ハーブとアロマの薬箱 ++おうちスタイル++
はじめまして。ハーブ&アロマセラピストのPianoとnicoです。

二人ともハーブやアロマの他にも、クレイ、ハーブウォーター、レメディ、お料理などを通して日々ナチュラルケアを楽しんでいます。生活の中で常備していると助かるハーブやアロマはたくさんあります。
ハーブやアロマはいくつかのルールを守ってくだされば、安全で身体と心に優しいファーストケアができます。

このブログでは、日ごろのハーブやアロマを使いこなすヒントと新レッスンのハーブやアロマの薬箱のレッスンの準備と告知をしていきたいと思います。

小さなお子様からお年寄り、更年期や仕事などのストレス、ペットケアまでアロマやハーブ、クレイなど自然の素材を使って家庭の薬箱をご一緒に作ってみませんか。


岡山でアロマとクレイのサロンとお教室 piano pianoを主宰のpiano
http://ameblo.jp/naomiando99/

大阪で人とペットのためのハーブ&アロマ教室nicoを主宰のnico
https://herb-nico.com








  • 24Aug
    • 残暑を乗り切るハーブのごはんの画像

      残暑を乗り切るハーブのごはん

      おはようございますハーバルセラピストのnicoです長い夏休みを終えて、テキスト作り9月からのレッスンの準備を始めています皆さま、お元気ですか?処暑をすぎて朝の蝉の声が減りたまに涼しい風が吹くようになりましたそろそろ食欲の秋の到来ですね今日は、友人に教えてもらったごはんが何杯でもいけるという青紫蘇のタレ漬けのご紹介です😆紫蘇というといろいろなお料理に使われて重宝がられますがなんとなく脇役的なところが💦紫蘇は和ハーブシソ科のハーブには抗菌作用のあるものがたくさんありますβカロテンビタミンCビタミンB群鉄亜鉛そしてカルシウム👍清々しい香りの芳香成分のペリアルデヒドは防腐、殺菌作用と食欲増進作用がありますまだまだ暑さが続くので食中毒予防にも最適ですねなんだかとってもお利口さんなハーブ毎日の食事に取らないてはないです👍材料を混ぜたタレに青紫蘇をくぐらせるだけすぐ食べられますが半日ほど漬け込んだ方が美味しいです👍冷蔵庫で2、3日はもつのでたくさん作っても大丈夫です☘️nicoのアレンジレシピ🍀青紫蘇10枚ぐらいごま油 大さじ2ニンニク醤油 大さじ1豆板醤 小さじ1/2蜂蜜 小さじ1/3すり黒ごま 大さじ1/2ニンニク醤油は、剥いたニンニクを瓶に入れて醤油をひたひたに入れたものいろいろ使えて便利です!なければ、ニンニクをすったものを少々入れてくださいねアツアツのごはんに乗せて食べても美味しいですが豚しゃぶのタレ代わりにこの紫蘇漬けで巻いて食べると最高!です秋は、すぐそこまで来ています元気に残暑を乗り越えましょうね💕緑の薬箱の打ち合わせは、またまたリモートになってしまいましたが、まもなく完成😊私達も早くレッスンまで漕ぎ着けたいのですが焦らず頑張ります🍀それぞれのブログでも、日々の生活やハーブやアロマ、ペットケアの事を書いていますのでよろしくお願いします岡山でアロマとクレイのサロンとお教室 piano pianoを主宰のpianohttp://ameblo.jp/naomiando99/大阪で人とペットのためのハーブ&アロマ教室nicohttp://ameblo.jp/nico-herb/

  • 14Jul
    • 心も脳もすっきり「レモン」の画像

      心も脳もすっきり「レモン」

      アロマセラピストのpianoです。今日お伝えするのは「レモン」の精油です。誰でもが知ってる爽やかな果実の果皮からとれる香りは、ジメジメしたこの季節の憂鬱な気分や、ストレスからくる不安な心にぜひおススメしたいbest3に入ります。レモン精油は、高いリフレッシュ作用があり、脳の中のモヤモヤを一瞬にしてクリアに!集中力や記憶力を高めるので、家事や仕事もサクサクこなせそうです。空気清浄や抗菌作用もあるので、感染予防や防臭ハウスケアにも活躍してくれます。レモン精油には光感作作用があるため、皮膚に塗布する場合は注意が必要ですので今回は芳香による使用方法をご紹介します。☆ティッシュやアロマストーンに一滴垂らして嗅ぐ☆ディフューザーやアロマスプレーで空間に香らす。(長時間連続では使用しないでくださいね)雨の多いこの季節、pianoのサロンでもラベンダーとレモンを足浴にブレンドする事が多いのですが、「わぁ!良い香り。レモンですね!」ととても喜んで頂く事が多いです。柑橘系の香りはどれも気持ちが明るくなる大好きな香りですが、その中でもスッキリ度は一番なレモン、ぜひお試しください。「ハーブとアロマの薬箱」のテキストでは、毎日を快適に過ごすため、よくある不調にハーブやアロマを取り入れ改善していく自然療法をお伝えしていきます。また、沢山の人がハーブやアロマを安全に楽しみながらおうちスタイルに取り入れていただきたいという想いから、有資格者の方には講師用テキストを受講される事で「ハーブとアロマの薬箱」をお伝えできるようになります。ぜひ多くの方々にハーブやアロマの良さを知っていただきたいと思います。〜テキストは作成中です〜☘️それぞれのブログでも、日々の生活やハーブやアロマ、ペットケアの事を書いていますのでよろしくお願いします岡山でアロマとクレイのサロンとお教室piano pianoを主宰のpianohttp://ameblo.jp/naomiando99/大阪で人とペットのためのハーブ&アロマ教室nicohttp://ameblo.jp/nico-herb/

  • 28Jun
    • 夏のお料理に欠かせないバジルの画像

      夏のお料理に欠かせないバジル

      ハーバルセラピストのnicoです梅雨の折り返しで各地で豪雨が続いていますね大きな災害が起こらないことを祈ります皆さんも気をつけくださいねさて、今回のハーブはバジル精油でもバジルはあるのですが、今回のお話はフレッシュバジルですすでに、お家で育てて美味しいお料理に使われている方もいらっしゃると思いますが、育てるコツをおさらいしてくださいねバジルの原産国は、エジプトですなんとなくジェノベーゼからイタリアを想像しますが、暑い国の植物なので、梅雨明けから一気に育ちます👍•まずバジルを植えて三節以上のびたら摘芯します。上に伸びる力を抑えると脇芽が沢山でてくるので葉っぱの量もグングン増えます•葉っぱが増えるとモシャモシャになるので葉が蒸れて枯れてしまうのでドンドン収穫しましょう。ジェノベーゼやドライハーブにすると保存もできます•ハダニがつきやすいので、表面の土がかわいたら、葉っぱにもジャバジャバ水をかけましょう•7月中旬から白い可愛いお花が咲きますが、お花を咲かせてしまうと葉が固くなります。秋まで食べたい方は、花芽がでたら二節目あたりまで切り戻ししましょう。また脇芽がグングン伸びて、秋まで楽しむ事ができますようちでは、夏の間、実家から送られてくるトマトとバジル、ニンニクで冷製パスタを楽しみます簡単にできるので、ぜひ作ってくださいね材料(2人分)トマト 二個バジル10枚程生ハム6枚〜10枚ニンニク1/2かけエキストラバージンオリーブオイル大さじ2〜3塩、コショウ 適量お水 適量細めのパスタ 120g〜160g1.トマトは、一口だいの大きさにきり、バジルは、細切り、ニンニクは細かいみじん切りにしてボールにいれます2.オリーブオイル、適当に切った生ハム、塩ひとつまみ、コショウ少々をいれて混ぜ合わせて、ラップをして一晩マリネします3.一晩マリネしてトマトの水分がたりないときは、水を大さじ1〜2をたして、生ハムから塩味がでるので、味見をしてから塩を最後に加えます4.茹でて冷水で冷やしたパスタの水気をしっかり切ったら3のボールにいれ、よく混ぜます5.お好みで、粉チーズや黒胡椒、オリーブオイルをかけて出来上がりです暑い夏のお昼に試してみてくださいね💕☘️それぞれのブログでも、日々の生活やハーブやアロマ、ペットケアの事を書いていますのでよろしくお願いします岡山でアロマとクレイのサロンとお教室 piano pianoを主宰のpianohttp://ameblo.jp/naomiando99/大阪で人とペットのためのハーブ&アロマ教室nicohttp://ameblo.jp/nico-herb/

  • 22Jun
    • 花の香りをゆっくりと楽しむの画像

      花の香りをゆっくりと楽しむ

      こんにちは、ハーバルセラピストのnicoです私の教室も長いお休みをやっと抜け出しゆっくりと日常を取り戻しつつあります先日、私の好きなゼラニウムの香りを残そうとアンフルラージュを真似てシアバターに香りを移してみましたアンフルラージュは、ガラス板に油脂を塗り、花弁を置いて香りを移すこと数十回と気の遠くなる作業を繰り返して出来上がるそうです残念ながら、私の気力とお花がなくなったので3回の作業で終了💦全ての花弁をとってシアバターを容器に移すとほんのりとゼラニウムの香りが💕3回でも香りが移るのですから、昔の人たちが気の遠くなる作業を繰り返したアンフルラージュで移された花の香りを嗅ぎたくなりました何かとバタバタと余裕のない暮らしを送っているので、もう少し丁寧にゆっくりと暮らしたいなとこの頃思います。余裕ができたら本当のアンフルラージュ!やってみたいです🍀それぞれのブログでも、日々の生活やハーブやアロマ、ペットケアの事を書いていますのでよろしくお願いします岡山でアロマとクレイのサロンとお教室 piano pianoを主宰のpianohttp://ameblo.jp/naomiando99/大阪で人とペットのためのハーブ&アロマ教室nicohttp://ameblo.jp/nico-herb/

  • 17May
    • アロマの薬箱 試作中

      こんにちはステイホームでのGWも終わり、少しずつ日常を取り戻す準備も進みはじめているように思います。気がつけば季節は初夏へ。カキツバタやバラの花が心をときめかせてくれる散歩道となりました。...nicoとpianoもステイホームで定番となったリモートでのテキストの打ち合わせを進めております。今日は、アロマで作る様々なクラフトの試作をしました。〈ちょっとした不調に〉感染症予防ジェル呼吸すっきりクリーム肩こり、痛み緩和クリーム鼻すっきり、花粉症クリームマスクスプレー胃腸いたわりオイル〈心も身体も日々健やかに〉リラックスバスオイルスキンシップオイル制汗スプレー肌しっとり乳液キッチン消臭スプレーまだまだ考案中ですが、私達自身が家庭の薬箱としてよく登場するものを中心に考えています。中には、なくなるとすぐに家族がリクエストしてくる定番もあります。アロマテラピーは精油を扱うので少し知識が必要になりますが、使いこなすことができればとても頼りになる自然の薬箱となるのです。ハーブやアロマがある暮らしが、いつのまにかご自分やご家族の身体と心の下支えになっていったら嬉しい。〈ハーブとアロマの薬箱〉は、そんな願いを込めてた薬箱です。

  • 18Feb
    • 抗感染も免疫も大事の画像

      抗感染も免疫も大事

      こんにちはアロマセラピストのpianoです。冬といえば風邪やインフルエンザなど感染症の季節。そして今年は新型コロナウィルスが世界中に猛威をふるっています。...感染は、ウィルスや細菌などの微生物の侵入(外部)と私達の免疫力(内部)との力関係で発症が決まります。手洗いやマスク、抗菌グッズなどの外からの防御と共に、私達の内部にある免疫力にも目を向けていきたいですね。身体を冷やさない充分な睡眠と休養バランスの良い食事ストレスケアなどは免疫力を高める要素でもあります。精油やハーブはその作用から感染症予防にも活躍する心強い自然の薬です。抗菌ジェルや抗菌スプレー、リラックスのバスオイルに身体を温めるハーブティー、皮膚を乾燥から守るオイルやクリームなど。「ハーブとアロマの薬箱」では、ご自分やご家族への感染症の季節ケアについてもお伝えしていきたいと思います。自然の薬箱で、感染症の季節も健やかに過ごしていきたいですね

  • 06Feb
    • 感染が心配なこの時期にハーブとアロマができることの画像

      感染が心配なこの時期にハーブとアロマができること

      お久しぶりですハーバルセラピストのnicoです昨年は、思いもよらないことが起こり皆さまにもご迷惑をおかけしましたこの、ハーブとアロマの薬箱の企画もストップしてしまいましたが先日2/4に新たに企画をスタートしました2/4は立春、現在は新春、初春と言えは正月ですが、1/1日は、暦の上では春ではないです元々は、立春の頃が一年のスタートとされていたので、初春、新春と言う言葉だけが一年の始まりが正月になった現在でも使われているみたいですみなさまが知っている厄年も2/4〜次の年の2/3まで、あとお茶摘みで知られている八十八夜なんかも立春から88日目の事です。私達の生活の中には、まだまだ日本古来の考え方が根付いていますね👍その、一年のスタートにpianoさんと二日間にわたりいろいろ話しあいました。最初のコンセプトとは、少しずつ変わってしまいましたが、より生活に役に立つハーブとアロマの使い方を模索しています。皆さまも日頃、こんな時に使ってみたい作り方を知りたいなどありましたら、ぜひご意見くださいね😆2人とも長年ハーブやアロマに携わり、知識や経験を積んできましたが、それがこの講座にはネックになっています💦家庭で安全で安心に使える、日常に溶け込むような使い方。初心に帰って考え直しているところです当初の予定より先になりましたが春には開講できたらなと思っていますので、よろしくお願いします話は違ってPicのハーブ達、なんの目的で使われるかわかりますか?これは、春に向かう身体を助けるハーブ人は、ハーブティーわんちゃんは、パウダーネトルバードックマリアアザミフェンネルシード春は、今までため込んでいたものが、一気に芽吹く季節です沢山の仕事をするので心も体もオーバーヒート気味💦みなさんも働きすぎたり忙しい過ぎるとイライラしますよねオーバーヒートした体は、怒りを生みだします怒りは肝臓を弱らせる→肝臓が弱ると体に不調が....と悪循環の連鎖になりますネトル、バードックは、体に入ったいらないものを体外に出さすお手伝いをするハーブマリアアザミは、肝臓のお手伝いフェンネルシードは、この時期胃腸が弱ったり、肝臓が弱ると目にも影響するので、そのお手伝いまだまだ寒さが厳しくなる時期なので春?と言った感じですが立春を境にして、春に気持ちよく過ごせるための準備のスタートと思ってくださいね😊この準備を始めた人は、素敵な春を過ごせるのでは、ないかなーと思っています💕🍀それぞれのブログでも、日々の生活やハーブやアロマ、ペットケアの事を書いていますのでよろしくお願いします岡山でアロマとクレイのサロンとお教室 piano pianoを主宰のpiano http://ameblo.jp/naomiando99/大阪で人とペットのためのハーブ&アロマ教室nicohttp://ameblo.jp/nico-herb/

  • 11Sep
    • [ハーブのお話し]フレッシュマルベリーの画像

      [ハーブのお話し]フレッシュマルベリー

      [ハーブのお話しマルベリー]お久しぶりです。皆さまお元気ですか?ハーバルセラピストのnicoです夏休みをたっぷり頂いたにもかかわらずこの暑さにやられてしまい、夏バテぎみですさて、先日桑の葉を生徒様からいただきました乾燥した茶葉は見慣れているのですが、フレッシュは、初めてです。いただいてびっくりしたのが、葉の大きさ!想像いじょうでした。桑の葉は、マルベリーともいわれ、ダイエットのお茶としても知られています。デオキシノジリマイシン(DNJ)という成分が糖質の吸収を阻害して食後の血糖値を緩やかにすると習ったときは、しめしめと思い甘いものを食べる前にたっぷり飲んだものです。実際は、食べすぎで体重を減らすどこれか、コレステロール値も上げてしまい💦痛い目にあいましたが........いただいた桑の葉今朝、どなたかのFBで葉っぱを洗濯物のように干していたので、私もやってみました。鮮やかな緑に葉脈が透けていて、とても綺麗です教室のハーブティーも出来るだけ美しい色合いのものを置いているのですが、やっぱりフレッシュにはかないません半分は、半日ほど乾かして蒸留水を作ろうと思います。美容にもいい桑ですが、美白成分は根っこの皮にあるらしく、今回は葉なのでどんな成分があるのやらそして桑の葉は、夏に収穫するのがよいそうですしっかり洗って、乾燥させれば一年中楽しめます身近に桑の葉がある方は、お早めに収穫してくださいね今回、フレッシュの桑の葉をもらう機会があり、改めて乾燥茶葉だけでなくそのものの姿も見ておかなくてはならないなと思いました。私ごとですが、9月より教室を始めて11年目に突入しました。教室開校時に10年を目標としていたので、この9月からは新たな1年です。これからは、教室の外にも飛び出していろいろなものを見ていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

  • 09Aug
    • エネルギーをお水に転写?フラワーレメディーの画像

      エネルギーをお水に転写?フラワーレメディー

      こんにちは、ハーバルセラピストのnicoですこのごろ昼下がりのこの時間になると、必ず睡魔に襲われます普段はうるさいはずの蝉の鳴き声も子守唄に....今回はレメディーのお話しを少しします。先日、わんちゃんのハーブレッスンをを開催しました人間と同じように、体や心の不調に合わせてハーブを選ぶのですが、彼らは話せません。例えば、お腹を壊してしまったとします飼い主さんが、前の晩に食べたものを考えたり心当たりがなければ、数日まえにさかのぼりかんがえます。ハーブを選ぶとしたら、下痢や痛みを軽減する。カモミールやカレンデュラなどになります。実は、少し臆病な性格のこのわんちゃん毎回、お友達と遊んだ後は必ずお腹を壊していました。カモミール、カレンデュラでも数日すれば改善するのですが、体にでた症状を治しただけではまた繰り返してしまいます。そこで登場するのが、フラワーレメディーです有名なものでは、エドワード・バッチ博士によって作られたバッチフラワーレメディー。 心や感情のバランスを取り戻すための自然療法です。レメディーは、植物のエネルギーを転写した液体です。使い方は、見える症状ではなく、幾重にも重なってしまったネガティブな感情、わんちゃんでしたらトラウマに働きかけるレメディーを選び、幾重にも重なった感情を剥がしていきます。怖がりなわんちゃんは、生まれた時から怖がりだったんでしょうか?カウンセリングをしながら、自分の感情や過去と向き合いながら、わんちゃんでしたら飼い主さんが過去にさかのぼり自分との生活を振り返りながらネガティブな感情やトラウマの原因をさがしますこの作業は大変ですが、しあわせな未来のための大切な作業だとおもいます病は気からうちなるネガティブな感情やトラウマが体調を悪くして病に向かわせるときもしかしたら、ハーブやアロマよりもフラワーレメディーが有効になる場合もあります。どの植物療法も身体や心全体のバランスを整えてくれる素晴らしいものばかりそれをその時に合わせて使えようになれば素晴らしいとは思いませんか?nicoもpianoもレメディーを習得しておりますのでいつかフラワーレメディーもハーブとアロマの薬箱でお話しできたらと思っております。🍀それぞれのブログでも、日々の生活やハーブやアロマ、ペットケアの事を書いていますのでよろしくお願いします岡山でアロマとクレイのサロンとお教室 piano pianoを主宰のpianohttp://ameblo.jp/naomiando99/大阪で人とペットのためのハーブ&アロマ教室nicohttp://ameblo.jp/nico-herb/

  • 30Jul
    • 水分って、たくさん摂ればよいの?の画像

      水分って、たくさん摂ればよいの?

      おはようございます。ハーバルセラピストのnicoです梅雨があけたら、いきなりの猛暑毎日5時起きでワンちゃんとお散歩に行っているのですが、すでに蒸し暑く汗だくになって帰ってきます。散歩の途中や帰ってからも、真っ先にするのが水分補給ですこの時期、熱中症と脱水はペアになっていてお家の中でもお水を飲まないと脱水になるから1日1.5ℓほど飲んだ方が良いと言われていますうーん🧐大変ですそして、最近よく耳にする”水毒”身体に良かれと思って飲んでいたお水が悪さをするなんて.....体がむくむ夏なのに体が冷えるだるいこれは、とったお水がうまく排出されずタプタプと身体にとどまっている状態ですクーラーの部屋に一日中いたり筋肉より脂肪の方が多い、特に女性要注意です💦今は、夏でも寒いぐらいにクーラーが入っているのでお部屋に篭りがちな方は、冬と同じようなケアをしでも大丈夫です++ハーブティー++前回にあげたものに加え身体を温める、オレンジピールやシナモン、ジンジャーなどもブレンドしてみてください溜まったお水を排出する利尿作用のある、ネトルや今流行りのトウモロコシのひげ茶、ルチンが入っているそば茶は、冷えにも強い味方ですトウモロコシのひげ茶+そば茶は、今の時期には欠かせません👍他にも、しっかりお風呂に浸かったり、陽性の食べ物を取ったり、デトックスのアロマを使ったりご自分に合った方法で、身体の代謝を上げて、汚いお水を外にだしてから、綺麗なお水を入れてあげましょう。これから夏本番!元気にすごしましょうね

  • 20Jul
    • 夏こそ身体を温めようの画像

      夏こそ身体を温めよう

      おはようございます今朝は、蝉の鳴き声がヒートアップ本格的な夏が来たー!そんな感じがしますなんだか、涼しげなハーブティーですが温かいハーブティーです😊この時期は、蒸し暑く朝からクーラーを入れたり冷たい物を飲んだりもちろん、身体の熱を冷ます事は大切ですただ、身体を冷やすだけだったらいいのですが内臓や子宮まで冷やすと、いろいろな不調が現れます頭痛、胃腸の不調、だるさやふらつき身体の冷えで起こる事は、まだまだあります免疫力の低下や自律神経の不調、毛細血管の収縮による血流の滞りなどそして女性は、美容に肌がくすんだり、髪の毛がパサパサになったり浮腫んだり💦東洋医学の考え方では一つ前の季節に、次の季節を迎えるための準備をします秋になると、体調を壊したり肌がガサガサ、脱毛に悩まされないように今からしっかりご家族で冷え対策しましょうね冬の身体を温める代表みたいなハーブリンデンエルダーオレンジピールバタフライピーパタフライピーを入れるとなんだか涼しげ(^ ^)私は、マヌカハニーを少し入れて飲んでいますハーブティーは、植物療法の入り口手軽にお手当として使えるので、ハーブとアロマの薬箱のレッスンにも入れる予定です余談ですが人間と同じ空間で生活をするペットちゃんにも夏の冷えが広がっていますお腹の不調やなんとなく元気がないむくみや泌尿器の不調人間に寄り添って生活するこの子たちも一緒にケアしてあげたいですね次回は、むくみによる冷えをお話しします🍀それぞれのブログでも、日々の生活やハーブやアロマ、ペットケアの事を書いていますのでよろしくお願いします岡山でアロマとクレイのサロンとお教室 piano pianoを主宰のpianohttp://ameblo.jp/naomiando99/大阪で人とペットのためのハーブ&アロマ教室nicohttp://ameblo.jp/nico-herb/

  • 13Jul
    • 新しい事を始めるって気持ちが前向きな証拠だねの画像

      新しい事を始めるって気持ちが前向きな証拠だね

      [ハーブとアロマの薬箱 開講準備編]気がつけば朝から蝉の鳴き声が.....おはようございますハーバルセラピストのnicoです先日、開講予定のハーブとアロマの薬箱のテキストに盛り込むクラフト作りを相方のpianoさんと一日中していましたハーブやアロマには、それぞれ沢山の成分があり単独で使用しても効果はありますが体や心の状態に合わせて”ブレンド”という作業をする事で相乗効果が期待できます最初は、ほんの少しのブレンドから......ハーブとアロマの薬箱は、ほんの少しのブレンドからスタートです効果を考えて、あれやこれやと考えているとツイややこしくなり使うのをやめてしまうことも.....まずは、シンプルに使い続けることが大切です👍試作で作ったルームスプレー梅雨時の篭った匂いの消臭と抗菌効果のある精油が数種類入っています•出来るだけシンプルに•ハーブやアロマで健康的でナチュラルな生活を送ることができる•できれば、そこにあるだけで少し気分が良くなるクラフトを作ったりいろいろな要素を盛り込んだレッスンを2人で考え中です秋には、開講のご案内ができたらと思います開講までのお話しをブログで引き続きさせていただきますので、よろしくお願いします実は、すでにご興味を持っていただいている方々がいらっしゃり嬉しいですご質問等ございましたら、こちらのメールにて対応させていただきます😊

  • 13Jun
    • アロマテラピーは古くて新しい植物療法の画像

      アロマテラピーは古くて新しい植物療法

      こんにちは アロマセラピストのpianoです。アロマテラピーは 芳香療法と訳されます。アロマテラピーは芳香植物の香り(精油)を利用した健康療法になります。実はアロマテラピーという言葉が誕生して まだ100年もたっていません。というと何か新しいメソッドのように感じられますが 、植物の芳香成分を利用してきた歴史は古く 紀元前のエジプト時代(おそらくさらにそれ以前)にさかのぼります。古代エジプトでは ミイラを作る際の防腐剤として、また医療や美容にも芳香成分は使われていました。日本でも お香の文化 菖蒲湯やユズ湯、びわの葉温灸などは日本流のアロマテラピーといえるかもしれません。 傷に良い植物、お腹の調子を整えるもの 熱を下げるもの、虫よけ効果の植物、痛みによい植物、、、お薬は全て自然の植物でした。昔から経験的に積み重ねられた知恵として現代まで伝承されたものは 単なる偶然でしょうか?きっと効果のなかったものや 安全にかけるものは淘汰され 真理なるものだけが残ってきたのだと思います。現代では 芳香成分は科学的に検証され 沢山の薬理作用があることが解明されてきました。大学や研究所では香りの効果に対する研究が進み論文も沢山発表され 認知症や、抗菌、痛み、神経の分野で注目され始めています。アロマテラピーが古くて新しい植物療法と言われる所以です。私たちは 医学薬学の進歩の恩恵をうけていますが 昔ながらのおばあちゃんの知恵袋的な自然のお薬も大切に引き継いでいきたいと思います。<ハーブとアロマの薬箱>の目的もそこにあります。自然のお薬は病院でだされるお薬と比べると 即効性や効果の強さはありませんが 私たちのからだにやさしく働いてくれます。病院に行くまででもない小さな不調や予防には有効で 薬に頼りすぎない生活を手に入れることが可能になります。先人の知恵と経験が現代科学によって確信されたアロマテラピーは 他の植物療法と同様にやはり奇跡の療法と思えるのです。

  • 07Jun
    • ローズ精油の一滴は、、、の画像

      ローズ精油の一滴は、、、

      こんにちは アロマセラピストのpianoです。今日も 蒸し暑かったですね。そろそろ梅雨入りしそうな気配です。先日 アロマテラピーの研修で山梨県のローズ畑を訪れ ローズの摘み取り体験とハーブウォーターの蒸留見学をさせていただきました。この時期、農場には約6000千本のダマスクローズが咲いていて その広さはおそらく日本一ではないでしょうか。無農薬でこれだけのローズを育てるのは 本当に大変だろうと思います。そしてその収穫期は5月から6月の短い期間だそうです。摘み取りはもちろん全て手作業、早朝からすでに80kg近くのローズが摘み取られていました。精油やハーブウォーターになる前の ローズはうっとりするほど優しい甘い香りです。摘み取りながらもついついその優しい香りを嗅ぎたくて 花に顔を近づけたくなります。さて、アロマテラピーで使われる精油の中でも とびきりお値段が高いのがローズ精油です。その理由は、精油一滴を採るために 40個~50個と膨大なローズの花量が必要になるからです。どの植物もそうなのですが 栽培されておられる地で生産者様のお話しを聞くと 一滴一滴を大切に使わなければと改めて思います。 精油は その植物の栽培の過程や採油量によって値段が変わります。  (高価だから効能が高いわけではありません。どの植物の精油もそれぞれの特性がありどれも貴重な成分です)購入する際の目安として、どの精油も同じ価格の精油が売られているのは 本物の精油ではない可能性が大きいです。他にも品質の確かな精油を見分けるポイントはいくつかあるのですが、不安な場合は アロマの専門店で購入されることをお勧めします。精油に比べてハーブウォーターは 価格も手にいれやすく そのままで気軽に使えるのでおすすめです。 ☆美肌へと導くスキンケアやスキントラブルに ☆不安な気持ちをとりのぞき 心を明るく元気に ☆女性のホルモンのバランスに ☆香水やオーデコロンとしてまずはハーブウォーターで 取り入れてみてはいかがでしょうか。この日は お天気にも恵まれて富士山も眺めながら ローズを満喫した一日となりました。

  • 03Jun
    • ハーブは、安全?の画像

      ハーブは、安全?

      こんにちはハーバルセラピストのnicoですワイルドストロベリー毎日赤く熟れるのを心待ちにしているスタッフ犬2匹実はこれもハーブお腹の調子が悪いな、少し下痢気味になったときに葉の部分をハーブティーにしていただくと症状が治ります調子が悪い時、うちの2匹は自分でベランダにでて食べてます(笑)さてハーブは安全?安全、安心のハーブがほとんどですが、中には気をつけないといけないものもありますハーブは私達の為に生えているわけじゃありません動けない植物は自分を守るために、時には毒をつくり外敵から身を守りますまた、人や動物にも特定の植物にアレルギーがあることもありますとくに、小さい子供ちゃん、お年寄り、病気の方一番使ってもらいたいのですが、普段からハーブを飲んでいないならまず少しずつアレルギーがないか確かめながら使ってみてくださいそして動物にも同じことが言えます。病気になってからいきなりハーブを与える人がいますがアレルギーやお薬との相互作用など気をつけてくださいねわんちゃんや猫ちゃんは、ハーブでアレルギーがでたり、気持ちが悪くなっても自分では言えません最悪の場合はアレルギーでアナフィラキシーショックを起こすこともありますこの仕事をしていると、病気になったのでハーブは何がいい?と聞かれますでもハーブってそんなにすぐには効きませんゆっくりと体や免疫力を整え少しずつ治していくものあるいは普段から使うことによって病気をできるだけ予防するものだと私は思っています実は10種類ぐらいのハーブを知っていれば予防やケアに慌てることはありませんゆっくり、ゆっくりハーバルライフを始めてみてくださいね++お知らせ+++ハーブとアロマの薬箱レッスン内容も少しずつできてきましたまずは、ハーブやアロマを日常で使いこなせるレッスンからスタートします簡単だけど頼りになるハーブとアロマの薬箱を一緒に作りましょうね

  • 27May
    • 森林浴のおすすめの画像

      森林浴のおすすめ

      こんにちは毎日の気温の変化や忙しい毎日、5月病などで、最近サロンのお客様にも体調を崩されておられる方が多いなと感じています。心も身体も疲れてるなぁ、、そんな時は森林浴がおススメです。森林の中を歩くと、目に映る緑や鳥の声も聞こえたりと五感をフルに使いながら清々しい気持ちになっていつのまにか元気になっています。そんな森林浴効果の中心的効果となるのがフィトンチッド=香りです。樹木のだす香りはテルペン類という成分がたっぷり含まれていて私達の脳に届くことによりリフレッシュや疲労回復につながるのです。ぜひおやすみの日には自然の中にお出かけしてみてはいかがでしょう。そしておうちではアロマテラピーでプチ森林浴を取り入れる事もできます。おすすめはジュニパーやサイプレス 、ブラックスプルース、ひのきなど木の香りです。ティッシュペーパーに1.2滴たらして香ってみてくださいね(^^)アロマポットやディフューザーで香らせる場合は濃い香りを長時間香らせる必要はありませんし、かえって香害となることも。アロマテラピーは健康療法でありお部屋の香りづけとは違います。小動物を飼っておられる部屋は特に注意が必要です。自然の中では香るか香らないかというくらいで森林浴効果があるのです。ぜひ自然の中での森林浴も、おうちの中でのプチ森林浴もお楽しみください。

  • 20May
    • 植物のエネルギーを感じる今日この頃の画像

      植物のエネルギーを感じる今日この頃

      こんばんはハーバルセラピストのnicoです先日から、チンキ、オイルなどでうちの中はハーブ工房化しています実家の父に無農薬のハーブ作りをお願いして、10年近くたちます最初は、ハーブってなんだ?から始まり(笑)今では、ハーブを育てることに関しては私の師匠愛情たっぷりに育てくれているので香りも味も抜群ですハーブやアロマのレッスンをしていて植物のエネルギーみたいなものをこの頃よく感じます父のハーブだけでなくオーダーするハーブも生産者さんから私のもとに届くまでに、いろいろな人を経由してきますなんとなく、その方達の気のようなものもがハーブに入るのでしょうかオーダーしたショップによってよい気を感じるものと、そうでないものがあります先日お伺いした、島香房さんの畑も愛情たっぷりに育てられている八朔やレモンの木の中にいるとなんとも言えない気持ち良さを感じましたただ、生産者さんから直接ハーブを買い付ける事は難しいのでご自分のお庭やベランダで一株のハーブを育ててみませんか?大切に育てられたハーブでハーブティーを淹れると素敵な気分になれますよミントレモンバームレモンバーベナシングルハーブティーでも美味しく飲めます試してみてくださいね

  • 17May
    • 楽しい思い出とローズマリーの画像

      楽しい思い出とローズマリー

      こんにちはアロマセラピストのpianoです。 昨日は瀬戸大橋を渡って香川県へ。こんぴらさんにもお参りしてきました。 本宮までは785段の階段を上ります。駐車場で杖の貸し出しがあったのですが、まぁ大丈夫だろうと軽く上り始めましたが、 途中から心拍数は上がるし、筋肉は震えてるしで日頃の運動不足を痛感させられました。これは筋肉痛の予感、、、という事で帰宅後久しぶりに筋肉疲労回復ブレンドし足をマッサージしました。アロマテラピーというと香りでリラックスのイメージがありますが、 筋肉の痛みや疲れにもオススメの療法になります。筋肉痛、筋肉疲労の場合、香りを嗅ぐのではなく精油を体に取り込む方法が有効です。けれども精油は飲めませんし、原液塗布もオススメしません。必ず植物油やジェル基材に希釈してからお使いくださいね。初めての方はお近くのアロマテラピー専門店やアロマセラピストに相談されてのご使用をオススメします。今回ブレンドの中心はローズマリー。 ローズマリー精油はその成分特徴から何種類もあり、 筋肉疲労から感染症予防、認知症予防から美容まで幅広く活用できます。ケアしながら香ってくるその爽やかな香りは、 楽しい一日の思い出を記憶に焼き付けながら疲労をすっととってくれる魔法の香りなのです。春の運動会や山登り、散策が気持ち良いシーズン、 ぜひアロマテラピーで筋肉ケアをされてみてはいかがでしょうか。

  • 13May
    • この時期だけの贅沢な旅の画像

      この時期だけの贅沢な旅

      こんにちは良い天気が続いて気持ちも晴れ晴れします昨日、pianoさんに誘ってもらいしまなみ海道にある大三島と言うところに八朔のお花を摘みに行ってきました今回、お世話になった島香房さんの畑はまだ、蕾が多くてお花摘みではなかったのですが蕾を摘み取るのは気がひけるのでなかなか取れないでいると実は、十数枚に一つしかつけないらしくたくさん込み入っている花を間引きその後も摘果するそうで物を作る、特に気候に左右される農家さんの苦労は、私たちが想像しているよりもっと大変なんだなと実感しました蕾も花とはまた違い、清々しいとても良い香りで畑にいるだけで幸せなひと時でした島香房さんの工房で早速、蒸留体験とジェル作りもう、クラクラするぐらい良い香りで出来上がったハーブウォーターはまだ、粒子が暴れているらしく数日寝かせておいた方がよいそうなのですが今朝も使ってしまいました今回の蒸留は水とネロリが1:1かなり濃いハーブウォーターができましたたくさんお土産のネロリをいただいたのでおうちで加工にいそしんでますハーブチンキ蕾なので、可哀想ですがハサミでカットフレッシュを漬け込むとアルコール濃度が下がりそうなので少なめにいれてますこちらも少し潰してから蒸留中お部屋中になんとも言えない香りがしていますこれは、あるものの材料です次回、お話ししますね初しまなみ海道だった私初めて行った大三島は、とても魅力あるしまでした花が咲き、散るまでの数週間のネロリをつむためかの贅沢な小旅行でした

  • 10May
    • ”梅雨に大活躍のスプレー”

      前回のアロマのハウスキーピングに引き続きハーブやアロマを使って梅雨のカビ対策ジメジメした気分も吹き飛びますよ

topbanner