日本の危機を日本人はきちんと自覚せよ! | はやぶさのブログ

はやぶさのブログ

最近目覚めた愛国者。美しい国日本を守りたい。
普段はマンガとアニメをこよなく愛する小市民。
星を愛し、太陽を愛し、月を愛し、山を雲を海を愛す。ゆっくり流れる雲に乗りたい。心優しい人を愛す。
当ブログの転載、紹介、リブログは全て自由とします。


テーマ:
こちらもどうぞ~
↓    ↓    ↓  

日本乗っ取りを計画実行中の反日罪日の野望を絶対に許すな!



禁断の地と世界


------------------------------------------


今、日本は反日同盟の特亜(シナ、下賤<下チョーセン>)によって内から外からと悪質かつ巧妙な嫌がらせ攻撃を毎日受けている。

米国内での売春婦像の建立
売春婦に対する謝罪と賠償
下賤共へ手出し口出しを禁ずる法の制定を準備かつ国連の名を騙った圧力
不良反日罪日チョーセン集団とアカい日本人集団、団体(日教組、日弁連、九条の会、ロシアやシナの息のかかる各反原発グループ、過激派各種、平和運動家を騙るアカイ有識者等)
売国奴以外の何物でもない各新聞紙、TV局、出版社

彼奴らが巧妙なのは、「人権」とか「差別」といった言葉を巧みに利用して自分たちを基本的人権を侵された被害者と位置づけする一方で、相手(普通の日本人)を絶対的悪と決めつけ、「レイシスト」とか「ヘイトスピーチ」なる憎むべき蔑称のレッテルを貼り付け激しく排除しようと活動する。この時、これらの名称は彼奴等にとって相手を糾弾且つ遣り込める強力な武器と化す。
似た例に米国で設置が続いている売春婦像がある。
ここで実に巧妙なのは、この像を方や自称「平和の像」として設置する際の方便として表面的には利用する一方で、裏では(というか実はこちらこそが彼奴等にとって本来の、そして最大の目的なのだが)日本人に対するレッテル=非人道的行為をした恥ずべき民族、人種として糾弾、告発、そして日本人を半永久的に非難し責め続ける為のヘイトシンボル(日本人差別の為の象徴)である点だ。


実に恐ろしい悪魔の悪知恵である。この像は、表では「平和」とか言いながら裏では日本人を半永久的に攻め続けると同時に日本人に対しての憎悪を未来永劫掻き立てる象徴、つまりヘイトシンボルとして特に朝鮮人が1000年経っても日本人を許さない証として存在し続けるという点である。(日本人にしてみればとんだでっち上げで事情を知らない米国人からも誤解を受け続ける苦痛を味わされる訳だ)
そして、シナチョーセン同盟は日本を罵倒し糾弾する手段として最大限利用していく事だろう。

これは、図々しくも日本国内に設置された日本の首相伊藤博文公を殺害した殺人テロリスト安重根を「義士」として祭り上げて設置された碑文(表上はもちろん平和とかなんとか抜かしている)も同様である。
一国の首相を殺したテロリストを称える碑をその当事国に設置するなど聞いた事がない。
まさしく日本と日本人にとってこの上ない国辱である。
それを平然と図々しくやってのける朝鮮人の神経には常軌を逸した狂人のそれを感じる。



伊藤博文公を殺害するテロリスト安重根


●無量寺住所 〒849-0911 佐賀県佐賀市兵庫町大字若宮若宮1970-2 
TEL 0952-98-2911 
にある国賊テロリスト安重根の石碑(しっかり【義士】の文字も)






在特会 4.10 桜井会長がテロリスト安重根の石碑を建てた無量寺に抗議






宮城県栗駒市若柳の大林寺には、日本初代の首相伊藤博文を暗殺したテロリスト「安重根」の記念碑があります。




コウモリBBAは宗主国シナにも設置の協力を要請


ここで本日(2014.9.1)の産経新聞朝刊に掲載された櫻井よしこ氏の記事を載せるので是非読んで欲しい。


【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】
潰すべきは「河野談話」

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140901/plc14090103190005-n1.htm

 米国サンフランシスコの中華街に新たな慰安婦像を設立する準備が進行中だ。中国系団体「世界抗日戦争史実維護連合会」による初の像設立は米国での対日歴史戦で中国が前面に躍り出たことを意味する。8月29日、国連人種差別撤廃委員会が最終見解を発表、元慰安婦と家族に謝罪と十分な補償、日本の責任者の法的責任追及を求めた。これからも私たちは中韓のいやな動きに直面するだろう。

 「朝日新聞」の慰安婦強制連行という世紀の大嘘が判明しても、国際社会の対日認識はすでに異次元に飛び、不気味な進化を続ける。その元凶は、一にも二にも河野談話にある。河野談話の取り消しなくしてぬれぎぬは晴らせない。潰すべき本丸は河野談話なのである。

 談話取り消しに躊躇(ちゅうちょ)する人々は以下のような実態に耐えられるのか。1996(平成8)年、国連人権委員会のクマラスワミ報河野談話を引用し慰安婦問題を「日本軍の性奴隷制度」と断じ、吉田清治証言も引用して国際社会を対日憤怒に駆り立てた。


 同報告書にはこんな記述がある。「連行された村の少女たちは非常に若く、大半が14歳から18歳だった」「1日60人から70人の相手をさせた」、朝鮮人の少女が抗議すると「中隊長ヤマモト」が命令し「彼女を裸にし手足を縛り、釘(くぎ)の突き出た板の上で、釘が彼女の血や肉片で覆われるまで転がし、最後に彼女の首を切り落とした」。これは元慰安婦チョン・オクスン氏の証言だが、彼女はもう一人の「ヤマモト」もこう言ったと主張する。

「お前ら全員を殺すのは、犬を殺すより簡単だ」「朝鮮人女が泣いているのは食べていないからだ。この人間の肉を煮て食わせてやれ」

 性病の拡散防止のため「殺菌消毒」として「少女の局部に熱した鉄の棒を突っ込んだ」「少女の半数以上が殺害された」とも語っている。

 こんな証言は日本人は誰も信じない。古来、日本人はどんな罪人にもこれほど野蛮な責め苦を与えたことはない。しかし、これは同報告の一部にすぎず、同報告は英語で展開される世界の対日非難の序章にすぎない。

 同報告から2年後、国連人権委員会のマクドゥーガル氏の「現代的形態の奴隷制」最終報告書が出された。A4で18ページの報告は慰安所を「レイプ・センター」と定義、「奴隷にされた女性たちの多くは11歳から20歳」「多くは子供だった」「毎日強制的にレイプ」「厳しい肉体的虐待」「生き延びた女性はわずか25%」と明記し、「日本軍の行為」を「人道に対する罪」だと断じている。

 同報告は日本の責任者を訴追すべきで国連人権高等弁務官が乗り出し、他国も協力し、訴追の立法化を進めよと勧告しているのである。

 マクドゥーガル報告書も河野談話を重視する。談話で日本政府は慰安所設立に深く関与したと認めているにもかかわらず、日本政府は責任を否定し続けていると、告発しているのだ。朝日が強力に支えた河野談話を確固たるよりどころとして、国際社会の認識が極限まで悪化しているのである。
だからこそ中国も韓国も、決して日本の河野談話否定を許さない。両国はアメリカを舞台にした対日歴史戦で手を組み陰謀を深化、かつ加速させた。彼らは成功し、2007(平成19)年には米下院が河野談話を引用して対日非難決議を採択した。オランダ、カナダ、EUなども続いた。中韓両国の高笑いが聞こえるではないか。その高笑いに対して日本は闘わないのか。

 今年8月中旬にも、ワシントンで保守系シンクタンク主催の2つのシンポジウムが開かれ、韓国の元政府要人や現役の駐米大使が基調演説で激しく日本を批判した。

 一方、日本政府を代表する人物は駐米日本大使を含めて誰ひとり出席しなかった。恐るべき日本外交の怠慢の中で、日本政府の河野談話検証が日韓関係の阻害要因だとして非難されたのだ。主催者の保守的シンクタンク、ヘリテージ財団の上級研究員でさえ、「日本軍による女性の強制連行は事実」と主張し、韓国の主張に足並みをそろえるありさまだ。

 河野談話という日本政府の正式談話を取り消さない限り、「日本政府が認めている」として、逆に日本は永久に責められ続けるのがオチである。それでも我慢せよと言うのか。
今、私たちは、日本の不名誉を晴らすための情報発信に幾周回もの遅れを承知で本腰を入れなければならない。10年20年単位の時間をかけ、国家の重大責務として歴史の事実を広め、究極的に河野談話を粉々に打ち砕くのだ。

 その大仕事を、長年結果を出すどころか最悪の事態を招いた外務省に任せるわけにはいかない。短期決戦では決して達成できない仕事だからこそ、有為の人材を集め、外務省とは別個に恒久的な情報発信組織を打ち立てることが重要だ。その組織の喫緊の課題は事実を世界に拡散徹底することで、歴史戦争に正統的勝利をおさめることとし、中韓両国の汚い捏造(ねつぞう)に、熱い心と王道で闘うのだ。

 日本を不必要に飾る必要はない。国際社会が事実関係を通して公正な目で日本を見ることを可能にする情報発信に努めるのだ。朝日批判で満足することなく、河野談話取り消しを目指してまた、一歩踏み出す時なのである。

 日本の示す事実に国際社会は激情にかられた反発をするかもしれない。けれど、事実程強いものはない。冷静に着実に、事実を広げていくことに徹したい。



ここまででも、相当頭に来て血圧上昇中なのだが、さらに火に油を注ぐ案件がある。
それは今現在も反日罪日チョーセン族は、日本乗っ取り、日本支配を計画進行中なのだという事。

詳しくは当ブログの兄弟ブログに載せたので、そちらを読んで欲しいが、
この記事は実は当ブログの過去記事からの引用もある。
       ↓    ↓    ↓  

2012年10月25日(木) 

今回これを使って新たに書いた記事はこちら。
       ↓    ↓    ↓  


日本乗っ取りを計画実行中の反日罪日の野望を絶対に許すな!


2014年09月01日


その中からミンス政権誕生で熱くなった罪日が本音を述べてる部分をみてみよう。


1. ある在日の告白(2010年)

54 :可愛い奥様 :2012/10/20(土) 22:34:31.54 ID:JveWtjFU0 
49 名前: 死(略) ◆CtG./SISYA 投稿日: 2010/12/28(火) 18:47:42 ID:sP+sh5J10 
投稿者不明
<ある在日の告白> 

『今や創価学会や統一協会など宗教界や年間30兆円のパチンコ業界・消費者金融業界・風俗業界・ラブホテル業界を在日は掌握したよ。全国の駅前も在日が握っている。宗教やパチンコで儲けた金で、駅前の一等地を買い制覇するつもり。

外国人参政権も達成する為、工作しているよ。日教組の上層部は我々在日が制覇して、日本人の子供には我々の歴史観を徹底的に教育する。日本海の名前も東海に変える。靖国も徹底的に叩く。日本の永住権取得も緩和させ、移民を多く受け入れアホな日本人は30%ぐらいにする。

反対するなら「差別!差別!」と騒ぐ。今の時代は戦争で侵略するような時代じゃないんだよ。我々はあくまで合法的に日本を侵略してるんだ(笑)芸能界もほとんどが在日プロダクションだし、新人なんか体売るか、創価に入信しないと仕事は与えない。

2. 「これからは我々在日コリアンの時代」 岸和田市民掲示板より(2005年)

65 :可愛い奥様 :2012/10/20(土) 22:56:16.96 ID:4KR+oKoK0 
タイトル 「これからは我々在日コリアンの時代」  岸和田市民掲示板より 
投稿者 朴寿達  投稿日 05/06/30 午後 9:49:00

可決されましたか。いやめでたい。 日本支配開始の一歩です。

我々は日本への帰化など望んでいません。日本の兄の国である韓国国民としてのプライドと誇りがありますからね。民団総連日本の市民団体の方々とともに手を組んで我々寄りの議員をどんどん送り込んでいきますよ。 

当然我々寄り議員は韓国にメリットの大きい条例や法案を作ってくれるでしょう。60万在日のパワーを見せつけてやります。
コリアン特区コリアン自治区を日本全国に広げます。そして日本をのっとります。 

マスコミは我々が大勢でちょっと大きな声をだしてやるだけですぐに動きますからね。 この条例成立がそれを証明しているでしょ? 

あとは日本中の在日コリアンコリア系日本人を総動員し日本中の都市街で投票条例を得る。公務員にもなる。 最後は参政権【日本の主権】を手中に収めます。住民票を移したり引っ越しだってやりますよ。対馬にだって後ろには民主党 ,公明党がついてます。 独島も実質的に我らのものになっていますし強制連行や従軍慰安婦も事実として認められました。 
今からこれからですよ。対馬も韓国のものになるでしょう。広島・静岡の首長は帰化した同胞。 もう日本による歴史歪曲や妄言や差別はたくさん。これからの日本の主人は我々コリアンです。 

どうせあなたたちは何も出来やしない。パチンコ・携帯電話 で我々に貢ぐだけ。 デモの1つもできない。結婚も出来ない。 我々は日本人の主人として日本を変えていく。あとは我々に任せてあなたたちは消えなさい。 民主党 はわれわれの党。



3. 在日韓国人の魯漢圭が民団の新聞に書いた内容(2009年)

民団、地方参政権上程11年、もう待てぬ。共生社会実現のために、われわれは必ず勝つ。勝たなければならない。
在日韓国人、魯漢圭(広島市) 

地方参政権があれば、実質日本国内に在日の独立国を建国することが可能。半島からのニューカマーを、引き入れて日本人を追い出せば誰も、手出しできない。治外法権の在日独立国家を完成させることができる。

まずはカナダのケベック州の様な、特別州を作り出すのが在日の当面の目標で、そのための今最も力を入れてるのが、地方参政権獲得闘争の完全勝利。 それは確実に実現へと近づいている。在日の地方参政権獲得で表社会を制圧。 既に裏社会は殆ど支配下に置き、その暴力と経済力を背景に日本の政官財界を侵略する。

60万在日の経済力は日本経済の2割に相当し、それは実に韓国の経済力の2倍という凄まじい物だ。 

経済力に加え、地方参政権によって政治力も手に入れ。やがては軍事力も手にした日には完全に日本から独立した。世界で最も豊かな国家を手に入れることが出来る。もはや完全に在日の奴隷状態の日本人には、在日国家の軍門に下って貰うことになる。

こうして、在日朝鮮民族はアジアの頂点に立つことが可能となり、半島と日本を実質支配する。アジアでもっとも強固な支配階層、特権階級となるだろう。




そしてそれを告発した本がこれ。
現在日本中の自治体が名前を変えた【外国人地方参政権】を推進している。





以下続く ・・・ http://hayabusa3.doorblog.jp/archives/40607610.html



日本乗っ取りはまず地方から!恐るべき自治基本条例! (SEIRINDO BOOKS)/青林堂
¥1,000
Amazon.co.jp



日本乗っ取りはまず地方から! 恐るべき自治基本条例!/青林堂ビジュアル
¥価格不明
Amazon.co.jp

はやぶささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス