ニューズウィーク日本版より

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191128-00010010-newsweek-int&p=1

 

 

11/28(木) 18:04配信

ドナルド・トランプ米大統領が11月25日、動物虐待を連邦犯罪とする法案に署名したことを受けて、女優のミア・ファローが改めて、トランプとその長男ドン、次男エリックを攻撃した。



ファローは26日、ドンとエリックが2010年に狩猟目的でジンバブエに旅行した際、自ら撃ち殺したヒョウの死骸と一緒に撮影した写真をネットに投稿。「ドナルド・トランプ大統領、動物虐待は今や犯罪なのだと自分の息子に教えてあげなさい」という言葉を添えてツイッターに投稿した。

 

25日にトランプの署名を受けて発効したのは、動物虐待・拷問防止法(PACT)。この法律の下、動物に対する虐待(動物を窒息させる、焼く、潰す、溺れさせるなどの行為)で有罪評決を受けると、最大7年の禁錮刑となる可能性がある。動物虐待を取り締まる法律は既に各州で制定されているが、その内容にはばらつきがあった。

「文明社会において、動物虐待という凶悪かつ残忍な行為はまったく容認できない」――トランプは法案に署名する際こう述べた。

<スポンサーも降りる騒ぎに>

だがファローのツイートがほのめかす内容とは異なり、今回成立した法律は狩猟を取り締まるものではない。PACT法は「狩猟、罠を使っての捕獲、釣り、連邦法で禁じられていない娯楽目的の捕獲、駆除」や「食肉用の屠殺」については適用の対象外としている。

 

トランプの息子たちがジンバブエで娯楽目的の狩猟を行った際の写真が最初に出回ったのは2012年。今回ファローが投稿した写真のほかに、ドンが片手にゾウの尻尾を、もう片手にナイフを持ってポーズを取った写真や、ドンとエリックが木に吊り下げたワニの両側に立っている写真などがあった。

一連の写真は激しい反発を招き、当時NBCで放送されていたトランプのリアリティー番組『セレブリティー・アプレンティス』のスポンサーのうち、少なくとも1社が降板した。

当時ドンはツイッター上の批判の声に対して、悪びれた様子もなくこう答えていた。「過激な動物愛護主義者に嫌われたからって、逃げも隠れもするつもりはない」

別のツイートには、こうも書いていた。「出回っている写真は僕が進んで提供したものではないが、恥じてもいない。僕はゲームとして狩猟をして、仕留めた獲物を食べる」

 

 
<「無駄死にではない」?>

ドンはさらに別のツイートで、どの動物も無駄に殺した訳ではないと主張。地元の村人たちは「普段はなかなか食べられない肉が食べられて、とても喜んでいた」と書いた。

当時、トランプはウェブ雑誌TMZにこう語っていた。「息子たちは狩猟が大好きで、ハンターとしての腕もいい。私は狩猟を積極的に支持はしていないし、息子たちが狩猟好きだと知って驚いた」

「彼らがしたことは、狩猟が一般的に行われているコミュニティーにおいては100%問題ない行為だ」

ファローがトランプの息子たちと「戦利品」のヒョウの写真をツイッターに投稿したのは、今回が初めてではない。彼女は2015年にも同じ写真を投稿し、こう書き添えていた。

「何をどう間違えたら、トランプの息子たちはこんなに美しい生き物を殺せるのだろうか」

 

 

トゥファエル・アフメド

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

動物虐待防止策を強化 アメリカで連邦法が発効

 

 

 

★遊びでこれ以上、無駄な殺生をすることは廃止したほうが良いと思う。

銃規制もしたほうがいいですね。

誰がスポーツハンティングなんて呼び始めたのでしょう。

この話題が出てくるとは思っていましたが、早かったですね・・・汗