ニューペニンシュラグループはどこへ行く | バンコク隙間紀行
2008年01月27日(日) 13時24分11秒

ニューペニンシュラグループはどこへ行く

テーマ:安ホテル編



今回正月の旅行で、かねてから一度は泊まってみたかった、「ニューフジホテル」に泊まってみました。

ニューフジホテルの話は次回に回すとして、先にこの「ニューフジホテル」が所属するホテルチェーン(?)、「ニューペニンシュラグループ」の事を書いておこうかと思います。


ニューペニンシュラグループに含まれるホテルはスリウォン通りに3件、外にもしかしたら存在するのかも知れませんが、私の知ってる限りでは「ニューペニンシュラホテル」「ニュートロカデロホテル」「ニューフジホテル」の3箇所です。



建物として一番目立つのはこの「ニュートロカデデロホテル」。


私もだいぶ前に泊まったことはあるのですが、荘厳な建物を活かしきれてない、ただの安宿です。

http://ameblo.jp/nichebkk/entry-10006131335.html


外壁やエアコンの室外機が新しくなってる気がします・・意外にも儲かっているのやも知れません・・

見るたびに、建物がもったいないなーと私は感じてしまいます。


こちらが旗艦たる「ニューペニンシュラホテル」

しかしながらもう3年か4年前には閉鎖されてしまっていました。

閉鎖直前にはホームページをつくったり、代理店からネット予約できるようにしたりとただのボッタクリ安宿からの脱却を目指していたように思えます。

てっきりしばらくリノベーション休業をしてから復活するのか、と思いきや、建物は手付かずのまま、リノベーションどころか休業以来放置されているようです・・

(後ろにもう一棟あった気もしますが、それは破却されたようです。)

そもそもこのホテル、相当の歴史があるようで、手元の1960年代~70年代のガイドブック全てに「ペニンシュラホテル」銘で記事がのっかっています。それが80年台前半に「ニューペニンシュラホテル」と改名し、現在に至ったようです・・

バンコクにおける「ペニンシュラホテル」としての歴史はリバーサイドの本家(1998開業)よりはるかに古いようですね。

tp://www.geocities.jp/saraibkk/mitpeninsula.htm

(有名どこですが・・)


スリウォン通りは薄暗い、古くからの町並みですがバンコク中心部であることに間違いは無く、いつまでも廃墟を残しておく訳にもいかないでしょう。

「ペニンシュラホテル」の復活の日があるのか、旗艦は廃墟のままトロカデロとフジだけでこの先営業していくのか、ニューペニンシュラグループの今後が気になります・・






















nichebkkさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス