朝霞のどんぐり式算数文章題教室 学び処『にこまる』のブログ

朝霞のどんぐり式算数文章題教室 学び処『にこまる』のブログ

高速反応ができることを頭がいいとか勉強ができると勘違いしないでくださいね。
じっくり自分の頭で考えられることを大切にしてください。
子育ても学習も、「ゆっくり・じっくり・ていねいに!」
12歳まではこれが基本です。

埼玉県朝霞市のどんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』
__________________

■体験学習 随時受付中!!

ホームページをご覧ください。
↓↓↓
https://nicomarujyuku.jimdo.com/
__________________

【教室所在地】埼玉県朝霞(あさか)市 

池袋駅より東武東上線で約20分!

朝霞駅東口 ロータリー沿い 
「松屋」さんのあるビルの3階です。

__________________

■年長~小6生が楽しく学んでいます。
■オリジナルの絵図を描いて、見て、動かして、考えます。
■ヒントなしで、じ~っくり考えます。
■算数だけでなく、他の教科もできるようになっちゃいます。

思考回路はパターン学習や反復練習では育ちません。
自ら、試行錯誤し考えることが必要です!

お子様に、「考える時間」を与えてあげてくださいね。

詳しくは 学び処『にこまる』HP 
https://nicomarujyuku.jimdo.com/


日が伸びて、日差しも春を感じさせるのに、やっぱり2月は寒いっ。
コタツが愛しい私です。

 

いつもありがとうございます。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

今日は、珍しく我が家の次男(現中一)の話題です。

 

先日、おもむろに、理科のノートを見せてきました。

ノートには、実験や観察の結果や考察がまとめられており、

先生の評価とコメントが各ページに書かれています。

丁寧な先生です(^^♪

 

次男は、「分かりやすい図ですね!」とコメントされている手書きの図を指して、

 

「こういうのさ、どうやって書いたらいいかな~って思うと、パって浮かんでくるんだよね~(^^♪」と楽しそうに言っていました。

 

うんうんラブラブ

これは、まさに、小学校時代に「どんぐり問題」に取り組んでいた成果にちがいない!!

 

どんぐり問題は理科ではなくて、算数の文章問題だけれども、問題を解くためには、それなりに整理された絵図を描かなければひらめきづらいので、分かりやすい図を書くという訓練になったのでしょう乙女のトキメキ

 

特に理科は、言葉だけは理解が難しいもの。

絵図を存分に活用してほしいものですね(^^♪

 

 

兄弟一緒に取り組むことも多かったなぁ。


 

これはまだ、どんぐり問題をはじめたばかりの頃、小3くらいかな。
 

*これではノートが小さいので、これから始める方はクロッキー帳のLサイズをおすすめします!

 

 



 


どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞駅東口


◆火曜・水曜・土曜クラス・・・年長~小学生
  年長~小3の体験学習 随時受付中!
 

◆通塾できない方の個別サポートあり


詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

朝霞・和光・志木・新座・川越・さいたま市・富士見市・練馬区などから通塾いただいております。

 



学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

 

どんぐり問題は楽しいよ! といつも言っていますが、全員が全員いつもいつも楽しくできるというわけではありません。

 

 

いつもありがとうございます。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

先日は、高学年の男子がこの問題に取り組んでいました。

 

<5MX33> 
朝早く目覚(めざ)めたハムハムは、突然もっと筋肉を付けようと思い、どうしたら筋肉が付くのかを色々と調べました。
その結果、筋肉豆腐(きんにくどうふ)の4/5(5分の4)が蛋白質(たんぱくしつ)で、その蛋白質の1/2(2分の1)が筋肉になることをつきとめました。
では、100gの筋肉を付けるには筋肉豆腐を何g食べるとよいでしょう。

 

 

これね、算数的にはそんなに難しくないと思うんです。

絵図が描ければ、逆算すればいいんですからね。

 

でも、この「豆腐の中にたんぱく質というのが含まれていて、それが部分的に筋肉になる」というシチュエーションが子どもにはイメージしづらいようで、

 

この男の子も、そのイメージのどこかで躓いてしまい、いくら絵図を描いてみても分からなかったみたいなんです。

 

これの一番簡単なバージョンは、上の問題の分数部分が、どちらも「半分」という言葉になっている問題なのですが、これはクリアしていたんですよね。

 

でも、きっとその時も、なんとなくモヤモヤした部分があったまま、たまたま正解したんだろうなと思うのです。

 

なので、数字が難しくなってしまうと混乱してしまいました。

 

彼は、一生懸命考えていましたが、ピンとこなかったのが悔しかったようで、私に八つ当たりですショボーン

 

「先生は、教えるのが仕事でしょ。教えないなら先生じゃないじゃん。」と、怒ってましたね。

 

ま~、こんな日もあります。

高学年さんは、口も達者になりますからね。

 

彼も、いつもいつも教わらないとできないわけでは決してないんです。

このところ、調子よく進んでいただけに、答えにいきつけないこと、ピンとこないことが悔しかったのでしょうね。

 

でも、やり方も答えも教えませんよ!!

 

だって、教えてしまったらつまらないも~~~んニヤリ

 

君が自分で閃く日を楽しみにしているからねキラキラ

 
 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【公開質問受付中】

公開質問についての詳細はこちら

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞駅東口


◆火曜・水曜・土曜クラス・・・年長~小学生
  年長~小3の体験学習 随時受付中!
 

◆通塾できない方の個別サポートあり


詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

朝霞・和光・志木・新座・川越・さいたま市・富士見市・練馬区などから通塾いただいております。

 



学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

 

昨日は、久しぶりにお勉強に出かけておりました。

 

いつもありがとうございます。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

参加していたのはこちらの講座。

 

発達のウソとホント~視覚と感覚のつながりの視点から〜

https://www.facebook.com/events/490799361527788/

 

講師は灰谷孝さん!

十数年ぶりの再会です。

 

始めて灰ちゃん(と本人の前では気安く呼べませんが)とお会いした時は、ブレインジムを広めていらっしゃた頃で、

私は、小学生になったかならないかの長男と2歳下の次男を連れて、ブレインジムの個人セッションを受けたのです。

 

当時は長男に手こずっていたのですよね~。

灰ちゃんに会って、随分救われました。

 

ブレインジムもその後、教室での活動に取り入れて、

にこまる生たちと毎回エクササイズしていましたね。

良い成果が出ていたと思います。

(現在は、教室の大きさの関係で動けないのが残念です)

 

その後、灰ちゃんはどんどん進化して、いつの間にか眼鏡屋さんになっていました。

イノチグラス

 

しかも、普通の眼鏡ではなく、『発達する眼鏡』を作っていらっしゃいます。

 

そんな灰ちゃんの今回の講座!

 

・体幹とは?

・近視は悪いのか?

・遠視の人の特徴

・腸内環境

 

 

などなど盛り沢山の内容!

 

話が宇宙にまで飛んでしまうような壮大な内容でした。

まだ消化しきれていませんあせる

 

 

どんぐり問題をやるときも、「目」を最大限に使ってほしいんですよね!

 

が、現代の生活環境が目に優しくない。

 

人間の進化のスピードと生活環境の変化のスピードが違いすぎておいついていないのです。

 

やはり、スマホの光刺激に長時間さらされることはかなり悪影響なのです。

 

その場で目の検査をしてもらったのですが、私の眼は少し中心に寄っているようで、「精密検査が推奨」と出てしまいました!

 

「スマホの見すぎですか?」と聞いたら、

そうかもしれませんが、もともとの傾向かもしれませんとのこと。

 

いやでも、かなりスマホ見てますからね~。

反省反省反省反省・・・・。

イノチグラス 作りにいこうかなと思っています。

 

 

お子さんに中にも、文字がアンバランスだとか、すぐに眩しがるとか、目に何らかの問題を抱えている場合が少なくないかもしれません。

 

もしかしたら、「イノチグラス」で生活がラクになるかもしれませんね!

 

まずは、わたくし、体験してまいります!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【公開質問受付中】

公開質問についての詳細はこちら

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞駅東口


◆火曜・水曜・土曜クラス・・・年長~小学生
  年長~小3の体験学習 随時受付中!
 

◆通塾できない方の個別サポートあり


詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

朝霞・和光・志木・新座・川越・さいたま市・富士見市・練馬区などから通塾いただいております。

 



学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

 

さてさて、年が明けたと思ったら、もう気分は年度末!

そろそろ、4月からのことも考えておられるかと思います。

 

そこで、「どんぐり倶楽部」始めてみた~いと思っている方へ、「どんぐり倶楽部の始め方」をお伝えいたします!!

 

あ、これは基本的に家庭学習ですので、教室が近くになくてもお家で取り組めますよルンルン

 

いつもありがとうございます。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』平松 あかね です。

 

 

では、さっそく

「どんぐり倶楽部の始め方」いってみましょ(^^♪

 

 

①どんぐり倶楽部の公式HPを読み込む

考える力・絶対学力を育てる「どんぐり倶楽部」の公式 ホームページ


が、が、このHPが難敵なんですよね~ニヤリ

でも、なんとなく、良いことがいっぱい書いてあるのは分かりますよね~。

「宝の山」なので、隅から隅まで目を通してほしいのはやまやまなのですが、みなさんお忙しいですよね~。

 

というわけで、HPを一度に読み切れない方は、こちらの書籍をまずどうぞ↓

 

②糸山先生の書籍を読む

 

 

 

 

どれでも良いので、最低1冊は目を通してください。

これで、どんぐり倶楽部のベースは分かるはずです。

 

HPまたは本でどんぐり倶楽部の理念に共感でき、やってみたいと思ったら・・・

 

 

③環境を整える

 

はい、HPや本には環境設定の大切さが示されていましたね。

いくら、問題だけをやみくもにやってもダメです。

まずは、子どもが安心安全に学習できる環境づくりにはげみましょう。

場合によってはすぐにスタートできないこともあります!

 

具体的に何をどうしたら良いのか分からない方は、

学び処『にこまる』でもご相談をたまわっていますのでご利用ください。

 

④クロッキー帳・色鉛筆・問題を準備する。

 

 

この大きなサイズが最適です!

 

色鉛筆は とりあえず普通の12色でOK。
ただし、100均のは発色が悪いのでおススメしません。

色鉛筆の黒は除いて、普通の黒鉛筆にするのがおススメ!

(そのほうが書きやすいので)

 

問題は、どんぐり倶楽部のHPから購入できます!

 

★問題のみなら こちらが分かりやすいです。

  冊子版とデータファイル版があります。

  どんぐり書房(スマホ対応)

 

★問題及びその他諸々の購入はこちらから。

  どんぐり倶楽部公式HP(購入サイト)

 

年長さん~低学年さんがスタートする時は、「0mx(年長)」から始めてくださいね。

 

何を購入したらよいのか分からない方は、ご相談ください。

 

流れ星流れ星流れ星流れ星​​​​​​​流れ星​​​​​​​流れ星​​​​​​​流れ星​​​​​​​流れ星​​​​​​​流れ星​​​​​​​流れ星​​​​​​​流れ星​​​​​​​

 

かな~り大雑把な説明なので、いざやろうとすると分からないことが沢山出てくるかと思います。

 

そしていざ始めて見ても、これでいいんだろうか?と思うことが沢山出てくるでしょう。

 

そんな時は全国のどんぐり相談機関をご利用ください。

どんぐり倶楽部ナビ&ユーザー応援 のびのびるーむ

↑こちらは、サイトーさんのサイトです。

 

私の上記の大雑把な説明と違い、手取り足取りめっちゃ分かりやすいので、これを読めば「どんぐり丸わかり」ですね!

 

最初からこちらをお知らせすればよかった(笑)

ごめんなさいね。

 

image

 

というわけで、無事、問題の購入まで行きついた方は、

くれぐれも、

用量・用法を守ってご利用ください

 

えっつ、用量・用法って何??? という方は、

どんぐり倶楽部公式HPをもう一度見直しましょうね!!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【公開質問受付中】

公開質問についての詳細はこちら

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞駅東口


◆火曜・水曜・土曜クラス・・・年長~小学生
  年長~小3の体験学習 随時受付中!
 

◆通塾できない方の個別サポートあり


詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

朝霞・和光・志木・新座・川越・さいたま市・富士見市・練馬区などから通塾いただいております。

 



学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

 

3学期が始まったと思ったら、3連休ですね!

子どもたちはまだ冬休み気分が抜けていないかもしれませんね。

 

こんにちは。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

さて、今日は、小3女子のお母様・ひまわりさんからの質問にお答えしていきますよ!

 

【質問】

ご無沙汰してます。
どんぐり問題についてご相談です。
去年(小2)くらいから、正解出来る問題と不正解の問題が明らかになってきてます。
絵が足りないのも気になりつつ、声の掛け方も悩みつつあります。

2&3年生の問題で、似てる問題に何度向き合っても正解しないです。
苦手な問題と理解出来る問題に差があります。
このまま続けて取り組んでいれば理解する日は来るのでしょうか?
続けていれば、いつか分かる日が来ると信じてどんぐり問題を続けてますが、娘のモチベーションの低下も時にあります。
理解出来る日が来るのか、不安になる時があります。

 

【にこまるからのお答え】

 

同じようなお悩みの方、沢山いそうですね(^^)

 

まずですね~。

どうしてどんぐり問題を始めたのでしたか??

 

そうですね。特定の問題を「正解」できるようになることが目的ではないですね!

 

思い出してください。

 

「答えはおまけ!!」

 

なので、「正解」に至らなくてもいいんです。

様々な問題を楽しく取り組むことだけが大事です。

もちろん、ゆっくり・じっくり・ていねいに。

 

なので、同じような問題が「わからん帳」に溜まることになると思いますが、それでいいんです。

いつか攻略できる日が来ます。

 

もし、来なくても、6年生の最後に、教えてあげればすぐに理解できるはずです。それだけのことです。だからそれを今教えてしまうのはもったいないので、しないでくださいね。

 

ただし、絵図を描くことは基本です。

「視考力」を養うには絵図は必須ですからね。

ここはさぼってはいけません!!

 

あまりにも、絵図がないがしろでしたら、「最近、絵図にしていない部分が多いから、今日はそれを意識してやってみようか」などと声掛けしてから取り組み始めてみてください。

 

分からないから絵図にできないのか、面倒くさがって絵図にしないのか、しなくてよいと思っているのかによっても違うので、

その辺を見極めて声掛けをお願いしますね。

 

というわけで、もう一度親子で、「答えはおまけ」ということを確認して、答えにこだわらず楽しんでくださいね乙女のトキメキ

 

モチベーションをあげるためには、当該学年以上の問題をやってみるのも面白いですよ鉛筆

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ひまわりさん、ご質問ありがとうございました。

個別サポートもお待ちしていますね 音譜

 

 

【公開質問受付中】

公開質問についての詳細はこちら

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞駅東口


◆火曜・水曜・土曜クラス・・・年長~小学生
  年長~小3の体験学習 随時受付中!
 

◆通塾できない方の個別サポートあり


詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

朝霞・和光・志木・新座・川越・さいたま市・富士見市・練馬区などから通塾いただいております。

 



学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ




 

少々遅いご挨拶となりましたが、新年あけましておめでとうございますキラキラ

 

今年も、どんぐり倶楽部提唱する教育と学習を多くの方に知って実践していただけるよう頑張っていきますね乙女のトキメキ

応援よろしくお願いしますチョキ

 

 

 

さて、【公開質問3】絵が雑で色も塗りたがりません 

と、質問をお寄せくださった まろさん から お返事をいただきました。

 

公開質問3の質問をした、まろです。

ありがとうございます!
焦らず子供のペースで、言葉がけを丁寧に生活するようにします。

長尾まさ子さんのブログ知りませんでした。教えていただきありがとうございます!

藤川先生のブログ良いですよね!プロテインを飲むようなって1年程になりますが、発達がグッと伸びました。

本当にありがとうございました!

 

公開質問ということで個別に詳しいアドバイスはできませんが、少しでもお役に立てれば何よりです(^^♪

 

年末に急に思い立って始めた【公開質問】!!

 

引き続き受付中です。

フォームが閉じるまではいつでも質問OKですよ音符

 

■どんぐり倶楽部について

■どんぐり問題について

■環境設定について

■幼児・小学生・中学生の学習について
■集中力・思考力・計算力・記憶力などなどについて

■早期教育について

■習い事について

■学習塾について

■宿題について

■家庭学習について

■親子関係・友達関係・学校との関係について

■ゲーム・タブレット・テレビ等について
 

などなど、学習に関する疑問やお悩みがありましたら、教えてください。

 

こちらは、個別に返信ではなく、このブログ上でお答えさせていただきますね。(すべての質問にはお答えできかねますことをご了承願います。)

 

 

【質問はこちらから】

★にこまる教育&子育て相談

(フォームが開きます)

 

特に締め切りは設けませんので、フォームが開いている間はご利用になれます。

 

 

個別に詳しい相談をしたい方は、にこまるの個別サポートをご利用ください。

 

 

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞駅東口


◆火曜・水曜・土曜クラス・・・年長~小学生
  年長~小3の体験学習 随時受付中!
 

◆通塾できない方の個別サポートあり


詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

朝霞・和光・志木・新座・川越・さいたま市・富士見市・練馬区などから通塾いただいております。

 



学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

いよいよ、今年も最終日となりました。

2019年、学び処『にこまる』と関わってくださった皆様、ありがとうございました。子どもたちの日々の成長を実感し、続けてきて良かったと思える1年でした。

 

こんにちは。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

さて、思いつきで始めた 「にこまる教育&子育て相談」にメールをお寄せくださりありがとうございます。

 

今回の質問は まろさん から頂きました。

 

【質問】

はじめまして。
いつもブログを読ませていただいています。

早速ですが、2つ相談させてください。

1.ほぼ全て分からん帳行き

娘(小1・7歳・言語遅延、運動発達遅延あり)は5歳ちょうどから、どんぐり問題を始めましたが、今のところ新規の問題は全て分からん帳行き(先日、分からん帳にある簡単な年長問題をしたところ、4問ほど正解しました。)となっています。

このままどんぐりの基本通りのやり方で良いのか?違うやり方をした方が良いのか悩んでいます。

2.絵が雑で、色も塗りたがらない

絵や字がとても雑です。また、問題に赤や青など色が出てくる時も色を塗りたがりません。
また、塗った時は力一杯書き殴る様に塗る感じです。
手先が不器用なのと、図を描くのが苦手のようです。(例えば、三角を描くのが難しく、横向きの三角、下向きの三角は描けません)

対策として、私も娘の隣で丁寧にどんぐり問題をする。一日一行ずつだけ絵にする、といった方法をしてみましたが、変化はありません(一日一行ずつは嫌いなようです)。

丁寧に落ち着いてどんぐり問題をして欲しいのですが、絵を雑に描いてしまう場合どのようにしたら良いのでしょうか?
 

 

【にこまるからのお答え】

 

1、このままどんぐりの基本通りのやり方でよいのか?

 

はい、基本通りでいいですよ。
分からん帳いきになってしまうのは気にしないでください。

言語遅延、運動発達遅延がおありということですので、お子さんのペースを尊重してあげてください。

5歳からスタートされているということで「分からん帳」の問題もたくさんあると思います。まずは、そちらの消化を優先するのがよいと思います。

 

その他、日常生活で丁寧な言葉がけをしてあげてください。

数の概念もやはり実体験の中で身に付きますから、どんぐりだけに頼らないことです。

遊びと生活が第一です!! その上でのどんぐりですからね(^^♪

 

2、絵が雑で色も塗りたがらない

 

お子様の様子を実際見ていないので何とも言えないのですが、雑なのではなく、それが今のお子様の精いっぱいなのだと思います。

三角を書くのが難しいということですから、これは発達上の特性だと思います。色を塗るのも負担が大きいのだと思います。

 

これは、どんぐりをやっていても改善されることではないので、専門家のフォローを受けるとよいと思います。

身体の発達とともに、絵もしっかりしてくると思いますよ。

色についても同様に成長とともに変化してくるかもしれません。

 

注)

視考力という点で考えた場合、色の有無は関係ないのです。男の子は色を使いたがらない傾向もあります。

ただ、低学年さんは、色を使ったほうがイメージ豊かに楽しくできますね!使いたくなったら、使う余裕ができたら使い出すのではないでしょうか。

 

 

発達の向上には、私は、体からのアプローチと栄養面からのアプローチをおすすめします。

 

★長尾まさ子さんのブログ

  発達障害 しあわせへの道しるべ

  Facebook

 

残念なことに、本日でブログの更新をおやめになるそうですが、これまでのものは引き続き読めると思います。

発達の不思議を沢山解明なさっている方です。

 

★藤川徳美さん
 Facebook

 

心療内科の先生で、栄養面からのアプローチをしていらっしゃいます。

 

 

他にも感覚統合など色々ありますね。

 

すでに、ご存知でしたら申し訳ございません。

 

 

どんぐり問題を隣で一緒にやったりすることはとても良いです。

楽しく取り組む姿勢を見せてあげればOKです。

一緒にやったほうがお子さんも楽しいですしね。

是非、続けてあげてください(^^♪


ありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

【公開質問受付中】

公開質問についての詳細はこちら

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞駅東口


◆火曜・水曜・土曜クラス・・・年長~小学生
  年長~小3の体験学習 随時受付中!
 

◆通塾できない方の個別サポートあり


詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

朝霞・和光・志木・新座・川越・さいたま市・富士見市・練馬区などから通塾いただいております。

 



学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ




 

公開質問2は、悩める小1ママさんからです!

 

おはようございます。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

小1ママさんもどんぐり取り組み中のママさんですね。

 

 

【公開質問2】

自然とふれあい、体験をいっぱいさせてくれるような、新しい小学校に惹かれています。

 

「本当は怖い小学一年生」(汐見先生著作)や、昨今の管理教育が過ぎた小学校現場の話を聞くにつけ、子供らしくのびのびとした学びが保障されている、学校に惹かれています

 

どんぐりに出会い、家庭では環境設定などに親子ともに楽しく取り組んでいますが、学校という、長時間過ごす場も、環境を変えたほうがいいか、悩んでいます。

 

惹かれている新しい学校は、地方にあり、単身赴任になりそうです。こどものことを考えると両親ともに揃っていた方がいいと思いながらも、指定された近くの小学校に通うことにも疑問を感じています。

 

こどもはまだ知らないので「お友達もいる、近くの学校が良い」と言います。自分の心の落ち着け所を教えていただきたく思います。

 

う~ん。心の落ち着け所をお探しですね!

 

今の学校のすべてが悪いわけではないですし、惹かれている新しい学校のすべてがいいわけでもないと思うのです。

 

すでに、管理教育の問題点を分かっており、家庭で対策をとられているんであれば、今のままでもよいかなと思います。

 

それでも、新しい学校に惹かれるのでしたら、見学にいくなりして、意志を固められたらよいのかなと思います。
単身で行くほどのすばらしい学校なのかどうか!

 

普通の学校は、担任の先生によって、学校での環境はまったく変わってしまいますので、そういう恐れがないような学校であれば、安心して通わせられるということはあるでしょうね。

 

どちらにしても、先のことはどうなるか分かりませんが、何か問題が起こったときにどういう対処をするべきかの指針がしっかりしていれば、慌てることはありません。

 

悩んで悩んで家族でたくさん話し合って決めてくださいね!

 

悩める小1ママさん ご質問ありがとうございましたキラキラ

 

 

【公開質問受付中!!】

★詳細はリブログをどうぞ。

 

昨日のブログで、公開質問を募集しましたところ、早速メールをいただきましたよ。

 

順にお答えしていきますので、ぼちぼちお待ちくださいね(^^♪

 

こんにちは。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

では、記念すべきお1人目の方、みさこさん からの質問とそれに対するお答えです。

 

補足ですが、みさこさん は、ご家庭でお子様とどんぐり問題に取り組んでおり、最近、周りの方へどんぐりを広める活動を始めたようでございます。

その周りの方へどんぐりを伝える際のアドバイスをお求めということで、こちらの質問となりました(^^♪

 

【質問】

高学年&中学年がどんぐりを始めるにあたり取り組み方のアドバイスはありますか?

次女が年中なので、幼稚園ママ友へ、
就学前にどんぐりを始めるといいよ〜と、伝えてきました。
伝わったのは良かったですのですが、
お母様達が気になるのは目下長子達。。

我が家は五歳からなんちゃってスタートだったので、高学年でのポイントがイメージ出来ずにいます。
三年前に当時四年生だった女の子が我が家でどんぐり問題を解こうとして、即効で泣き出したことがあります。
頭の健康診断の反応をする子供が本当に居るんだ!!と、ビックリしました。。

そういう子供達を持つお母様達へ、私が出来るアドバイスはあるのか?
出来るなら力になりたいと思っています。
 

 

【にこまるからのお答え】

 

中学年&高学年でどんぐり問題をスタートされる場合、パターン学習・コピー回路で長い間通してきている期間が長いので、難しいことが多いですよね。

 

まず、親御さんへのアドバイスですが、

「覚悟を決めてください」ということ。

どうしてどんぐりを始めるのか、何を目指しているのかをはっきり理解して、それを子どもに伝えることから始めてください。

これまでの学習を否定するわけですから、子どもは戸惑います。きちんと子どもと話をしてからスタートするべきです。

 

そして、環境設定をきっちりすること。リセットが大切。

これができなければ、いくらどんぐりをやっても焼け石に水です。

 

それと、それまでの環境にもよるのですが、どんぐりを始めてすぐに成果が見えるわけではないということ。長い目でみることを忘れないでください。

個人差ありますが、スタートが遅い分だけ、軌道にのるにも時間がかかりますからね。

 

そして、お子さんには、最初から自信を失わせると拒否されてしまうので、0mx~2mxくらいから抜粋して楽し気で、計算だけでは解けないような問題をやらせてあげてください。答えを出すことではなく、絵図で考える練習だということを伝えてあげましょう。

 

いつもの単純な問題と違って、なんだか楽しいなと思ってもらえればいいですね。

 

ちなみに、我が家の第1子は、小5でどんぐりを始めました。

最初は絵図で解くことにやや戸惑っておりましたが、

幸い、それまでの環境設定がどんぐりで提唱されているものと近かったのがよかったのか、割と早く楽しんでやってくれるようになりました。

考えることの楽しさを感じてもらえたのはどんぐりのおかげです。

 

高学年でも、やらないよりは絶対にやったほうがいいと思います。とにもかくにも親の覚悟次第だと思いますよ!!

 

と、こんなことを伝えていただけたらいいのかなと思います。

スタートしてからのお悩みはそれぞれだと思いますので、それは個別の対応になりますね(^^♪

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

というわけで、みさこさん、ご質問ありがとうございました。

ますますのご活躍をお祈りしております音譜

 

 

【公開質問受付中】

公開質問についての詳細はこちら

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞駅東口


◆火曜・水曜・土曜クラス・・・年長~小学生
  年長~小3の体験学習 随時受付中!
 

◆通塾できない方の個別サポートあり


詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

朝霞・和光・志木・新座・川越・さいたま市・富士見市・練馬区などから通塾いただいております。

 



学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ




 

クリスマスもあっという間に過ぎ去り、あとは大掃除ですかね!

子どもたちは、冬休みを満喫できているでしょうか?

 

普段、どんぐり問題をコンスタントに取り組めている子は、おもいっきり遊び倒しちゃいましょう!

普段、落ち着いて取り組めていない場合は、毎日とは言いませんので、冬休み、ゆっくり取り組める時間を確保してあげるのもいですね!

こんにちは。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

 

さて、わたしはと言えば、今年後半、ブログの更新頻度がめっきり減ってしまいました。

ごめんなさい。

 

来年は初心を思い出し、発信頑張りたいと思います。

 

というわけで、

いきなりですが、読者の皆さんからの質問を大募集したいと思います!!
お年玉企画????
 

■どんぐり倶楽部について

■どんぐり問題について

■環境設定について

■幼児・小学生・中学生の学習について
■集中力・思考力・計算力・記憶力などなどについて

■早期教育について

■習い事について

■学習塾について

■宿題について

■家庭学習について

■親子関係・友達関係・学校との関係について

■ゲーム・タブレット・テレビ等について
 

 

などなど、学習に関する疑問やお悩みがありましたら、教えてください。

 

こちらは、個別に返信ではなく、このブログ上でお答えさせていただきますね。(すべての質問にはお答えできかねますことをご了承願います。)

 

【質問はこちらから】

★にこまる教育&子育て相談

(フォームが開きます)

 

特に締め切りは設けませんので、フォームが開いている間はご利用になれます。

 

 

個別に詳しい相談をしたい方は、にこまるの個別サポートをご利用ください。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

おかげさまで、現在、にこまるの通塾生は、50人弱となりました。

通塾せずにご家庭で続けている子や、兄弟姉妹もいるので、実際はもっと多いはずです。

 

すごくないですか?

埼玉県の一地域で、どんぐりをやっている子がこんなにいるんですよ!!

もうみなさん、変わった学習法(笑)だからといって、隠れてこっそりやる必要もないですね!

 

どんどん周りに広めていってくださいねラブラブ

 

 

 

さて、今日はお天気もよく、大掃除日和だそうですので、このブログを書き終わったら、窓掃除でもしようかと思っております。

 

皆様もどうぞ健康で平和な年末年始を過ごされますようお祈りしております。

 

 

 

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞駅東口


◆火曜・水曜・土曜クラス・・・年長~小学生
  年長~小3の体験学習 随時受付中!
 

◆通塾できない方の個別サポートあり


詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

朝霞・和光・志木・新座・川越・さいたま市・富士見市・練馬区などから通塾いただいております。

 



学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ