戦後体制の超克

「憲法改正」・「愛国教育」・「国体護持」・「日本第一」を軸に、様々な情報発信を行う提案型ブログです。


テーマ:

本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

「憲法改正」を祈念し、ランキングのクリックをお願いいたします。

 (政治部門'17/12/07:38位↑)
人気ブログランキング

 

<北朝鮮のドロボウ工作船>

 

 北朝鮮のドロボウ工作船が大量に日本海に漂着している問題ですが、海保の対応があまりにも生ぬるいと感じているのは、小生だけではないはずです。

 これがもし他国の場合であれば、問答無用で逮捕・監禁し、罰金を課し、船舶の破壊を行なうのが常識です。

 そうした毅然とした対応で有名になった方に、インドネシアのスシ海洋大臣がいます。

 

<インドネシア・スシ海洋大臣>

 

 彼女は、2014年の大臣就任以来、350隻以上もの違法操業の漁船(主にシナ漁船)を容赦なく爆破し、国民から喝采を浴びているのです。

 

<インドネシア・スシ海洋大臣>

 

<インドネシアで違法操業したシナ漁船>

 

<インドネシアで違法操業したシナ漁船>

 

<インドネシアで違法操業したシナ漁船>

 

<インドネシアで違法操業したシナ漁船>

 

<インドネシアで違法操業したシナ漁船>

 

<インドネシアで違法操業したシナ漁船>

 

 インドネシアばかりではありません。

 日本から見て、地球の裏側のエクアドルアルゼンチンでも同じような被害に対し、毅然とした対応をとっているのです。

 日本政府も、是非見習っていただきたいものです。

 

■エクアドルの場合

 以下、AFPニュースから引用します。

 

ガラパゴスで中国船籍漁船が密漁、乗組員らに禁錮刑 エクアドル

http://www.afpbb.com/articles/-/3140733?pid=19312121
【8月28日 AFP】エクアドルの裁判所は27日、ガラパゴス諸島(Galapagos Islands)海洋保護区で絶滅危惧種のサメなどを密漁した中国船籍の漁船の乗組員らに禁錮刑を言い渡した。

 中国船籍の漁船「福遠漁冷999(Fu Yuan Yu Leng 999)」は今月13日に保護区内で拿捕(だほ)された際、300トンの魚を積んでいた。うち約6000匹がサメで、その大半がシュモクザメやハチワレいった保護種だったという。

 裁判所は3日間に及んだ審理の最終日、環境関連法に違反した複数の罪で船長に禁錮4年、航海士3人に禁錮3年、その他の乗組員16人に禁錮1年をそれぞれ言い渡した上で、さらに損害賠償金590万ドル(約6億4000万円)をガラパゴス国立公園(Galapagos National Park)に対して支払うようを命じた。

 

 同国立公園のウォルター・ブストス(Walter Bustos)園長は今回の判決を受けて、「非常に強い憤りを感じていたが、画期的な判例が出たことで、被った損害はしっかり補償されるだろう」と述べた。(c)AFP
 


<拿捕(だほ)された中国漁船の船内から見つかった、冷凍された魚>


 

 

<拿捕(だほ)された中国漁船の船内から見つかった、冷凍された魚>

 

<拿捕(だほ)された中国漁船の船内から見つかった、冷凍された魚>

 

<拿捕(だほ)された中国船籍の漁船「福遠漁冷999」>

 

<拿捕(だほ)された中国船籍の漁船の乗組員>

 

<拿捕(だほ)された中国船籍の漁船の乗組員>

--------

 

■アルゼンチンの場合

 

https://twitter.com/yutakasuzuki3/status/930316003740762112
ゆーぼー‏ @yutakasuzuki3
アルゼンチンでは、沿岸警備隊が、密漁中国漁船を撃沈していましたよね。
中国漁船は凶暴ですから、あれぐらい痛めつけないと、身にしみないんですよ。

--------

人気ブログランキング

 

 エクアドルでも、アルゼンチンでも密漁していたのは、「北朝鮮のケツモチ国家」のシナの漁船でした。

 シナは、今世界中の海で違法操業を繰り返し、問題を起こしています。

 インドネシアエクアドルアルゼンチンも、国力ではシナに到底かないません。

 しかし、毅然として自国の領海を守るという意思を示しているのです。

 日本政府も、是非見習っていただきたのですが、実はある問題を抱えているのです。

 

 思い出して下さい。

 2012年、尖閣諸島で起きたシナ漁船と海保の船との衝突事件を。

 

 


 

<超法規的措置で釈放されるシナ人船長>

 

<衝突事件の犯人・●其雄(せんきゆう)※●は「擔」のつくりの部分>

 

 この時のシナ人船長・せん其雄は、軍人だと言われています。

 つまりシナは、漁と見せかけて各国の海上警備状況を監視しているのです。

 日本にやって来て窃盗事件を起こした北朝鮮籍の漁船も、朝鮮人軍籍の船だったことが分かっています。

 

<「朝鮮人民軍第854部隊」と記されていた北朝鮮の木造船>

 

 2010年の尖閣諸島の衝突事件の時は、悪夢の民主党政権でした。

 そして今、日本政府が毅然とした対応をとれない大きな原因の一つは、国土交通大臣が公明党出身者だからに他なりません。

 2001年1月の省庁再編で誕生した国土交通省の歴代大臣は、公明党出身者が約9年間も務めています。

 また、それ以外の3年3ヶ月間は旧民主党政権でしたから、ほぼ3分の2の期間を特亜礼賛政党出身の大臣が務めている計算になります。

 これでは、公明党創価学会が邪魔をして、北朝鮮のドロボウ工作船に対しても毅然とした対応をとれなくて当然です。

 

 そもそも、なぜ海保が国土交通省の管轄のままなのでしょうか?

 内閣府管轄の警察や公安と同じ位置付けの方が、実態に合っているのではないでしょうか?

 あるいは、昨今の危機的状況を考えれば、海上自衛隊に海上保安庁の任務をある程度移管した方がよいのではないでしょうか?

 

 いずれにしろ、現在の政府の組織体制が、平時のままであるのが問題なのです。
 もうそろそろ、緊急事態を想定した組織体制にしないと、手遅れになるかもしれません。

 

最後までお読みいただきまして有難うございます。

「憲法改正」を祈念し、ランキングのクリックをお願いします


人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(15)

nihonkaigi-yachiyoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。