永観堂と哲学の道 | シングルトリップ~関西の神社仏閣を巡る

シングルトリップ~関西の神社仏閣を巡る

旅と歴史好きが気になるスポットや神社仏閣を巡る旅日記

京都市営地下鉄 東西線蹴上駅から歩いて(10分くらい) 南禅寺を抜けた先に永観堂はあります。

 

正式には禅林寺

山号を聖衆来迎山、宗派は浄土宗西山禅林寺派

 

紅葉の名所と知られ、紅葉シーズンには南禅寺ともども京都屈指の人気スポットです!

 

中は撮影箇所が限られており、写真はあまり撮れなかった。

建物の外のお庭には綺麗な散歩道があり、カップルの姿もちらほらと見えます。

休憩できるところもあり、散歩コースには最高ですね。

 

中は外観の見た目よりも広いです。

 

哲学の道はお気に入りで度々来てるので御朱印も数回頂いています。

南禅寺の群虎図御朱印帳に(`・ω・´)b

永観堂を出て哲学の道へ。

道の先は銀閣寺こと東山慈照寺へと続いています。

少し歩くと哲学の道の石碑が見えてきました。

熊野若王子神社に立ち寄ってから道を歩いていきます。

ちなみにここでも御朱印はいただけます。

この熊野若王子神社前から銀閣寺橋までの1.5㎞を哲学の道と言います。

哲学の道はもともと、1890年(明治23年)に琵琶湖疏水が完成した際に、管理用道路として設置された道です。

明治の頃、文人が多く住むようになり文人の道と称されていました。

 

その後1972年(昭和47年)に地元住民が保存運動を進めるに際し、相談した結果「哲学の道」と決まりその名前で親しまれるようになりました。

銀閣寺が近づいてきました。もう少しです。

到着!約20分ほどでしたね。

 

 

 

銀閣寺の記事についてはこちらで