完走おめでとう‼️

テーマ:
Ponちゃん
ナミビアのナミブ砂漠で行われた7日間250kmのナミブレース2019。

日本で言えば、平成から令和を駆け抜ける、まさに時代を越えるレース‼️



私から見れば完走できるだけで、いえ、出場するだけで200点満点なのに〜
砂漠ランナーとして、レースに出るたび、
どんどんスピードアップしてるPonちゃんの成長がまばゆいわ〜〜✨

世界に笑顔と感動を伝えるオンリーワンのアスリート‼️
今回も見事に全てのステージを完走。
途中スピードもかなり伸びてランクアップしていましたが、
ラストステージの前日、足を負傷して痛み止めを飲みながらの苦戦レース、それでも持ち前のど根性で完走。

無邪気なひつじの彼女。
今年は焦燥なので、まさにジャンプして大きなチャレンジに出ましたね✨

初めてPonちゃんに会った3年前は、私自身も自分にすごく向き合い立ち止まっていたときでした。

当時のPonちゃんは、見た目には中高生にしか見えないあどけなさがあったのですが、全身から感じるひたむきさと、その強いエネルギーを感じていたのはよく覚えています。

世界一過酷なレースと言われるサハラ砂漠を7日間走り続けるレースに出場、完走。

そのサハラから帰るころには次のイランシルクロードマラソン出場を決めていて、

正直、ビザがおりなければ行かないでしょ?と実は彼女の思いの邪魔をしていました。
イランという国は危なくないことを自分がマラソンを通して証明したい、と言ってたけど、そんな日本人は誰も走ったことないイランマラソンで、証明なんかしなくていいよ〜ってね。

でも、Ponちゃんがゴールしたあと嬉しそうにイランと日の丸の旗を振りかざして走り回ってる姿を見たら、こりゃ、世界を一つに繋ぐ親善大使なんだ〜って、その笑顔に大きくうなずき、感動しまくったのでした。


さらにその半年後が過ぎ、今回のナミブ砂漠。

私はこの頃、Ponちゃんを見てると、心配より、ワクワクが止まらないのです。
知らない場所で、観光地でもなく、決して楽しみルンルンな場所ではないですが、写真を見ていると、地球を走ってるんじゃんって思うのです。

この星を駆け抜ける

今回は、平成から令和にまたがり、時も超えてって感じで、
ずっとこのレースをサイトから追っかけていました。


きっと、
また 何か見つけてきたことでしょうね。
そんな、自分に、未来にチャレンジし続けるPonちゃんは、ホントに眩しい✨✨✨✨

新たにまた見つける喜び。
そして、変化し続けることの喜び。

私もまだまだ刺激を受けておりますわ。
ありがとう、Ponちゃん🥰

そして、早く会って話聞きたい🥰

これから南アフリカのコムラッズマラソンにも出るため、帰国報告会は6月23日予定。

是非たくさん集まってその偉業をたたえたいですね😍

✳️ ナミビア、南アフリカマラソン報告会
6月23日(日) 18:30開場 19:00開演
鹿児島市勤労者交流センター
(中央駅前キャンセビル8F)
参加無料

#namibrace
#namibrace2019
#4desart
#Ponちゃんクラブ