AERA dot.さんより

 

 

12/2(月) 17:00配信

 

「猫のブリーダーの皆さまにはたいへんお世話になっております。本日は、猫の効率の良い繁殖をテーマに話をさせていただきます。犬の繁殖とは大きく異なりますので、よくお聞きください」

 

16年初夏、ある大手ペットショップチェーンが都内で開催した繁殖業者向けのシンポジウムを取材した。講師を務めた同社所属の獣医師は、繁殖業者らにそう語りかけた。

 

「普通の蛍光灯で大丈夫です。長時間にわたって猫に光があたるよう飼育していただきたい。光のコントロールが非常に大切です。ぜひ、照明を1日12時間以上としていただきたいと思います。そうすれば1年を通じて繁殖するようになります。年に3回は出産させられます」
実は猫は「増産」が容易な動物なのだ・・・・

 

 

記事は飛んでお読みください。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00000054-sasahi-soci&p=1

 

 

 

関連記事

【動画】クリスマスにペットを買わないで(2019年) Evaさんより