MASHINGUP 「多様な生き方 年齢に縛られない」のイベントに参加しました。

人はなぜ年齢にとらわれるのか。ご一緒させて頂いた若林さんとお打ち合わせの時から大変話が盛り上がり当日をたのしみにしてきました。

婦人公論が2016年に100周年を迎えたそうです。

なのでイベントでは女性の在り方を年表で辿りながら進めていきました。



古くから無意識のうちに日本国民に植えつけられている年齢という価値観。何歳ならこう。何歳ならこうあるべき。何歳だと思っているの。男女共にあると思う。人生一度きり。自由な発想で毎日を送りたいよね。私自身もこの国に育ち当たり前のように年齢に縛られてきたこと、私の場合は彼と再婚したことで今までの自分に気づけた事もあります。人生一度きり。自由な発想を持ってどんな事どんな在り方(年齢、性別など。)も対等に認め合える時代になりますように。そして年表にまた新しく歴史が刻めますように。そんな事を思えたイベントでした。共に各界で頑張る女性、ソーシャルPRパートーナーズ若林さん、アズママ代表甲田さんと壇上に立てたことに感謝しますニコニコ