2015-06-29 06:53:36

負けをどう感じ、そして取り入れるか

テーマ:雑談
 タイトルはあるTV番組でジョコビッチ選手がインタビューに答えていた言葉の内容です。実際に発した言葉は違いますが、ニュアンスはあっていると思います。その番組の中で私が一番感銘を受けた内容でした。ジョコビッチ選手は「私も数々の辛い敗戦をしてきた」というようなことも言ってました。

 「相手が強かった」「今日は調子が悪かった」「ペアに問題があった」などなど、敗戦の理由をその場の気分を沈めるために探し、または作っていないでしょうか。そういうことも精神衛生上必要なことだと思いますから、否定はしませんし、むしろ良いことだも思います。ただし、強くなる、上手くなるためには、そこでストップしていてはならないのでしょう。

 「敗戦」という貴重な経験を生かしてこそ明日があるのだと思います。それは自分のレベルが上がるに従い、他者からは見えにくい内容になっていくものと思います。

 強くなるために、逆境にどう立ち向かっていったかが大切だと思います。どういうレベルであるかは問題ではないのです。そして、このことは年齢に関係ないと私は思います。死ぬまで誰にもチャンスはあるのだと思います。

 私は「年相応にしたら」とかいうのが大嫌いです。自然からみれば人間の0歳も100歳も大して変わりはないと思っていますので。


 
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-06-22 05:36:55

コンビネーションを讃えよう(ダブルス)

テーマ:練習
一般的に日本で市民がするテニスといえばダブルスだと思います。
より多くの人で楽しめます。

さて、試合に強くなりたいと思ったら。
ペア二人のコンビネーションによる攻め、または守りを誉めることを重視するのがよいかと思います。

実際、Aさんがストロークで華麗に相手Cさんの横を抜いたりした場合、「ナイスショット」と声があがるでしょう。まあ、しかしAさんはこれに気をつけなければなりません。というのも、このことに味をしめ、このことに力点を起きかねないからです。大切なことは、このAさんのストロークが成功するまでの過程だったりします。その過程に如何にAさんのペアであるBさん(ここではBさんとします)が貢献しているか、そこがポイントです。

コンビネーションは単純ではありません。
将棋の何手先、何手前、そんなようなものだと思います。このへんを評価できるかどうかがダブルスの試合で強くなれるかどうかにかかっていると思います。

フォアハンドのストロークが得意でテニスを続けている人は意外に多いと思います。ただし、ダブルスで一人自分のストロークで相手を圧倒しウハウハしているようでは先がみえています。ストロークが得意なら、ペアに決めさせるボールをどう打つか。ここが大切です。

自分の単発ショットに酔っているようではダブルスで上位に進むのは厳しいでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-02 18:33:42

現代テニス???

テーマ:雑談
元プロなんかがTV番組で「現代テニスは」なんて話をしている。

しかし、これはちょっと違うんではないだろうか。


日本のテニス業界が文部省のような頭のテニス教育の頭しかなかった。四角四面の何を根拠にしたのか定かでない「テニス技術」を展開してきた。

そこにポツポツ国際的に活躍する選手が現れ、そこで目がさめる。「日本人でもできるんだ。日本人でもできるのは現代テニスなのだと」。

別に現代テニスというほど、現代に特化したテニスがあるわけではない。要は日本のテニス業界が島国に閉じこもって世界やテニスの本質を吸収、探求できてこなかっただけの話なのだ。

オープンタンス、ワイパースイング、スピンサービスにエトセトラ。そんなものはとっくのとーちゃんで行われてきたのである。なーんも現代テニスじゃない。

まあ、ラケットがウッドからカーボンになったところは「現代」といって差し支えないと思う。しかし、その後のラケットなど大した進化はしていない。30年前のカーボンラケットだって十分使えるというものだ。

まあ、軽くて反発力のあるラケットはできたから、それを使って楽にテニスはできるようになったのだろう。いい加減に打ってもそこそこできるのが「現代テニス」なのである。強いテニスはしっかり打っていかないとならないところは変わらないのである。

「現代テニス」というと聞こえがいいのだろう。
しかし、正確には「日本のテニス業界関係者が漸くテニスを知るようになった」ということだと思う。


ちなみに。それでも日本のテニスはまだまだだろう。その部分を列記する。

・世界では通用しないオムニコートの常習
・ダブルスのTVメジャー中継なし
・デビスカップのTVメジャー中継なし
・硬直化したスクールでのダブルス戦術指導。
・シングルスが弱いくせにダブルスにさえも真面目に参戦しない日本プロ
・テニスの個性を楽しむ様子はない。錦織だけが騒がれる。
・ネットのテニスに関する情報公開の有様を見ればわかる。海外はユニークな人達がユニークに情報発信している。
・などなど
である。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。