ユニバーサルJ
若いながらも歴史あり 96.3.2@新宿LIQUID ROOM


フィッシュマンズのライブに行ってきました。


フィッシュマンズは

ボーカルの佐藤さんが亡くなってしまい


亡くなるまでの約4年間の間、

都内であるライブはすべて行っていたのに

もうそれに行けなくなったというだけで

たいへん痛い思いをし続け・・・

そしてなにより

「新しいCDがでると発売日に買いに行くという音楽」

がなくなっただけでそれはそれは痛い。


そんなフィッシュマンズが

いろんな人をボーカルに迎えてライブを。

本当に何年ぶりかなのでした。


山崎まさよし

UA

ハナレグミ (永積タカシ)
原田郁子 (クラムボン)

蔡忠浩 (bonobos)

pocopen (さかな)、
Pod (modern dog)

ASA-CHANG


UAは

フィッシュマンズと同じイベントで見たことあるし

ずっとフィッシュマンズ好きって言ってたのもあるから

やはり想いがこもってて

「頼りない天使」

なんかでは泣きそうになりました。


山崎まさよしは

どうしてフィッシュマンズに?

ってすごく疑問だったんですが

「ロングシーズン」をうたいました。

でもよかった。

っていうか「ロングシーズン」マジでヤバやばかった。



演奏している人たちは

あの頃とみんな同じで

何も変わってないように見えるけど

やはりうたうひとの声もうたいかたも違うわけで


今ではもうCDでしか聴けない曲を

生で聴けるのはそれはそれは幸せなことだったけど


ボーカルへの思い入れが強すぎて

頭の中では

あの佐藤さんの声が聞こえてました。


それでもやはり

フィッシュマンズをまた見たいので

またライブやってほしいです。


たまに、とかではなくて

もっとフツーにたくさん。


ライブはいいな~。