朝霞のどんぐり式算数文章題教室 学び処『にこまる』のブログ

高速反応ができることを頭がいいとか勉強ができると勘違いしないでくださいね。
じっくり自分の頭で考えられることを大切にしてください。
子育ても学習も、「ゆっくり・じっくり・ていねいに!」
12歳まではこれが基本です。

朝霞市のどんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』

【お知らせ】
H29年 10月~ 
朝霞駅東口を出てすぐの「大日屋ビル2F」に移転しております。
「松屋」さんの上です。
________________

■年長~小6生が楽しく学んでいます。
■オリジナルの絵図を描いて、見て、動かして、考えます。
■ヒントなしで、じ~っくり考えます。
■算数だけでなく、他の教科もできるようになっちゃいます。

思考回路はパターン学習や反復練習では育ちません。
自ら、試行錯誤し考えることが必要です!

お子様に、「考える時間」を与えてあげてくださいね。

詳しくは 学び処『にこまる』HP 
https://nicomarujyuku.jimdo.com/



テーマ:

11/23(祝) 糸山泰造先生講演会 

「本物の学力」を育てるとっても簡単な方法

全国各地で大好評!!

 

北海道・長野・千葉・滋賀に続き、

埼玉県さいたま市での開催決定!!

 

じわじわと140名がお申込み下さっています。

 

「何が分からないのか?」「どうして分からないのか?」

「なぜ、考えられないのか?」

 

解き方は知っていても、意味は分かっていない

学年が上がるにつれて、学習意欲が低下していく子どもたちの現状

 

こんな現状から子どもたちを救いたいと思い、

『お金をかけずに誰でもすぐに実践できる具体的な学習と子育ての方法を糸山泰造先生にお話ししていただく機会を設けました。

 

子どもの健全な成長に欠かせない遊びの時間を確保しつつ、「考えるチカラ」をはぐくむことができる仕組みを是非学んで下さいね!

無理・無茶させない健全な学習

をさせてあげましょう!!

 

講演内容をちょっと紹介!
■0~12歳までが思考力の養成期間

■ゲームやテレビは心配ですか?

■色々な学習法があるけれど、どれがいいの?

■算数で国語力も伸ばせる秘密とは?

■「しつけ」とは「させる」ことではない。

■中学・高校でも伸び続ける秘訣は?

 

お仕事ででも家庭ででも、子どもの教育に携わるすべての方に聞いていただきたいです。

また、教育学部の学生さんなんかも来てくれたらとってもとっても嬉しいなぁ。

これからの日本の教育を支えていく人たちですからね。

 

多くの人に届くよう、ぜひ情報のシェアお願いいたします。

 

 

糸山泰造先生講演会

「本物の学力」を育てるとっても簡単な方法」

↑長野講演の様子

 

 ■講演日 11月23日(木)祝日

 ■時 間 14:00~15:30 (13:30開場)

 ■会 場 市民会館おおみや 小ホール

       埼玉県さいたま市大宮区下町3-47-8

       会場アクセス → こちら

 ■料 金 前売りチケット¥1200 当日¥1500

           ペア割(夫婦)あり。お二人目半額! 

 ■対 象 18歳以上の教育に関心のある方どなたでも

 ■講 師 教育アドバイザー 糸山泰造氏

 ■主 催 「思考力が育つ子育てと教育」推進プロジェクト

 ■後 援 埼玉県教育委員会

 

 ■申し込み方法

  ・プロジェクトHPからお申し込みください。

  https://kyoiku0-12.jimdo.com/  

 

受け付けはわたくし平松が担当しております。

ご質問等があればお気軽にどうぞ!

 

本やHPを読むのと、生でお話を聞くのとはやはり違うと思います!

滅多にないチャンスですので、ぜひ、足をお運びくださいね。

 

 

どんぐり倶楽部公式HP

糸山先生のブログ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
寒いですね〜。
にこまる生にも風邪の子🤧が出ています。
暖かくして、ゆっくりしてね!

こんにちは。
朝霞のどんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』
平松あかねです。


クラスを男女別に分けているわけではありませんが、先日はたまたま女子だけの授業となりました。

{3D134A71-A043-4219-AC99-4A79917579C7}

5年生のお姉さんは、低学年さんにとても優しく接してくれます。

重さの問題に初めて挑戦した2年生。
重さだけでなく、「○倍」という言葉も出てきました。
まだ、学校ではかけ算の単元には入っていません。

グラムって何だろう?
○倍ってどういうこと?

と、この問題を通して考えておくことで、アンテナが立ち、今後の日常生活や学校の授業でその情報を集めることができると思います。

新人の1年生は、落とし穴の問題です。
小さめの落とし穴を描いてしまったため、落ちてきた人が、入りきらなくなってしまいました。

仕方ないので、穴を拡大!
絵図を大きく描く度胸がついてくるといいなぁ。


🌟平日クラス(火曜・金曜)体験受付中!

      https://nicomarujyuku.jimdo.com/


🌟11/23㊗️ どんぐり倶楽部糸山先生講演会
     さいたま市大宮にて
     130名お申込みいただいてます。
     まだ間に合いますよ〜(^^)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

10月に入り、教室の場所が変わりました。

初めての教室に戸惑いを見せる子もいましたが、2回目にはもう慣れたものです(^^♪

こんにちは。
朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 学び処『にこまる』平松 あかね です。




新入りのS君は、途中、どう描いたらいいのかと頭を抱えてしまいましたが、無事に最後まで描き切ることができました。
 

一方、同じく新入りのMくんは、イメージがどんどん膨らんで鉛筆が止まりません。答えに行きつく前に時間が来てしまいそうです。

そして、先輩のTくんは、問題の核心部分を熱心に考えていました。
「7にしたいんだけど、どうすればいいんだぁ・・・」と試行錯誤。

3人3様のペースでどんぐり問題に取り組んでくれました。

この日のこのクラスはたまたま男子だけでしたが、ちゃんと女の子もいますよ(^^♪

 

 

##################

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞駅東口

《年長~小学生》
##################

 

◆10月より~火曜・金曜・土曜(月1)
◆家庭で「どんぐり式」を始めたい方へのアドバイスもいたします。


詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

 

朝霞・和光・志木・新座・さいたま市・富士見市・県外などから通塾いただいております。

 



学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を「お絵かき算数」として使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

11/23(祝) 糸山先生講演会 

「本物の学力」を育てるとっても簡単な方法

全国各地で大好評!!

 

北海道・長野・千葉・滋賀に続き、

埼玉県さいたま市での開催決定!!

 

すでに120名以上がお申込み下さっています。

 

「何が分からないのか?」「どうして分からないのか?」

「なぜ、考えられないのか?」

 

解き方は知っていても、意味は分かっていない

学年が上がるにつれて、学習意欲が低下していく子どもたちの現状

 

こんな現状から子どもたちを救いたいと思い、

『お金をかけずに誰でもすぐに実践できる具体的な学習と子育ての方法を糸山泰造先生にお話ししていただく機会を設けました。

 

子どもの健全な成長に欠かせない遊びの時間を確保しつつ、「考えるチカラ」をはぐくむことができる仕組みを是非学んで下さいね!

無理・無茶させない健全な学習

をさせてあげましょう!!

 

講演内容をちょっと紹介!
■0~12歳までが思考力の養成期間

■ゲームやテレビは心配ですか?

■色々な学習法があるけれど、どれがいいの?

■算数で国語力も伸ばせる秘密とは?

■「しつけ」とは「させる」ことではない。

■中学・高校でも伸び続ける秘訣は?

 

お仕事ででも家庭ででも、子どもの教育に携わるすべての方に聞いていただきたいです。

また、教育学部の学生さんなんかも来てくれたらとってもとっても嬉しいなぁ。

これからの日本の教育を支えていく人たちですからね。

 

多くの人に届くよう、ぜひ情報のシェアお願いいたします。

 

 

糸山泰造先生講演会

「本物の学力」を育てるとっても簡単な方法」

↑長野講演の様子

 

 ■講演日 11月23日(木)祝日

 ■時 間 14:00~15:30 (13:30開場)

 ■会 場 市民会館おおみや 小ホール

       埼玉県さいたま市大宮区下町3-47-8

       会場アクセス → こちら

 ■料 金 前売りチケット¥1200 当日¥1500

           ペア割(夫婦)あり。お二人目半額! 

 ■対 象 18歳以上の教育に関心のある方どなたでも

 ■講 師 教育アドバイザー 糸山泰造氏

 ■主 催 「思考力が育つ子育てと教育」推進プロジェクト

 ■後 援 埼玉県教育委員会

 

 ■申し込み方法

  ・プロジェクトHPからお申し込みください。

  https://kyoiku0-12.jimdo.com/  

 

受け付けはわたくし平松が担当しております。

ご質問等があればお気軽にどうぞ!

 

本やHPを読むのと、生でお話を聞くのとはやはり違うと思います!

滅多にないチャンスですので、ぜひ、足をお運びくださいね。

 

 

どんぐり倶楽部公式HP

糸山先生のブログ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

たまには高学年向けの記事も書かなきゃですね。

 

こんにちは。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

先日、Tくん(6年生)のお母様からTくんの学校での様子をお聞きしました。

 

Tくんは、学校の授業で分からないことがあるとモヤモヤしてしまうらしく、休み時間に先生に聞きにっているそうです。
それで分かるようになると、自慢げにお母様に話してくれるのだそう。

 

お母様曰く、「もしにこまるで勉強していなかったら、こんなことはなかったかなと思います。分からなくてもそのままにしていたかと。」

 

テストでいい点をとりたいとかそういうことではなく、ちゃんと理解したい、という気持ちからの質問です。知的好奇心がしっかり育ってくれているなぁと思います。

 

『質問力』は、中学生になると、さらに大きな効果をもたらします。

 

学校の授業で分からないところを、わざわざ塾に行って教えてもらわなくてもいいんですよ。

学校の先生に聞けばいいんですから。

 

私も息子には、分からないところは先生に聞きなさいと言ってあります。

 

先生も、質問をしてくる子はやる気があると感じますから丁寧に教えてくださるはずです。

 

ただし、先生も色々とお忙しいので、すぐその場で教えてくれない場合もあります。

 

ですから、ノート(わからん帳)を提出するのです。

ノートに問題と解説を貼って、「解説のこの部分が分かりません」と書いて提出し、先生に解説を書いて返却してくれるように頼むのです。

これなら、先生も都合のよい時間に書くことができますね。

 

これが出来れば、中学生になっても塾要らず~なんだなぁ。

なんてお得なんでしょ!

 

中学校の勉強は小学生の時とは量やスピードが異なります。

どこかで躓くと、先に進めない場合もあります。

ですから、早急に対応したほうがいいのです。

 

家で何を勉強したらいいのか分からないという子は、「分からん帳」作りをすればいいのです。

教科書・ワーク・小テストなどをやって、できなかった問題を解説と一緒に切り貼りしておきましょう。

答えを見たり、解説を読んでも分からない時は、先生に提出です。

 

1教科につき2冊あれば、先生に提出している間も、もう1冊のほうで作業が進められますね。

 

この「わからん帳」は自分が苦手なところを集めたノートになりますから、苦手分野の克服になり、定期テストはもちろん受験の時にも大活躍するのです。

 

わからん帳作りを習慣にするために、小学生のうちから少しずつやっておくことをおすすめします。

中学生になってすぐは新しい生活に慣れるのに必死ですから、分からん帳作りを急に始めるのも大変です。

小学生のうちからやっておけば習慣になっているので、慌てずにできますよ。

 

というわけで、小学校高学年のみなさん、「分からん帳」作り、始めてみませんか??

 

糸山先生のブログ

 

■中学生の「わからん帳」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

糸山先生のお話を直接聞ける

めったいにないチャンスです。

 

糸山泰造先生講演会 in さいたま

「本物の学力」を育てるとっても簡単な方法」

 

 ■講演日 11月23日(木)祝日

 ■時 間 14:00~15:30 (13:30開場)

 ■会 場 市民会館おおみや 小ホール

       埼玉県さいたま市大宮区下町3-47-8

       会場アクセス → こちら

 ■料 金 前売りチケット¥1200 当日¥1500

           ペア割(夫婦)あり。お二人目半額! 

 ■対 象 18歳以上の教育に関心のある方どなたでも

 ■講 師 教育アドバイザー 糸山泰造氏

 ■主 催 「思考力が育つ子育てと教育」推進プロジェクト

 ■申し込み方法

 ・申し込みフォーム

  https://ws.formzu.net/fgen/S61038631/

 ・HPからもお申し込み可

  https://kyoiku0-12.jimdo.com/  

 

 

 

 

 

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年9月の記事を編集の上再投稿しています。

 

小学1年生、そろそろ漢字学習が始まったでしょうか?
習い始めが肝心なのは漢字も同じ。

 

漢字を習い始めたお子さんに絶対に言ってほしくない言葉があります。

こんにちは。

朝霞のどんぐり式学習塾 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

さて、
漢字を習い始めたお子さんに絶対に行ってほしくない言葉 
とは何でしょうか?

 

「きちんとハネなさい」 ー いえいえ。
「書き順を守ってね」 ー いえいえ。

 

それは、
「漢字は何回も練習しないと覚えられないよ!」

です。

 

この先入観を植え付けられた子は後々苦労しますよ。
1年生の最初に出てくるような漢字は、画数も少ないので、
見ただけで覚えられるものがほとんどです。

「大」なんて、しっかり見てさえいれば、何回も練習しなくてもすぐに書ける子が多いはず。
せっかく、見ただけで覚えられる能力があるのに、それが、「何度も書かないと覚えられないよ」と言われ、実際に何度も練習させられることで、見て覚えるという力が発揮されなくなってしまうのです。

「書かないと覚えられない」という大人の固定概念を押し付けてはいけません。

できれば、書かないで覚えられたほうが効率がよいのです。

学年が上がれば上がるほど、差が出てきますよ。

 

もちろん、まったく書くなとはいいません。

 

1年生ですから、見て分かってはいるけれど、書くとなるとバランスが崩れてしまう子いるでしょうし、おかしなところから書き始めたりする子もいるかもしれませんので、そういう意味で書き方のチェックをしてあげる必要はありますが、「覚えるために何度も書く」ということを最初からさせないほうが良いですよ。


漢字の練習に時間をかけてしまうことほどもったいないことはありません。

中学になれば、覚えるべきことは増えるのに部活などで時間は足りなくなるという状況になります。

漢字をいちいち大量に練習していたのでは、とても時間が足りません。


そういうことも考えて、できるだけ見ただけで覚えられるように、「何度も書かないと覚えられないよ」とか「たくさん練習して偉いね」などとは言わないようにしましょう。

また、何度もイヤイヤ練習させられることで、漢字嫌いになってしまっては困ります。
練習がただの作業になってしまって、やった割に覚えたいないという子は山ほどいます。

 

くれぐれもご注意くださいね。

ちなみに、学校の宿題で漢字練習の量が多いと感じたら、先生に相談していいのですよ!

保護者も臨機応変にいきましょう!

 

 

★漢字を見て覚える方法はこちら

IF法(イメージフィックス法)

 

《こちらの記事もどうぞ》

 

★漢字50問テストの罠

★漢字の宿題をやらずに受けた50問テストの結果

 

 

 

##################

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞駅東口

《年長~小学生》
##################

 

◆10月より~火曜・金曜・土曜(月1)
◆家庭で「どんぐり式」を始めたい方へのアドバイスもいたします。


詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

 

朝霞・和光・志木・新座・さいたま市・富士見市・県外などから通塾いただいております。

 



学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を「お絵かき算数」として使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

入学後スムーズに学習が進められるように、やっておくとよいこと、やらないほうがよいことをお伝えしています。

 

こんにちは。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

入学準備 きほんのき シリーズ4回目 

~読みきかせ編~です。

 

読み聞かせは、「聞いて理解する」という力を育てますので、国語だけでなくすべての教科に渡って大きな影響を与えます。

 

小学校でももちろん、先生は口頭でお話しをするわけです。

どんどん進む話を瞬時に理解していかなかれば、分からないまま授業は進んでしまいます。

 

本来は、先生が子供たちの様子をみてゆ~っくり指導してあげればよいのですが、何せ40人前後という人数ですから、一人一人に合わせてというのは難しいことですよね。

ですので、そこは家庭で対策をということになります。

 

今回は入学準備ということで絵本の読み聞かせをおススメしていますが、絵本の読み聞かせを義務のように感じて嫌々やったり、読んだ後理解度を確かめるようなテストをしたり、感想を言わせたりしないでくださいね。
絵本で文字を覚えさせようとしたり(少しはいいです。)、無理に一人で絵本を読ませようとするのもNGです。

 

純粋に、親子の楽しいひと時として絵本時間を共有してください。

 

これが、心の安心や栄養になって子どもの成長に大きな役割を果たすのです。

 

本を自分で読めるようにさせたい場合は、絵本ではなく児童書をお勧めします。

 

絵本は文字が小さいものも多く、文字を読んでしまうと絵を見られないので面白くないですね。
 

児童書のほうが文字が大きく、適度に漢字も使われているので読みやすいですし、漢字に慣れる効果もあります。

自分で読ませるなら、児童書をおすすめします。

お子様の興味をよく観察して、食いつきそうな本を探してあげてくださいね。

 

会話だけではとてもとても語彙が足りません。
また、入学にあたって「書き言葉」に慣れておく必要もあります。
絵本の読み聞かせは何歳からでもいいですから、ぜひぜひぜひぜひおすすめします。
 

勉強と言うと、書いて練習させることばかり思い浮かぶ方も多いと思いますが、まずは、「聞いて分かる」「聞いて想像できる」「見て分かる」が基本ですから、それをお忘れなく!

 

 

 

 

 

 

うちの小5次男は、幼稚園の時からゾロリにはまって、いまだに新刊がでるとお小遣いで買って読んでいます(笑)
ちゃんと学年相当の本も読んでいますのでご安心を!

 

 

■入学準備 きほんのき ~算数編

■入学準備 きほんのき~運筆編

■入学準備 きほんのき~国語編1

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

糸山泰造先生講演会 in さいたま

「本物の学力」を育てるとっても簡単な方法」

 

 ■講演日 11月23日(木)祝日

 ■時 間 14:00~15:30 (13:30開場)

 ■会 場 市民会館おおみや 小ホール

       埼玉県さいたま市大宮区下町3-47-8

       会場アクセス → こちら

 ■料 金 前売りチケット¥1200 当日¥1500

           ペア割(夫婦)あり。お二人目半額! 

 ■対 象 18歳以上の教育に関心のある方どなたでも

 ■講 師 教育アドバイザー 糸山泰造氏

 ■主 催 「思考力が育つ子育てと教育」推進プロジェクト

 ■申し込み方法

 ・申し込みフォーム

  https://ws.formzu.net/fgen/S61038631/

 ・HPからもお申し込み可

  https://kyoiku0-12.jimdo.com/  

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

勉強の習慣を付けるために、お子さんに、毎日何かしら勉強させている方もいらっしゃると思います。

 

 

でも、これには落とし穴があるのです。

気づいていますか?

 

毎日させるということは、たいていパターン化されたものになりますよね。

慣れてしまえば考えなくてもできるようになってしまいます。

 

そして、とりあえずノルマをこなせばいいんだという感覚に自然になっていきますね。

 

やっつけ仕事状態です。

 

これを小さなうちからさせると、じっくり考えるという習慣はつかないでしょうね。

 

漢字と計算は毎日やらせなきゃという意識がどこから来るのか私にはまったくわかりません。

一日やらないと忘れてしまうのでしょうか????

スピードが落ちてしまうのでしょうか?

 

考えない習慣をつけてしまうような勉強を毎日させるのはもったいないと思いませんか?

というわけで、現在小5の息子は、週に2~3問のどんぐり問題しかやっていません。
学校の宿題の漢字練習も計算ドリルもしません。

(特別な宿題の時はやります。)
漢字は授業中に覚えてくるから家で練習する必要なし。

計算は、どんぐり問題の中にももちろん含まれるのでそれで十分。

やり方を忘れるということもありません。

 

毎日机に向かって勉強はしていませんが、授業中はしっかり聞くというのは当たり前にできるし、思考の忍耐力もついているし、新しいことを知るのはとても嬉しそうだし、よい習慣になっているなと感じます。

 

毎日毎日同じようなことをさせることがそんなに必要なことなのか、考えてみてください。
何なら、親のあなたが、毎日一緒にやってみたらどうでしょうか?
私は絶対嫌ですけどアセアセ

 

 

どんな勉強法がいいのかな~と思案中の方、

どんぐり倶楽部の糸山先生の講演会で目からウロコの話が聞けますよ!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

糸山泰造先生講演会 in さいたま

「本物の学力」を育てるとっても簡単な方法」

↑長野講演の様子

 

 ■講演日 11月23日(木)祝日

 ■時 間 14:00~15:30 (13:30開場)

 ■会 場 市民会館おおみや 小ホール

       埼玉県さいたま市大宮区下町3-47-8

       会場アクセス → こちら

 ■料 金 前売りチケット¥1200 当日¥1500

           ペア割(夫婦)あり。お二人目半額! 

 ■対 象 18歳以上の教育に関心のある方どなたでも

 ■講 師 教育アドバイザー 糸山泰造氏

 ■主 催 「思考力が育つ子育てと教育」推進プロジェクト

 ■申し込み方法

 ・申し込みフォーム

  https://ws.formzu.net/fgen/S61038631/

 ・HPからもお申し込み可

  https://kyoiku0-12.jimdo.com/  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【入学準備 きほんのき 国語編】

 

来春1年生のみなさん、もうランドセルは決めたかな?
ママたちは、入学までに何をどこまでやっておいたらいいのか心配もあるかと思います。

 

そこで、小学準備「きほんのき」シリーズとして、お勉強をどの程度、どんな風にやっておけばよいのかを数回に分けてお送りしています。

 

シリーズ3回目の今日は、「国語編1」

 

何と言っても、入学までにやっておいてほしいのは、

文字に親しむ!! こと。
 

年中さんから年長さんは、とにかく文字を見る機会を作ってあげましょう。

 

書くのは後でいいんです。
沢山見て、読めるようになってくると、自然に書きたくなるものです。

読みと書きを一緒に覚えさせようとすると負担が大きいので、まずは、読めることを重視してくださいね。

 

そして、ひらがな⇒カタカナ⇒漢字という順番にこだわってはいけません。

 

カタカナはちょっと難しいかもしれないですが、ひらがなと漢字は同時進行でかまいません。

漢字のほうが難しいという先入観は捨ててください。

 

「止まれ」って外を歩けば見かける標記ですよね。

ひらがなと漢字が一緒に覚えられます。

 

お母さんがお子さんに手紙やメモを書いてあげる時も、わざと漢字を使ってみましょう。

買い物リストなどを書いて、それを見ながらお買い物をするのもいいですね。

 

カレンダーの曜日の漢字を意識させるのもいいですね。

カルタ取りもおすすめです。

目の運動にもなります。

 

また、かるたの読み手をやらせると、文を読むのが上手になりますよ。

できれば、読み札の文はリズム感のあるもののほうがおススメです。

何度も遊んで、読み札の文を覚えてしまうくらいになってから読み手をやらせてあげるとスムーズです。
(ただし、ちゃんと文字を追って読んでいるか確認してくださいね。)
 

漢字は1年生の漢字から順にやる必要もまったくないです。
身近でよく目にするものからどんどん読み方を教えてあげてください。

 

ある程度読めるようにしておけば、学校で漢字を習ったときに「書き」に集中できるので楽ちんです。

これが、初めてみる漢字ばかりだと負担が大きくなりますよ~。

 

こんなゲームもおすすめ

 

ひらがなを繋げて言葉を作るゲーム

 

こちらはしりとり。
大人も一緒に楽しめます。

 

 

今日は、ここまで~。

 

■入学準備 きほんのき~算数編

■入学準備 きほんのき~運筆編

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【金曜クラス開講記念】

無料体験学習のお知らせ

 

■9/15(金)16:30~17:30

■9/22(金)17:30~18:30

■9/29(金)16:30~17:30(残席1)

 

体験対象者 : 年長~小4生

特典 : クロッキー帳プレゼント・入塾金免除

 

詳細・申し込みは学び処『にこまる』HPをご覧ください。

★学び処『にこまる』HP

 

どんぐり問題は通塾せずに家庭でも取り組めます。

家庭での取り組みを希望の方も、体験でやり方等を説明します。

お気軽にお問合せください。

 

 

##################

どんぐり式 算数文章題教室
学び処『にこまる』 @ 朝霞駅東口

《年長~小学生》
##################

 

◆10月より~火曜・金曜・土曜(月1)
◆家庭で「どんぐり式」を始めたい方へのアドバイスもいたします。


詳しくはHPをご覧ください ⇒ こちら
フェイスブックページ ⇒ こちら


 

 

朝霞・和光・志木・新座・さいたま市・富士見市・県外などから通塾いただいております。

 



学び処『にこまる』は、どんぐり倶楽部の理念に共感し、どんぐり俱楽部の良質の算数文章問題を「お絵かき算数」として使用しております。

 

★どんぐり倶楽部公式HP

★糸山先生のブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どんぐり問題は楽しい問題なのですが、もちろん中にはあまり興味を示さず、面白くないという子もいます。

 

それはどうしてでしょう・・・。

 

こんばんは。

朝霞のどんぐり式 算数文章題教室 

学び処『にこまる』

平松 あかね です。

 

ここには、単純な好き嫌い以上のものが隠されていることがあるんです。

 

それは、普段、パターン化された単純な問題ばかりやっているために、丁寧に絵図を描いて時間をかけてやるタイプのどんぐり問題を面倒だなと感じてしまうということです。

 

これ、かなり重症ですえーん

簡単にできることしかしたくないという状態に陥っていますね。

完璧主義の場合も、出来ない可能性のある問題、間違えそうな問題はやりたくないと思ってしまいます。

 

さらに悪化しているケースでは、思考の持続時間そのものまで短くなってしまっていて、考え続けることができないということも!!

 

このような場合は、やはりどんぐり問題を最初から楽しめません。

お子さんがどういう状態だから楽しめていないのか、よく見極める必要があります。


楽しめないお子さんこそ、健全な頭を回復させるために、どんぐり問題を活用していただければと思います。
 

楽しめるようになるまで、時間がかかるかもしれません。

でも、何もしなければ考えない状態が続くだけです。

どんぐり問題を生活に取り入れることで、「思考する時間」を確保してあげてほしいなと思います。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなどんぐり式をお試ししてみたい方、

体験学習を受け付けています。

残席1名です。

 

詳細は、HPをご覧ください。

https://nicomarujyuku.jimdo.com/

 

⁂ 9月の体験学習は朝霞駅東口教室で行います。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。