【朗報拡散】朝日新聞が6年連続売上減! | 戦後体制の超克

戦後体制の超克

「憲法改正」・「愛国教育」・「国体護持」・「日本第一」を軸に、様々な情報発信を行う提案型ブログです。


テーマ:

本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

「憲法改正」を祈念し、ランキングのクリックをお願いいたします。

 (政治部門'18/05/29・・・28位→)
人気ブログランキング

 

<朝日新聞の売上高推移>

 

 5月28日、朝日新聞の2018年3月期の決算が発表されました!

 以下、産経ニュースから引用します。


朝日新聞、6年連続減収 2018年3月期 広告収入下落
http://www.sankei.com/economy/news/180528/ecn1805280017-n1.html



<朝日新聞東京本社>

 

 朝日新聞社が28日発表した2018年3月期の連結売上高は前期比2・9%減の3894億円となり、6年連続で減収だった。発行部数の減少に伴う広告収入の下落が響いた。

 最終利益は35・9%増の120億円で、増益は2年連続となった。前年は早期退職制度の割増退職金で特別損失を計上していたが、その影響がなくなったため。

--------
 

 

 

 朝日新聞の本業であるメディア部門の売上は、順調に下落しています。

 しかし、その一方不動産部門の利益は向上し続け、朝日新聞の屋台骨を支えているのです。

 そして、不動産部門の利益を後押ししているのは、皮肉にも「アベノミクス」なのです!

 以下、ダイアログ・ニュースから引用します。

 

朝日新聞社、アベノミクス恩恵で不動産の含み益2647億円 過去5年の財務分析
https://dialog-news.com/2017/09/02/asahi-5nen/

朝日新聞社の財務諸表を分析、アベノミクスで不動産が好調

朝日新聞社の会社としての財務状況が話題だ。
紙の新聞が苦戦している一方、不動産事業が好調との認識が広まっている。
実際に2017年3月末の賃貸用の不動産の含み益は2647億円まで拡大した。
朝日新聞のメディア事業と不動産事業の利益の関係はどうなっているのか。
有価証券報告書で過去5年の財務状況を分析すると、金融緩和による資産価格の上昇というアベノミクスの恩恵が朝日新聞社に大きいことがわかる。

 

朝日新聞、不動産事業が収益の柱に

<表>朝日新聞社の過去5年の部門別利益(単位:百万円)

 

<グラフ>左軸:部門別利益、右軸:全体の利益に対する不動産事業の割合

 

賃貸用の不動産、含み益は2647億円まで大幅増

<表>朝日新聞社が保有する賃貸用の不動産の簿価と時価、その差額(単位:百万円)

<グラフ>

--------

 

 安倍内閣の倒閣運動にうつつを抜かしながら、「アベノミクス」の恩恵にちゃっかりあやかっていた朝日新聞。

 今の朝日新聞を支えているのは、何と「安倍内閣」だったとは・・・。

 一方、朝日新聞のメディア部門は、すでに廃刊の道をまっしぐらにひた走っています。

 以下、ダイアログ・ニュースから再掲します。

 

朝日新聞、発行部数が5年で半減 新潮社「400万部を切ったとの噂」
https://dialog-news.com/2018/05/06/asahi0506/



朝日新聞の発行部数が激減している。
新潮社のニュースサイトのデイリー新潮は5月6日、朝日新聞の社内事情を報じた。
同記事での朝日新聞OBの川村二郎氏によると、新聞の発行部数は「朝日が二月に公表した部数は五百万台だったが、社内では四百万部を切ったというのがもっぱらの噂だ」という。
朝日新聞社が公表した数値によると2017年3月期の朝日新聞朝刊の年間平均の発行部数は641万3000部だった。
400万部を切っていたとすれば公表値から実数は1年間で4割近く減少、この5年では半減したことになる。
インターネットの普及により紙の新聞は厳しい時代を迎えている。
朝日新聞の発行部数の急減は現代人が情報を入手する方法が変わってきたことを如実に表す。

(以下略)

--------

人気ブログランキング

 

 朝日新聞の悪循環はさらに続きます。

 その一つが、押し紙問題です。

 以下、デイリー新潮からリンクを貼ります。

 

押し紙問題で、公正取引委員会から口頭注意

https://www.dailyshincho.jp/article/2016/04250505/?all=1

 

 

<積み上げられた押し紙>

 

 二つ目が、外国人留学生奴隷労働問題です。

 

https://twitter.com/daitojimari/status/990354311438852096
渡邉哲也‏

@daitojimari
朝日新聞がベトナム人を奴隷労働させていることがわかりました。

--------


 世田谷区の朝日販売所(以下、ASA)は、常習的にベトナム人奨学生らをアルバイトとして雇い、「週28時間以内」の法定上限を超えて働かせていました。

 

<問題となった世田谷区内の朝日新聞販売所>

 

 ベトナム人奨学生らは、ASAを辞めれば在留資格を失い、母国へ帰国しなければならないため、その弱みに付け込み、月11万円という安価な給料で過酷なノルマを強いているのです。
 しかも原付バイクすら与えられず、自転車で350~400部の配達ノルマを課しています。
 自転車の場合、一回に積める量はせいぜい30~40部ですから、最低10回はASAに戻らなくてはならない計算になります。


<原付バイクも提供されないため自転車で配達を強いられる>

 

 そして、「朝日新聞の中の人問題」です。

 朝日新聞には、もうまともな人間がいるとは思えません。

 「エビデンス?ねーよそんなもん。」と言い放った女編集委員。

 

 

<朝日新聞編集委員・論説委員の高橋純子氏>

 

 北朝鮮の木造漂流船を「なんてこたあない」と言い放ち、顰蹙を買った元朝日新聞記者。

 

 

 「朝日新聞は偏っていないと思う」と発言し、スタジオを失笑の渦に巻き込んだ元朝日新聞記者。

 

--------

 

 そして最後は、朝日新聞社を批判した書籍の著者や出版元に対して仕掛ける、スラップ訴訟問題です。

 朝日新聞は、「言論機関」ではなく、最早「言論統制機関」となってしまったのでしょうか?

 

https://twitter.com/asahi_koho/status/945203359409102848
朝日新聞社 広報‏ @asahi_koho
朝日新聞社は25日、小川栄太郎氏の著書「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」が本社の名誉や信用を著しく傷つけたとして、小川氏らに損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて提訴しました。
森友・加計問題の著書巡り文芸評論家らを提訴 朝日新聞:

--------

 

 朝日新聞が一日でも早く日本からいなくなってくれることを祈っています。(合掌)

 

 

最後までお読みいただきまして有難うございます。

「憲法改正」を祈念し、ランキングのクリックをお願いします


人気ブログランキング

 

以下、講演会のお知らせです。

■6月10日(日)

【自民党参議院議員山田宏氏講演会】+DVD上映会

日時:平成30年6月10日(日)14:00~16:45
会場:八千代市市民会館 小ホール

  〒276-0044  千葉県八千代市萱田町728
 【電話】047(483)5111
 東葉高速鉄道「八千代中央駅」又は「村上駅」下車徒歩10分
 駐車場あり

演題:「日本の誇りと国民の命を守る憲法改正」
参加費:500円(資料代として)
講師:参議院議員・山田宏氏
内容:参議院議員・山田宏先生が、憲法改正の重要性を直接八千代市民に語っていただく講演会です。現行憲法の問題点などについて、分かりやすく解説して下さいます。
今、日本と国民の命を守るために何をしなければならないかを、ご一緒に考えてみませんか?
新作DVDの上映会も同時開催いたします。

 

主催:八千代市国民投票連絡会議 (設立準備会) 
連絡先:090-1103-7835 (若松)

講師紹介:
山田宏(やまだ ひろし)。
昭和33年1月8日 東京都生まれ (60歳)。
京都大学法学部卒業後、松下政経塾に第2期生として入塾。
東京都議会議員(2期)、衆議院議員(2期)、
東京都杉並区長(3期)
杉並区の財政を再建し、レジ袋税や区独自の教師養成期間「杉並師範館」の設立、

「減税自治体構想」など数々の独自の政策を推進。
 《主な著書》
 「日本よい国構想」(平成21年 神楽サロン出版)
 「第3の道」(平成22年・マガジンハウス)
 「世界の『楽市・日本」をつくろう』」
   ~「日本よい国構想」Part2~(平成24年)
 「政治こそ経営だ」(平成28年 日経BP社)
 「慰安婦問題はこうして動いた」(平成28年 産経出版社)
 「道を拓く男。山田宏」(平成28年 光明思想社)

--------

■6月17日(日)

【新しい歴史教科書をつくる会千葉県支部講演会】

日時:平成30年6月17日(日)15:30~16:30
場所:海神公民館

  〒273-0021 船橋市海神6-3-36
 【電話】047(420)1001
 京成線「海神駅」下車徒歩1分

演題:「国連に行ってみてわかった~歴史戦最前線~
参加費:無料
講師:元衆議院議員(自由民主党所属)田沼隆志氏

 

主催:新しい歴史教科書をつくる会千葉県支部
連絡先:070-6941-1941 (愛甲)
講師紹介:

田沼隆志(たぬまたかし)。

●平成30年3月、国連欧州本部の人権理事会にて、NGOの一員として国益を守るためのスピーチを実施
●昭和50(1975)年 千葉市生まれ 千葉市在住 3児の父
●千葉市内公立校を経て、東京大学卒
●外資系経営コンサルティング会社 アクセンチュア勤務
●鹿児島県知覧の特攻記念館で実物の遺書に感銘、英霊に応えるべくゼロから政界入り
●千葉市議会議員2期、衆議院議員1期 現職時代は教育委員会改革や教科書採択正常化、歴史問題
 など、教育分野を中心に日本の名誉を守る活動に打ち込む
 現在再起を期して活動中
●一般社団法人にほん塾代表理事 「おやこで寺子屋」開催、子供に日本の基礎知識を講話している
●趣味は合唱 「合唱団からたち」団長 チバテレビ「カラオケ大賞21」出演、週チャンピオン獲得
●ホームページ・ブログ・ twitter・Facebookはネットで検索!

 

nihonkaigi-yachiyoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ