このドラマは、2015年6月~8月に韓国KBSで放送された全16話の作品です。

 

主演のソ・イングクさん、『主君の太陽』以来、結構好きで、放送があれば積極的に、

 

その出演作は録画はしておきたい俳優さんのお一人ですね。

 

何というか、割と色んな役柄を選んでおられると思うので、観ていて飽きさせないというのかな?

 

そんな気がします。

 

このドラマは、日本初放送の衛星劇場で録画を始めたものの、ちょうど半分で解約してしまい、

 

後半はアジアドラマチックTVで録画してましたね~( ̄∀ ̄) 覚えてないんか~いㅋㅋ

 

衛星劇場での日本初放送は2015年10月。

 

今、急に観ようと思ったのは、先月はAbemaTVで結構ドラマを観ていて、途中で流れる予告の中に、

 

このドラマがあったんです。そしたら!あら?このドラマってボゴミ(パク・ボゴムさん)も出てたの?と…ㅋㅋ

 

そりゃ、観なきゃだよね~(´艸`)

 

ボゴミ…このドラマでは結構な悪役というか、登場は3話からですが、最初は冷徹な弁護士役でした。

 

で、全16話ですが、第15話が、どうなってたんでしょうね~

 

内容とは関係なく、音声と画像がほんのちょっとずれてたんですよね~( ̄∀ ̄)

 

なんかね、観ていてビミョーに気持ち悪くて…最終回間際だというのに、ちょっとお話に集中できない (*≧∀≦*)

 

集中でけへんやんか ヾ(。`Д´。)ノ ってなってましたㅋㅋㅋ

 

 

 

気を取り直し…内容ですが、ある事件をきっかけに

 

子供の頃の記憶が欠けているところがある天才プログラマーのイ・ヒョン(ソ・イングクさん扮)。

 

ある日、アメリカに住むヒョンは、一通のメールが来たことにより、韓国へと戻ってくる。

 

導かれるように殺人事件があった現場へ…。そこへ到着する特殊班捜査チーム。

 

誰かもわからないヒョンの、事件のプロファイリングを聞くメンバーの中にいたチャ・ジアン(チャン・ナラさん扮)。

 

ジアンはヒョンを一目見て、ヒョンが誰であるかわかるのだが…。

 

 

という感じのとっかかりで~あとは登場人物を追いながら…

 

まずは、ソ・イングクさん演じるイ・ヒョン。

 

 

子供の頃から、同じくプロファイラーだった父親から、他の子と違う、成長を注意して見守らなければと、

 

特別視されていたのですが、父親がプロファイリングしたある人物との出会いにより、父親が殺され、

 

その頃の記憶が一部欠けているヒョン。

 

その時に生き別れた弟を捜そうとするも、すでに死んだと伝えられ…。

 

自分の記憶を取り戻すこと、事件の真相に繋がるある人物と再会することを望んでいるヒョン。

 

最初はお互いに敬遠しながらだったジアンたち捜査チームと、やがて連続事件解決に向けて協力しあい、

 

そしてジアンとも、次第にお互いが好意を持つようになり…。

 

最初は結構冷徹な感じのヒョンなんですが、ジアンと接することで次第に優しさも見えるようになるんですよね。

 

イングクさん、そういう演技が上手ですよね~

 

『ショッピング王ルイ』とかと違って、今回はクールでカッコいいヒョンだったと思います (´∀`)

 

そんなイングクさん、本日、入隊しましたね~

 

陸軍へ行くそうなので、有事なく、無事に兵役を終えられることを祈ってます。

 

 

 

そして、チャン・ナラさん演じるチャ・ジアン。

 

 

ジアンは事件現場に佇むヒョンを一目で、誰かをわかるのですが、

 

それはジアンがヒョンのストーカーだったから ( ̄∀ ̄)

 

ストーカーというと聞こえは悪いのですが、ジアン曰く『行動観察』だそうです。それがストーカー?ㅋㅋㅋ

 

やがてその理由がわかるんですけども。

 

ジアンは女性でも、訓練もしっかり受けているので、果敢に暴漢にも立ち向かうことができます。

 

代役もあるんでしょうけど、華奢なナラさんがするアクションはカッコよかったです~パチパチ

 

で、ジアンは男勝りなところもあるんですけど、ナラさんの演技がね。とてもいいんですよね~

 

なんて言うんでしょうね~受け応え一つにしても、ナラさん独特の受け応えの仕方というか…。

 

媚びたりするのではなく、あっさりしていて、それでいて気持ちもこもっているというか。

 

ナラさん出演作を見るのは、これが2作目?なんですけど、ナラさんのセリフ回しが何とも言えず好きですね。

 

でもって、素顔のナラさんはとってもキュートだったりするし…(´艸`)

 

2015年のMBC演技大賞でプレゼンターで登場し、ベストカップル賞の発表の時のナラさんの可愛さよww

 

以前にも書いたことがあるんですけど、矢印  発表前一瞬のナラさんがキュート (〃∇〃)

 

と、話を戻し…ドラマの中で、何話だったかな?ヒョンと映画を観に行こうというシーンがあるんです。

 

先に到着したジアンですが、

 

 

おも!見逃さずにキャッチ!(´艸`)   『ベテラン』観るんですか?(〃∇〃)

 

と思ったら、到着したヒョンに、ヒョンの興味を引く映画がなさそうなので、やめましょとジアン。

 

見ぃひんのんか~い!とツッコむツッコむ (*≧∀≦*)

 

私、結構、ドラマの中などで映画を観に行くシーンとかは、何の映画を観てるのか気になる方ですㅋㅋ

 

 

 

そして、この二人とも関わりが大きい、チェ・ウォニョンさん演じる法医学教授のイ・ジュノ。

 

 

ジアンとも結構仲が良く、色々な話もする仲ですが、法医学教授としても優れた人物。

 

人当たりもよいジュノを演じるウォニョンさんの、優しい口調がステキ (〃∇〃)

 

ウォニョンさんって、『3days』の時はめっちゃコワイ会長役だったけど、そんな悪役も上手だし、

 

『キルミーヒールミー』なんかの主役を見守る優しい笑顔の役も大好き。

 

いい俳優さんですよね~出てるだけで安心します~

 

 

 

そして、3話からやっと登場する、パク・ボゴムさん演じるチョン・ソノ弁護士。

 

 

登場から、若いのにくせ者っぽいチョン弁護士。

 

冷徹だけど、頭の回転も早く優秀で、弁護される人にとっては大いなる味方ですが、

 

反対側にある人にとってはやっかいな人物でもあるチョン弁護士。

 

いや~ボゴムさんのいやらしい感じの笑顔とか、するどい目つきとか、

 

ボゴムさんもホントに演技が上手なんですよね~。

 

でもって、常に観察するように人を見ている冷徹さ。悪人だけど、ええぞ~!って…(´艸`)

 

ボゴムマジック、かかったままでまだ解けていない模様ですㅋㅋㅋ

 

 

 

そして、ヒョンが子供の頃に出会った、父親がプロファイリングしていた人物。

 

EXOのD.O.(ディオ)さん演じるサイコパスの危険人物イ・ジュニョン。

 

 

今回、すでにご紹介した皆さんもよいのですが、一番よかったのがD.O.さんですね。

 

静かに話すジュニョンなんですが、その不気味さよ (@_@)

 

ホントに何かやらかしそうな、そんな雰囲気を存分に醸し出す演技で、

 

映画『純情』で初めて見たD.O.さんですけど、その時も演技の上手い子だな~と感じましたが、

 

今回のドラマではそれをさらに強く思いましたね~

 

脱獄したジュニョン。果たして生きているのか?死んでしまったのか?

 

なんだけど、私を含め、多数の視聴者がたぶんそうだろうな~と思ったであろう、

 

ヒョンの弟ミノとジュニョンの生死。そして、生きているなら誰か?

 

うんうん。簡単に想像つきます ( ̄∀ ̄) そしてその想像通りでないと面白くないし~(´艸`) ネタバレ?

 

そんなD.O.さんの最新映画『형(邦題:あの日、兄貴が灯した光)』の日本公開が

 

5月19日からに決定しましたね~ ニュース記事は 矢印   公式サイトは 矢印 

 

邦題が…どうなの?( ̄∀ ̄) とまた、思わなくもないのですが…。

 

実はこの映画、字幕なしですでに観てます。

 

感想はまた後日あげたいと思いますが、映画を観ると、邦題もちょっと、ああなるほどね~と思うかな?(´艸`)

 

すごくいい映画だったので、大画面の字幕付き観たいよ~でも、わが街の上映はないみたい~ㅠㅠ

 

 

 

他の登場人物も、演技がお上手なよく見る方々などが出演されていて、登場人物的にも見応えはありましたね。

 

そんな中、気になった方々~

 

まずは、父親と弟と記憶を失ったヒョンを育ててくれた、特殊犯罪捜査課企画官ジス役のイム・ジウンさん。

 

 

この方ね、ドラマ『王の顔』で王妃役をしてた方なんですよね。イングクさん演じる光海君の義母。

 

病弱で子供を授かることができず、でも、光海君たちの力になってくれる役だったの。

 

イングクさんと再共演なんだ~と思って観てました (´艸`)

 

 

そして、ジアンのいる特殊犯罪捜査チームの一員チェ・ウンボク役のソン・スンウォンさん。

 

 

この方は、ドラマ『ヒーラー』で見たんだよね~。

 

『ヒーラー』では過去の、ある人物の青年時代を演じていたんですけど、実はその役。

 

結構重要なカギを握っている人物でもありました (´艸`)

 

今回のウンボク。途中である一瞬を見逃さないでね~それが後に繋がります。

 

ま、大抵の方は気付くと思うけど…(´艸`)

 

 

そしてもう一人。

 

ボゴムさん演じるソノが顧問弁護士で、連続殺人事件の容疑者の財閥2世のヤン・スンフン役のテ・イノさん。

 

 

うん。見ただけで、ソンニュルをいじめていたイラッとさを思い出す方(私?ㅋㅋ)もいると思いますが、

 

テ・イノさんっていくつか作品を見たと思うのに、そんな役ばっかりでね~

 

本来はいい人なんでしょうけど、うっすらともう、イノさんご本人がそんな人に思えちゃう (*≧∀≦*)

 

完全に犯人なのに、スルッと抜け出そうとする韓国ドラマあるあるの財閥のシステム?( ̄∀ ̄)

 

あれもこれも腹立つテ・イノさんでした (*≧∀≦*)

 

 

 

ロマンスもあるけど、ほどほどのいい感じの分量で、あとは次々と起こる事件の捜査だったり、

 

ヒョンとジュニョン、ヒョンと弟ミノの過去、そしてヒョンとジアンの過去とその真実、といった、

 

恋愛だけではない面白さがあるんですけど、でも実は私。

 

そういった内容の方が好きは好きだけど、難しい説明とかになると眠くなるタイプ ( ̄∀ ̄)

 

ヒョンのプロファイリングの説明とかが時折眠気を誘い…ㅋㅋㅋ

 

いや、実際はそんなに難しい説明とかじゃないと思うんですけど、

 

このところ、説明の羅列的なセリフが負担で…そこが大事だったりもするんですけどね~ㅠㅠ

 

ヒョンとジアンが心寄せ合っていくのも自然だし、先が読める、人が読めるというのも無きにしも非ずですが、

 

でも、ストーリー展開は面白いと思います。私は割と楽しく観ました。

 

特に、先ほども書きましたが、D.O.さん。

 

ポスターには、本名のト・ギョンスさんで載っていますが、彼の演技が見事ですパチパチ

 

すでにDVDも発売されているようですので、レンタルにもあるかと思います。

 

ドラマの公式サイトは矢印 

 

ちゃんとした詳しい内容は、いつも通り、公式サイトを見て下さいね (´艸`)

 

現在は、CSのフジテレビTWOで放送中のようですが、まだまだ他でも放送があるかもですね。

 

機会がありましたら、是非、ご覧になってみて下さいね~(´∀`)

 

最後に、衛星劇場で日本初放送された時の予告編を貼っておきます。

 

田代親世さんのわかりやすい解説入りですので、ご参考に~