虫ケア用品で「猫に異変」ツイートが拡散 メーカー「副作用の範囲内の可能性」と説明も、確認のため調査へ  

(※ご利用のお客様へアンケートのお願いをされています)

 

2018/11/ 2 17:00 

 

J-CASTニュースより

https://www.j-cast.com/2018/11/02342807.html?p=all

 

 

 

  ペット用品の開発・販売を手がける「アース・ペット」(本社・東京都港区)が販売する「薬用アース サンスポット猫用」について、使用したあとの猫に「異変」が起きたというツイートやアマゾンレビューが、ネット上で拡散している。

   ノミ・マダニ・蚊から猫を守るための動物用医薬部外品で、皮膚に滴下して使う。J-CASTニュース編集部は、猫の異常を訴えているツイッターユーザーに話を聞き、メーカーに見解を確認した。

  • 「薬用アース サンスポット猫用」(アース・ペットのサイトより)
    「薬用アース サンスポット猫用」(アース・ペットのサイトより)
  • アマゾンに寄せられたレビューの一部(アマゾンのサイトより)
    アマゾンに寄せられたレビューの一部(アマゾンのサイトより)
  • 「薬用アースサンスポット猫用」(3本入り)パッケージ裏(2018年10月撮影)
    「薬用アースサンスポット猫用」(3本入り)パッケージ裏(2018年10月撮影)
  • 中には商品と取扱説明書(裏表1枚)(2018年10月撮影)
    中には商品と取扱説明書(裏表1枚)(2018年10月撮影)
  • 取扱説明書の裏面(2018年10月撮影)
    取扱説明書の裏面(2018年10月撮影)
 
「薬用アース サンスポット猫用」(アース・ペットのサイトより)
 

 

 

 

 

 

「薬を塗った部分がかぶれ...」

   あるツイッターユーザー(仮名:Aさん)が2018年8月27日、「薬用アース サンスポット猫用」を自宅で飼っている猫に使用したところ、5時間以上動き回ったり、呼吸が早まり鼻がぴくぴくしたりするなどの異変が見られたと報告し、注意を呼び掛けた。

   Aさんのこの投稿は10月25日ごろに急激に拡散され、31日18時時点で6万8000件超、リツイートされている。リプライ(返信)欄では、同じく商品を使用したというユーザーから、猫に現れた「異変」が続々と報告されている。

   J-CASTニュースは猫の異変を訴えた複数のユーザーにコンタクトをとった。朝に使用し、昼に異変に気付いたというBさんは、

「耳がずっとぴこぴこ動く、身体をピクピク動かす、落ち着かない、部屋のあちこちに移動する。薬を塗った部分を執拗に舐めようとする。翌日には薬を塗った部分がかぶれ、赤くなっていました」

と話す。その後、獣医に見せたというBさんは、「シャンプーして薬を流したい、薬だから浸透してしまうので落ち着くのに時間がかかるかもしれない」と医師に言われたという。

   また、Cさんは、首元が白く禿げてしまったという黒猫の写真を公開した。商品を使用した次の日には滴下した部分をとても痒がっていたといい、

「日に日に身体が痒いらしく(滴下した箇所が特に痒いようでした)毎日気になって様子を見ていましたら、滴下した部分が少しずつ禿げ始め、1か月過ぎた頃には白く禿げてしまいました」

と話した。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

アース・ペット株式会社さん

https://earth-pet.co.jp/

でアンケート調査を実施されています。

ご利用された方は以下、ご協力を。

2018.11.02

「アースサンスポット」(猫用)をご愛用のお客様へ アンケートへのご協力のお願い

https://earth-pet.co.jp/wp-content/uploads/2018/11/20181102.pdf

 

 

 

 

関連記事

ノミ取り首輪の悲劇  みなしご救援隊さんブログより