上海 若者たち

テーマ:

旅行では

上海の若者たちと遊んだのですが

彼らは24歳くらいでした。


みんなメガネをかけていて

しかもそのメガネは

日本で流行っているような

メガネ男子がかけるようなメガネでした。

服装も日本でそういう男子が着ていそうな服だったし。


それでみんな株をやっていて儲けていました。


大卒でも月収が4万円くらいなのに

短期間で100万円くらいとか儲けられるらしいです。


だから普通に働くのがバカらしくなって

年齢を問わず多くの人が

仕事をやめて家で株をしているそうです。。。あせる



そして連れて行ってもらった中で

一番おもしろかったところが

日本でいうキャバクラ風なバーでした。


hootersという

アメリカなどでは有名らしいバーです。


チャージとかをとられるわけではなく

飲み物の料金が

他のお店の10倍くらいするらしくて

中国の人は滅多に行けないらしいので

外国人ばかりでした。



びーる

飲み物の料金は

日本の居酒屋と同じくらいで

生ビール中ジョッキで450円くらい。


たしかに街中で飲んだりしたら

ビールが50円くらいなので

高いですよね。


でもそこのバーで働く女の子が

すごかったです!

ピタピタのタンクトップに

おしりが出そうなくらいの短いパンツ。


そして全員英語が話せて

全員すっごーくかわいくて美人で若い!


一人で来ている男性には

二人くらいつきっきりで話かけたり


灰皿はタバコ2本で交換しに来てくれる。



こーすたー


コースター代わりに紙のナプキンに

自分の名前(ハート入り)を書いて

持ってきてくれたり


帰りのレシートにも名前と一言が書いてありました。



だんす


1時間に一回

全員で音楽に合わせてダンスをしたり

お客さんが入ってきたら

全員で「welcome~」と言います。


気に入った子をよんで

写真を撮ったり話もできます。

指名制ではないですが。



g


私が一番気に入った女の子の写真です。

本当にかわいかった~ラブラブ

ほぼ全員の女の子がこのレベルでした。


でも残念ながら彼女たちは

どんなに若くて顔がいい男性でも

お金がなければ絶対におつきあいしないそうで。


どんなにハゲていて太っていて年をとっていても

とにかくお金があればみんな結婚するんですって。


「俺たちみたいな若者は相手にもされないんだよ」

と言っていました。


若い男性でも

マンションを持っていないと

話にもならないそうです。

マンションを買うまで結婚もできないらしいです。


でもマンションは2500万円以上するらしく

大卒でも月収4万円くらいの彼らには

なかなか買えません。

ローンを組んでも金利が高すぎて

ローンで買うのも難しいそうです。


そして政府の力が強かった親世代はみんな

若者よりもお金を持っていないので

親に頼ることはできず

大学も自力で行ったりするそうです。



だからなのか

上海の男性は

女性に対して優しくて親切でした。



d

お酒を飲んだ後には

これを飲んだほうがいいと言って

買ってくれました。


「紅牛」

すごい名前ですがリポビタンDみたいなものでした。

味もリポDを甘くしたかんじ。


「味全」

これは牛乳でした。




上海にも地元の友達が何人かできて

いつも行く南国みたいなかんじで

ローカルなところへ行けたりするので

これから上海も流行りそうです飛行機



AD

上海 ホテル

テーマ:

上海で宿泊したホテルは

「インターコンチネンタル上海」



heya


広くて夜景もきれいでした。



おふろ


お風呂はちゃんと

シャワーブースとバスタブにわかれていました。


場所が割と閑静なところにあったので

遊びに行くにはタクシーを使ったり地下鉄に乗ったり。



ちか


地下鉄は日本と同じようなかんじで

自動改札で中もとてもきれい。


タクシーは初乗り170円くらい。


バスにも乗りましたが

環境を考えて

すべて電気で走らせている

というところが驚きました。


バスの中にはテレビがついていて

椅子がギンガムチェックでかわいかったですラブラブ

AD

上海 料理

テーマ:

上海から帰ってきました。


紹介していただいた上海の方に

無事にお会いすることができて

地元の人が行く

おいしいレストランなどに連れて行ってもらったり

地元の友人たちと遊んだりして

本当に楽しかったです。


結局二日連続で朝まで飲んでましたショック!



かに
上海といえば蟹

まだ旬の時期ではないけど

カニミソたっぷりでおいしかったです。



k
これは・・・

鶏肉みたいでおいしかったこれは



かえる
なんとこのカエル!!!


「これだけは絶対に食べれない」

と言ったんですが

「見た目は悪いけどすごくおいしいよ!」

と言われおそるおそる食べましたが

たしかにおいしかったです。


カエルと知らなければ心からおいしいと思えましたが

調理前を見てしまったので

おいしいけど微妙でした。



とうふ
マーボー豆腐

上海料理は甘いと聞いていましたが

マーボー豆腐も甘かったです。



びーる
キリンビール


ほとんど青島ビールを飲んでましたが

キリンもありました。


中国のビールはとにかくうすい!

バドワイザーよりもうすいです。

そのぶん、水みたいで何杯も飲んでしまう。。。


街で飲むと1本50円くらいという安さ!

ツアーで行ったお店はどこでも

1本450円くらいだったので

10倍もとられていました。


らんち
朝食兼ランチ

上海の人が朝食やランチでよく行くというお店。

海老ワンタン、マーボー豆腐のスープ、

小籠包、揚げパン、豆乳

全部で100円くらい!

しかもかなりのおいしさ。



あひる
アヒルの舌

アヒルのあごと舌です!

これがまたとてもおいしくて。

ビールがすすみました。


他にも、「アヒルの首」

のみを売っているお店があって

買ってもらって食べたんですが

これがまたとてもおいしかったです。


ちょっとスパイスがきいていて

ビールにとてもよく合うので

日本でも食べたいくらいでした。



上海料理は

とにかく安くておいしくてお酒もおいしくて。


いつも行く南国 では

おつまみがなくてしかもホテルで飲む以外は

ビールしか飲むものがないくらいなんですが


上海は紹興酒があります!!!

紹興酒写真とり忘れましたが

ウイスキーみたいな瓶に入って

どこでも売ってます。

しかもおいしい!

おいしい中華を食べながら

ビールも紹興酒もおいしいだなんて。。。


またすぐにでも行きたいくらい気に入りましたラブラブ!




AD

蘇州・上海

テーマ:


DVC00116_M.JPG
ラーメンと餃子

二日酔い気味のお昼に

また一人ラーメンだったんですが

餃子までガッツリと食べてしまいました・・・





今度の連休は

またまた母親と二人で

蘇州と上海に行ってきます飛行機


蘇州は上海から車で1時間くらい?のところにあるらしいです。


フランス旅行

英語が通じないと

食べたいものも食べれない

といことにすっかり懲りた母親が

上海でも英語があまり通じないと聞いたので

食事もぜーんぶ付くプランを申し込んできました。


ツアーの夕食とかって

いかにも観光客用のレストランに連れて行かれるイメージで

地元の人が行くようなところでご飯を食べたい私としては

かなり不満だったのですが


3泊だけど実質中2日みたいなものだし

近いからまあいいか、と思ったんですが


なんと!最近、仕事で

偶然にも上海出身・日本在住の人と知り合いになったんです。


仕事の後に一緒に飲んだりして仲良くなったので

上海に住んでいる英語が話せる友人を紹介してもらいました!


そしてメッセンジャーでその上海の方と何度か話して

地元の人が行くようなレストランとかバーを

案内していただけることになりました音譜


これだったらツアーの夕食とかいらなかったなー

と思います。


上海出身の人が言うには

上海は今、本当に東京みたいに栄えていて活気があって

とてもおもしろいらしいです。


でもワインは偽者が多く入っているから

飲まないほうがいいと

言ってました(笑)


上海の人には紹興酒が飲みたい!

と伝えてあるので

おいしい紹興酒を飲んでこようと思いますラブラブ


もつ鍋 マルヨネ本店

テーマ:

またまた飽きずに

もつ鍋をお取り寄せしました。


今回は

もつ鍋屋さんのものではなく

お肉屋さんのもつ鍋です。



特選黒毛和牛のモツ鍋セット送料・税込み 2,980円


もつが500グラムも入っていて

送料込みなのでかなりお得と思います。


だいたいはもつは250グラムくらいで

ちょっともの足りないかんじがするので・・・あせる




DVC00120_M.JPG


ほんとうにもつがたくさん!

一個のもつがかなり大きめだったので

三等分して入れました。


もつ焼き用に独自のタレと

おまけで焼豚までついていて

しかも手書きでお礼が書いてありましたラブラブ!



ちょっと残念なのがスープ。


もつ鍋屋さんで注文すると

独自のスープがついてきますが

今回は市販のスープでした。



DVC00118_M.JPG



もつが本当においしかったです。

今まで食べたもつの中で一番でした。


ぷるぷるで甘みがあるのに

なぜかすごくあっさりしているんです。


さすがお肉屋さんのもつですね。


でもスープがやはり物足りなくて・・・。

にんにくを加えたりしてみました。



今のところ

もつはこの マルヨネ本店 が一番。

スープは もつ鍋 蟻月  が一番。




黒毛和牛コテッチャン300g


もつだけの単品販売もしているようなので

蟻月と同じ日に着くように注文して

そのスープに入れて食べようかなとも思います。



それともつがたくさんあったので

もつ焼きにもしました!

これもすごくおいしい。


焼豚もとってもおいしかったですラブ



ここのもつは本当にオススメです。

コメント

テーマ:


DVC00062_M.JPG
モスバーガー

ロースカツバーガー

引越した家からも実家からも

モスバーガーが近いので

かなりの頻度で食べてしまいます・・

いつもはモスバーガーかモスチーズなんですが

たまにロースカツかテリヤキを。





かなり前からなんですが

コメントのお返事や

読者登録してくださった方へのご挨拶などが

遅くなってしまっていて

本当にすみませんあせる


少しずつですが

必ずお返事させていただきますので

どうぞよろしくお願い致しますマイメロ


SATC


ずっと前から

いつもの友達たちが


セックス・アンド・ザ・シティ

ってまさにあたしたちみたいな話ばかりして

本当におもしろいよ!」


と言っていたんですが

ついに今頃になって

レンタルビデオ屋さんに通いながら

見終わりました!


そしてあまりにもはまったので

DVDを全巻買おうかと思ったのですが


コンプリートボックス

として限定で売られているのは

どこを見てもすべて売り切れで

単品で集めようかと考えていたら


10月26日に限定3000セットでまた発売になるらしいのです!


セックス・アンド・ザ・シティ シューボックス Ver.2.0 コンプリート・シリーズ

20~26パーセントオフになっているし

これから予約しようと思ってます。


それとも10月が誕生日なので

誕生日プレゼントに・・・(誰から?)

なんて。




全巻そろえて何度も見返したいくらいに

本当にはまりました。


私たちが会ったことのある

「男をダメと思ったとき」

のパターンがすべて網羅されているし

いつも飲んでは

あんなかんじの話ばかりしてます汗


でもセックス・アンド・ザ・シティのみんなのように

出かけた先で

誰かはいい男の人に出会う

ということはないですが・・・。


このドラマは

安彦麻理絵

の漫画のように

男の人にはあまり見てもらいたくない気がします。。。



このドラマのような

実際にあった自分やみんなの話などを

書こうと思いましたが

セキララすぎるので

アメンバーというのに挑戦して

書いてみようとも思います音譜


まだしばらくかかりそうですが

アメンバーになってくださる方

お願い致しますニコニコ


運転

引越しのときに

近所に住むお客様から

車をお借りしました。


このお客様は

車を買ったけれども

約2年で1500キロくらいしか乗っていなくて

もう5回以上もバッテリーが上がってしまったので

近所に住む私と妹に定期的に乗ってほしいと

前々から言われていたので

引越しのときには

頻繁にお借りしていました。


都内を運転するのは

全くの初心者だったので

最初はドキドキでしたが

近所を乗り回すには

だいぶ慣れてきたので

気が大きくなって(?)

妹と一緒に車で実家に帰ってみました。


都内から実家までは

首都高と高速を乗り継いで3時間くらいです。


今までしたことがなかった長距離の運転も

実際に乗ってみたら

電車を乗り継ぎ新幹線に乗って帰るよりも

とっても楽で

ちょっとはまってしまいました。


先日は2日だけ都内に帰ってきたんですが

2日くらいなら駐車場代(100円パーキングみたいなところ)

もあまりかからないので

思い切って車で往復してみました。


人生初の一人長距離ドライブ。


しかもお借りした車はちょっと大きな車だったんですが

乗りなれた自分の小さな車だったので

すごく気が楽で

とても楽しかったです。



DVC00114_M.JPG


サービスエリアに寄って

初のサービスエリア一人ラーメンもしながら

のんびりと帰ってきました。


都内で車を持ちたいな~

とますます思いましたが


都内で車を持つって

小さなワンルームの部屋を借りれるくらい

一ヶ月のお金がかかるんですよね。。。


東京都内で車を持つことって

やはり贅沢なことなんでしょうね。