム「WaiWai」において、ありもしない低俗な内容を海外向けに発信し続けていたというものです。

 その内容の一部がこちら。
 

■熱海の伊豆山神社のある木は、屠殺人の木またナギと呼ばれ、その後イザナギと呼ばれたが、イザナギは神道伝説の神話の神であり、日本列島は彼のこぼした精液から生まれた。
■性器観察用手鏡を渡し、カーテン越しに「もういいかい?」「まーだだよ」とさながら鬼ごっこのように性器診察。神秘と夢に満ちた場所、それがヴァギナ。「ヴァギナの品格」を保とう
■少女嗜好が発達した日本では、小学校に通うごく普通の少女たちが放課後、売春婦として働いている。
■エクアドルではジャングルに放たれた子供たちを、日本人が(性奴隷にするために)ライフルでハンティングしている。
■思春期の受験生の集中力を増すために母親はフェラ●オで息子の性的欲望を解消する。 
■漁師経験者談;日本人は何とでもセックスをする。
■24時間オルガズムが止まらない病気で苦しむ日本人女性の数が増えている
■日本の看護婦たちは通常、病院内にバイブを持参し、仕事柄、アナル開発に興じている。
■六本木のあるレストランでは、コックは食事の前にその材料となる動物と獣姦する
■福岡の米祭りは、顔にベトベトの白い液体を塗るため、AV業界が「顔射」と呼ぶものによく似ている
■日本人の若い女性はファーストフードを食べると性的狂乱状態になる
■日本人主婦は皆コインランドリーに附属のコインシャワーで売春している
■日本のティーン(10代)たちはバイアグラを使ってウサギのようにセックスをする
■日本の最新の流行 : 70歳の売春婦
■老人の売春婦の人気にもかかわらず、日本では小学生の売春婦にも仕事がある
■ほとんどすべての漁師は海でマンタとSEXしている
■日本男子は柔道や空手の部活で男相手に童貞を捨てている
■日本の首相は結婚生活ではなくオナニーで政権が取れると言っている
■日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る
■かつてパールハーバーと南京大虐殺を起こした日本政府が、児童性愛者向けのマンガを作ってオタクを自衛隊にひきつけようとしている。

--------

 

 野党の皆さん!

 #Me Too運動をやるなら今ですよ!

 毎日新聞では、78.6%の女性が「セクハラ」被害で苦しんでいるのですよ!
 これで何も動かないのであれば、野党の
#Me Too運動は、単なるパフォーマンスだということがバレてしまいますよ!

 でも、今さらそれをやったところで野党の支持率があがる訳ではありませんけどwww!

 

 ちなみに、「毎日デイリーニューズWaiWai事件」発覚当時の社長は、現在の朝比奈豊会長その人です。

 結局、毎日新聞は、あれから何も反省していない何よりの証拠です。

 世界に日本が「変態の国」だと印象付けた毎日新聞こそ、日本国民に対する「セクハラ」の加害者です!

 

最後までお読みいただきまして有難うございます。

「憲法改正」を祈念し、ランキングのクリックをお願いします


人気ブログランキング

 

以下、講演会のお知らせです。

■6月17日

【新しい歴史教科書をつくる会千葉県支部講演会】

日時:平成30年6月17日(日)15:30~16:30
場所:海神公民館

  〒273-0021 船橋市海神6-3-36
 【電話】047(420)1001
 京成線「海神駅」下車徒歩1分

演題:「国連に行ってみてわかった~歴史戦最前線~
参加費:無料
講師:元衆議院議員(自由民主党所属)田沼隆志氏

 

主催:新しい歴史教科書をつくる会千葉県支部
連絡先:070-6941-1941 (愛甲)
講師紹介:

田沼隆志(たぬまたかし)。

●平成30年3月、国連欧州本部の人権理事会にて、NGOの一員として国益を守るためのスピーチを実施
●昭和50(1975)年 千葉市生まれ 千葉市在住 3児の父
●千葉市内公立校を経て、東京大学卒
●外資系経営コンサルティング会社 アクセンチュア勤務
●鹿児島県知覧の特攻記念館で実物の遺書に感銘、英霊に応えるべくゼロから政界入り
●千葉市議会議員2期、衆議院議員1期 現職時代は教育委員会改革や教科書採択正常化、歴史問題
 など、教育分野を中心に日本の名誉を守る活動に打ち込む
 現在再起を期して活動中
●一般社団法人にほん塾代表理事 「おやこで寺子屋」開催、子供に日本の基礎知識を講話している
●趣味は合唱 「合唱団からたち」団長 チバテレビ「カラオケ大賞21」出演、週チャンピオン獲得
●ホームページ・ブログ・ twitter・Facebookはネットで検索!

 

nihonkaigi-yachiyoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。