クロセアモースvsビスマルク | ミュルグレス赤日記 〜蛹から蝶へ〜

ミュルグレス赤日記 〜蛹から蝶へ〜

ff11の赤魔の活動を綴ります。


テーマ:

アンバスの武器最終強化に、パルス武具が必要となりましたね。

 
メインは二つパルス武器があったので、弓と短剣を最終強化いたしました。
 
メイン赤は、クロセアモース(メイン武器)、トーレット(サブ)にして、早速オーメンツミに行って参りました。
 
魔防が高くない相手には、サンギンブレードで2万超えのダメージがでるようになりました。
 
二垢にもパルス武器を取らせたくて、空いてそうで、二垢も参加できるVWを探した所、ビビキー湾のビスマルクが候補にあがりました。
 
そうです。固くて時間がかかることで有名なクジラさんです。
 
メイン赤、二垢風水にして、ビビキー湾に向かいました。
 
結論から申し上げます。イドリスのマレーズ支援はあったものの、サンギンブレードで約2万のダメージをビスマルク相手に叩き出しました!(マレーズなしだと約1万でてました。)
 
フラズルもいれれば、エンストーン1もきっちり968出ておりました。
 
固くて有名なビスマルクも、サンギンブレードとジオマレーズの組み合わせで、瞬殺とはいきませんが、かなり早いペースで倒せました。
 
弱体アイテムを使えばもっとはやくなるのでしょうね。
 
他にもっと柔らかい相手もおりますが、一戦五分もかかるかかからないかなので、しばらくビスマルク相手にパルス管やパルス武器がでないか粘ってみるつもりです。
 
追記
ブログの文章がだいぶ増えてきましたので、下位分類から記事を見られるよう構成を変えました。またこれに伴い、二月のヴァージョンアップで強化された部分に関わる記事(「赤の五大剣」など)に加筆修正を、いくつかの箇所で行いました。

二宮倫子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ