忘れられない歌がある。

 

「千と千尋の神隠し」の主題歌だったのは知ってたけれど、きれいな歌だと思ってはいたけれど。

 

でも日本でおきた原発事故の後、ナターシャ・グジーさんが私たち日本人にむけて歌う姿をみて、この歌の意味を知ったような気がします。

 

チェルノブイリでのたくさんの人々の悲しみが浮かんでくるようでした。


たくさんのお母さんが被ったものだけしか分からない悲しみをひとり抱えて、涙をぬぐいながら生きてきたのだろうなと思いました。

 

時折思い出しては、聴いてみるのです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=xQJog0rs7Eg