給食について

テーマ:

小学校1年生になった我が家の次女はようやく先週

金曜日から給食がスタートしました。

 

小学校が始まってしばらくは4時間授業で給食なしの午前帰りだったため、

我が家は毎日お弁当を持参して学童に行っていました。

 

母親にとってもありがたい給食ですが、給食という制度がない

中国でも興味津々の制度なのです。

 

簡単にいうと学校側が昼食を手配してくれますので、

食堂と似ていますが、学校給食は自分たちで配膳をして自分たちで

片付けます。

 

自分たちで食べるものは自分たちで食べれる分だけ、

作ってくれた人たちへの感謝の気持ちを込めて食事を頂く。

 

そんな思いがつまった日本の学校給食。

 

ここで、少し学校給食について調べてみました。

 

学校の給食が日本で始まったのは1889年(明治22年)に山形の

小学校でおにぎり・焼魚・漬物が提供されたのが初めてだと言われています。

その後、戦中の食品不足、米国との関係など紆余曲折があり、

1954年(昭和29年)に学校給食法が制定され、教育同様、給食も

学校で基本的に提供すべきものとなり、現在の学校給食につながっています。

 

また、給食費は基本有料です。(*少子化対策のため、無料にしている

幼稚園や小学校もあると聞きましたが)

我が家の住むエリアでは

 

小学校低学年3,910円

小学校中学年4,110円

小学校高学年4,330円

 

となっています。

いずれにしても、1食あたり200円くらいでしょうか。健康バランスを栄養士さんが考えて

毎月献立をたててくださっていますので、大変ありがたいと思います。

 

学校給食法では下記7つの目標を掲げています。

 

①適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図る事

②日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことが

 できる判断を培い、望ましい食習慣を養うこと

③学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協力の精神を養うこと

④食生活が自然の恩恵の上になりたつものであることについて理解を深め、

 生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと

⑤食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、

 勤労を重んずる態度を養うこと

⑥我が国や各地域の優れた伝統的な食文化について理解を深めること

⑦食料の生産、流通及び消費について、正しい理解に導くこと

 

つまり

・子供たちの基本的な健康ち食習慣の提供

・食を通じて生産者や自然に感謝する

・食事を楽しむ

改めて書き出してみるとこの3つが主軸になっていることがわかります。

 

日本の学校給食は始まりは食事を食べれない子供たちへの

”欠食児対策”のために始まったとされていますが、戦後

米国などからの食糧援助(一説には小麦が余った米国が

米食文化の日本へパン食文化を浸透させたかったとの説もあり)

などにより、定期的な支給が可能になり児童への教育の一環(食育)として

導入されたようです。

Wikipediaより)

 

つまり中国の食堂と大きく異なるのが食事の提供という目的ではなく、

食を通じた教育だという意識が日本の給食の大きな特徴と言えるのかも

しれません。

 

少し長くなりましたので、続きはまた明日!