上の子の七五三と、

下の子のお宮参りの

御祈願をしてきました。

 

 

子どもの健康をお祝いして、

成長を感謝するお参りです。

 

 

 

昔は、子どもが無事に大きくなるのが

今より大変だった時代もあり、

こういう行事ができたと言われています。

 

 

 

 

 

 

子どもの行事に限らず、

 

私たちって、何かにつけて、

節目のお祝いをしますよね。

 

 

 

 

伝統的に「やるもの」

となっているけど、

 

今回改めて、

 

やってよかったと感じたことを

まとめてみました。

 

 

 

 

お宮参り・七五三、やってよかったこと

 

●晴れ着姿の可愛い我が子が見られる。

ただの親バカでも、この感動は半端ない

 

●普段も成長を目にしているけど、日常に流されがち。

その成長を改めて感じて喜びが倍増。

 

●静かな拝殿の中で心が落ち着いて、

我が子が生まれて来て一緒にいてくれることへの

感謝が実感できる。

 

●家族一緒に成長の喜びを共有できる。

 

●一体感を感じられて、夫や家族に改めて感謝できる。

 

●家族に感謝できると、夫に優しくなれる。

妊娠〜産後に出ていたイライラ虫が

静まる感じがして、

夫への口調が変わりました。

・・・どんだけきつく当たってたんや(^^;)

 

●着物姿が、初々しくもありながら、

晴れ着が着られるほどになったという、

もう赤ちゃんではない姿があり、

感動する。

着物を着ると、ぐっと大人になった感じがするんですよね。

 

●後から写真を見ると、また感動が蘇る。

 

●成長の早さを感じて、

大事に育てよう、

1日1日を丁寧に関わっていこう

という気持ちが、改めて湧いてくる。

ホント、日々小さい変化をしてるのに、

ふと気づくと忘れてる。

ふと気づくと大きくなってる。

 

●大変だったことも、

可愛い、嬉しい、愛おしいって感情が

包んでくれる。

ふれあいで、幸せホルモン出て、

お産の痛さは忘れるっていうけど、

「可愛い♡」って思うことでも、

幸せホルモンドバドバですね。

 

 

 

 

 

節目の行事をすることで、

 

いつも当たり前に過ぎていくことを、

改めて見つめることができて、

 

「有難い」ということを再確認できるんだなーと実感。

 

 

 

 

 

日常、当たり前に過ぎていくことも、

本当は当たり前ではなく、有難いこと。

 

でも私たちは、

その有り難さを忘れがち。

 

だから、時々、

こうして節目をお祝いして、

有り難さを再確認することで、

より丁寧に過ごせるようになる。

 

 

 

これまでのことへの感謝が、

 

これからの生き方を、

より丁寧なものにしてくれます。

 

 

だから、

節目の行事やお祝いは、したほうがいい。

 

 

 

家族でもお仕事でもね。

 

 

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございます。

 

 

 

 


 

セミナー・講座・イベント情報

 

<<お客様目線の販促・集客>>

 

あなたのサービスの、お客様目線に立った伝え方をアドバイス。

・お客様目線無料相談(30分)

・無料チラシ添削

・チラシ作成講座

 産休中 

 

徹底的にお客様目線に立ったチラシ・ニュースレターを作成。

・チラシ作成

・ニュースレター作成

 産休中 

 

 

<<子育て講座・サロン>>

 

0歳からのオムツ外し・ハイハイ・心地よい抱っこ

「お母さん力」アップ講座

 

ママがリフレッシュできる子育てサロン

おひさま(大塚台子育てサロン)

 

 

<<人生が変わる歩き方セミナー>>

 

正外反母趾、冷え、腰痛、肩こり、

生理不順、産後の腰痛

〜正しく歩けば不調が消える〜【足のスペシャリストが教える人生が変わる歩き方セミナー】

 

・世界に一つ。一生涯使える。

作成数NO.1フットマスターによる、足から全身の不調を取り除く【オーダーメイド矯正インソール出張作成】

 

 

<<ビジネス・自己実現>>

 

全国で180回以上開催。

〜自分が日本一になり仲間を日本一にする〜【日本一のランチ会】