~仏教故事~【そんなの知っている】=【できること】ではねぇーからな。 | 元軍人Y(台湾)の台湾の日記~

元軍人Y(台湾)の台湾の日記~

2018年3月まで徴兵の影響で軍人してました。元中距離戦車部隊所属。。タピオカよりも仙草派です。台湾の事と軍隊の事を書いてます。こう見えて煩悩だらけの仏教徒です。戦車が懐かしい。。。


テーマ:

みなさんどうも你好~、ここ最近は日本語の翻訳を手伝っていたよっし~です!

 

日本から日本人のお坊さんが台湾に来たんだけど、まったく中国語話せないからそれの翻訳を手伝ってたんだぜ~~ワイルドだろ!

 

 

 

 

 

 

 

気になるランキングはこちら!

(クリックで応援してくださると頑張れます)
 
 
 
 
皆さんと突然ですが、白居易って聞いたことありますか?
 
JK『あ、うちの元カレ~~!』
とか言わないでくださいね(笑)
 
 
たぶん一度は聞いたことがあるって方がほとんどじゃないですか?
 
読みとしては『はくきょい』であって『はっきょい』では無いですよ!
(はっけよ~いって聞こえてくる(笑))
 
 
 
 
今日はその白居易に関する仏教故事です!
 
 
 
白居易は中国の唐の時代で生まれた詩人ですね。
子供の頃から頭が良かったので言わば出木杉君タイプです。
 
国の役人としても業績を上げるなど優秀だったようです。
だがしかし、数多く書いた詩も有名なので詩人としても優れていたようです。
 
 
 
 
 
 
そんな白居易がある地方の太守(刺史)として街に行った時です。
(現代で言えば地方の県知事的な立場でしょうかね?)
 
 
どういう風に街の政策をすれば上手く治められるかと考えていた時に、
『街の近くに変わりものだけどめっちゃ頭良い坊主がいる』
 
と聞き、さっそく話しを伺うことに・・・。
 
さてその変わり者の坊主とは・・・?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鳥窠禅師との出会い
 
 
さっそく会いに行って見ると木の上に坊主が住んでいる・・・。
 
『鳥かよ・・・』
ってツッコみたくなったかもしれないし、
 
 
『鳥人かよ・・・』
ってツッコんだかもしれません(笑)
(つっこまねえよ!)
 
 
 
この鳥のような坊主こそ鳥窠禅師というちょっと変わった坊主だったのです。
 
たぶん近くの住民とかがさぁこの坊主を見て、
『鳥かよ・・・。あ、だったら鳥をつけて鳥窠の坊さんって呼ぼうぜ』
ってなったんだろうなぁ~~~。
 
 
 
まぁ、そんなことはおいていて改めて白居易が自己紹介をしてからこう切り出しました。
 
白居易『すみません鳥窠さん、私最近この近くの街の知事になったんですよ。
でこの街をすごくよく治めるにはどうすればいいのか考えてたら、ある人が、
鳥窠さんに聞けばよろし!】って言うんで来たんですよ。
鳥窠さんは仏教の禅師という事らしいので一つ何か良い意見があればと思いましてね・・・。』
 
 
鳥窠禅師『あぁ、なるほど。なるほどな、なるほどな、なるほどなるほど、なるほどな。』
 
 
 
白居易『そこでお聞きしたいんでけど、そもそも仏教の智慧で街を治めるにはどうしたらいいんですかね?』
 
 
鳥窠禅師『答えはシンプル!、悪い事はしないで、良い事をいっぱ~いする【諸悪莫作・衆善奉行】。ただそれだけよ。』
 
 
これを聞いて驚いたのが白居易です。
わざわざこんな変な坊主が住んでいる所に来て街を上手く治める方法を聞きに来たのに、返ってきた答えが誰もが知っているありきたりな回答なんですから。
 
 
 
 
そして彼は怒り気味でこう反論しました。
白居易『おい坊主、そんな【良い事いっぱいする、悪い事しない】なんて3歳の子供でも知ってることじゃんかよ!!!』
 
 
 
 
それを聞いた鳥窠禅師はにやりと笑い、
鳥窠禅師『3歳の子供でも知っているが、800歳のヨーダ(要は80歳の老人)でさえ行うのはほぼ無~~~理。』
と返答。
 
その返答に白居易は『あっ!』と瞬時に理解し、以後はこの鳥窠禅師の下にやってきては指導をしてもらうようになりました。
それが太守としての政策に反映されて見事な業績を残す一つのポイントとなったんですよ(・・・たぶん。)
 
 
 
 
 
 
 
 
知っている = できる!ではない。

 
例えば友達とかにやたら野球に詳しい人とかいません?
『巨人の先発の○○は駄目だな。』とか、
『4番の○○はもっとホームランを打たないと勝てないよ・・・。』
的な事を言う人。
色々な事知っているけど、じゃあその人自身が野球できるのかってこととなると話しは別。。。
 
 
お年寄りや妊婦さんには親切に席を譲りましょうってもうずっと聞きますけど、
どうですか?いざ見かけたらとっさに譲れてますか?
 
携帯をずっといじってる?
 
寝たふり?
 
どうしよう、どうしようって悩んで結局他の人が先に譲っていた!
なんてことになってませんか?
 
知っているけど、なかなか(行動)できないパターンの典型ですよねこれ👆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そりゃあ良い事をいっぱいして悪い事をしなければ自然に人も街も良くなるわな。
みんな平和に暮らせるわな。
 
言うのは簡単だけど、やるってのは難しいのよ何事も。
で、みんな結局やる前に諦めちゃう。
だから結局何もしてないし、何も変わらない・・・。
 
 
 
鳥窠禅師が言いたかったのもそういう事で、いっぱい勉強してきて身に付いてる知識も使わなきゃ駄目だよって、行動しなきゃ駄目だよってことなんですね。
『あんなこと、こんなことを俺は色々知ってるんだぞ!どうだすごいんだろ!』
じゃなくて、それよりも【いかに行動をすることが大切か】ってことを伝えたかったようです。
 
 
なのでみなさん、自分が知っている事を少しずつできるように行動していってみてくださいね。
 
僕もブログを毎日毎日しっかり書き続ければ少しずつ読者が増えることは知っていますが、なかなか続かない。
(そもそも、ある程度の内容があるブログを書いているという前提が必要ですが。。。)
 
なので、まずはブログを続けられる行動をしようと思います。ハハハ。

元台湾軍人Yの台湾の日記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス