戦後体制の超克

戦後体制の超克

「憲法改正」・「愛国教育」・「国体護持」・「日本第一」を軸に、様々な情報発信を行う提案型ブログです。

≪お断り≫
当ブログに掲載されている画像・文章・動画等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。
当該画像・文章・動画等は、あくまで批評・研究等のための引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
著作権法第32条において、報道・批評・研究目的の引用については保護されております。
NEW !
テーマ:

本日もご訪問いただきましてありがとうございます。
「憲法改正」を祈念し、ランキングのクリックをお願いいたします。

 (政治部門'19/04/20・・・28位→)
人気ブログランキング

 


■若者のパチンコ離れ

--------

■パチンコなどの遊技場の店舗数の推移

・平成10年 16,700店舗
・平成11年 16,400店舗
・平成12年 15,200店舗
・平成13年 15,600店舗
・平成14年 15,200店舗
・平成15年 14,800店舗
・平成16年 13,800店舗
・平成17年 13,100店舗
・平成18年 12,500店舗
・平成20年 11,800店舗
・平成21年 11,300店舗
・平成22年 11,500店舗
・平成23年 11,300店舗

 

 

 ギャンブル依存症の元凶=パチンコ。

 そのパチンコに対する規制が、さらに一段と強まりそうな話題です。

 以下、NHKニュースより引用します。

 


家族申告でパチンコ店入店制限など依存症対策基本計画決定
2019年4月19日 9時15分

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190419/k10011889011000.html



ギャンブル依存症の対策を強化するため、政府は家族からの申告によるパチンコ店への入店制限や、競馬場などで顔認証によって個人を特定する仕組みの導入など、事業者に検討を促すことを盛り込んだ基本計画を19日の閣議で決定しました。

カジノを含むIR=統合型リゾート施設を整備するための法律と合わせて、去年7月に成立したギャンブル依存症対策の法律に基づいて、政府は今後おおむね3年間の具体策を盛り込んだ基本計画を策定し、19日の閣議で決定しました。

それによりますと、パチンコへの過度の依存を防ぐため、家族からの申告があれば本人の同意がなくてもパチンコ店への入店を制限できるようにする取り組みを今年度中に導入するよう事業者に促すとしています。

また競馬場などに、顔認証によって個人を特定し入場を制限する「顔認証システム」の導入を検討するよう事業者に求めるとしています。

このほか、競馬の馬券などをインターネットで購入する際、あらかじめ上限額を設定できる仕組みを導入することや、公営ギャンブルの施設などからのATMの撤去を要請することも盛り込まれています。

ただ多くの規定が事業者への要請にとどまり罰則規定もないことから、政府にとっては実効性をいかに高めていくのかが課題となりそうです。

官房長官「徹底的な取り組みを」

菅官房長官は、閣議に先立って開かれた関係閣僚の会合で「ギャンブル依存性は本人や家族の日常生活に支障を生じさせ、多重債務や犯罪などの社会問題を生じさせる場合もあり、対策が喫緊の課題だ。基本計画に基づく取り組みを徹底的に講じ、ギャンブル依存性によって不幸な状況に陥る人をなくし、健全な社会を構築していきたい」と述べました。
--------

■菅官房長官




 

 

 以前、NHKの「クローズアップ現代」が「パチンコ依存症」問題について取り上げていました。

 この番組の中で、「パチンコ依存症」とは、「コルチゾール」という物質が引き起こす、一種の病気なのだと解説されています。

 

 

 

■パチンコ依存症


パチンコ依存症

↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓


「2年前まで もう気がおかしくなって

本当に死にたいって」
↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓

「私がパチンコをやめるまでに
使ったお金は2400万円ぐらい」

↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓

「苦しいからこそ また
行っちゃうんですよね」

--------

■パチンコ屋の開店前に行列するパチンカス(資料画像)

パチンコ行列
 

■パチンコに興じるパチンカス(資料画像)

パチンコ店内

 

 

人気ブログランキング

 

パチンコが・・・、

どれだけ日本人の人生を狂わせ、

どれだけパチンコ依存症の家族に迷惑をかけ、

どれだけ犯罪を誘発し、

どれだけ子供が駐車場で蒸し殺され、

どれだけ朝鮮半島に利益をもたらし、

どれだけ日本の国益を損ねて来たか・・・。

 

 これを機に、本当にパチンコは撲滅させなければなりません。

 しかしながら、たとえパチンコが撲滅されても、すでに我々はネットを使った新たな依存症のワナにはまっています。

 以下、その動画をご紹介します。

 


■動画:スマホ依存の真実-ドーパミンの恐怖

 


 今回、また一つの「パチンコ規制」が実現することは、喜ばしいことですが、未だに50名のパチンコ議員達をはじめ、政界、財界、マスコミ、警察など様々なところに「パチンコマネー」がばら撒かれ、規制強化の障害となっていることに変わりありません。
 以下、少し前の資料ですが、全国の選挙区を網羅するパチンコチェーンストア協会(PCSA)のパチンコ議員を晒します。

 


■パチンコチェーンストア協会(PCSA)
[政治分野アドバイザー議員一覧(合計50名)]
(2015年12月21日 現在)
 自民党  計24名
 民主党  計12名
 維新の党 計7名
 おおさか維新 計5名
 無所属  計2名

 <氏名> <党、衆参、選挙区>
 鳩山邦夫 (自民、衆、福岡)
 山本有二 (自民、衆、高知)
 野田聖子 (自民、衆、岐阜)
 木村太郎 (自民、衆、青森)
 岩屋毅  (自民、衆、大分)
 田中和徳 (自民、衆、神奈川)
 竹本直一 (自民、衆、大阪)
 原田義昭 (自民、衆、福岡)
 山本拓  (自民、衆、北陸信越)
 髙木毅  (自民、衆、福井)
 山口泰明 (自民、衆、埼玉)
 櫻田義孝(自民、衆、千葉)
 松島みどり(自民、衆、東京)
 左藤章  (自民、衆、大阪)
 西村明宏 (自民、衆、宮城)
 葉梨康弘 (自民、衆、茨城)
 御法川信英(自民、衆、秋田)
 武井俊輔 (自民、衆、宮崎)
 白石徹  (自民、衆、愛媛)
 神田憲次 (自民、衆、東海)
 鈴木隼人 (自民、衆、東京)
 伊達忠一 (自民、参、北海道)
 大家敏志 (自民、参、福岡)
 江島潔  (自民、参、山口)
 古川元久 (民主、衆、愛知)
 鈴木克昌 (民主、衆、東海)
 小宮山泰子(民主、衆、北関東)
 泉健太  (民主、衆、近畿)
 鷲尾英一郎(民主、衆、北陸信越)
 増子輝彦 (民主、参、福島)
 小川勝也 (民主、参、北海道)
 羽田雄一郎(民主、参、長野)
 安井美沙子(民主、参、愛知)
 小見山幸治(民主、参、岐阜)
 大野元裕 (民主、参、埼玉)
 鈴木貴子 (民主、衆、北海道)
 松野頼久 (維新、衆、九州)
 牧義夫  (維新、衆、東海)
 石関貴史 (維新、衆、北関東)
 今井雅人 (維新、衆、東海)
 太田和美 (維新、衆、南関東)
 木内孝胤 (維新、衆、東京)
 初鹿明博 (維新、衆、東京)
 馬場伸幸 (お維、衆、大阪)
 井上英孝 (お維、衆、大阪)
 浦野靖人 (お維、衆、近畿)
 遠藤敬  (お維、衆、大阪)
 清水貴之 (お維、衆、兵庫)
 小澤鋭仁 (無属、衆、近畿)
 浅尾慶一郞(無属、衆、神奈川)


 

 

 すでに故人になられた方や、議員を引退された方もいらっしゃいますが、事実として忘れないことが大切です。

 

 何かの依存症になった時、そこから抜け出せるかどうかは、最終的には自らの自制心にかかっています。
 パチンコは、本人だけでなく、家族や周囲の人々までも不幸にします。 
 そして、巡り巡って朝鮮半島の資金源となり、結果として日本の安全保障を危うくするのです。


最後までお読みいただきまして有難うございます。
「憲法改正」を祈念し、ランキングのクリックをお願いします。

 


人気ブログランキング

Ameba人気のブログ