オーラ

テーマ:

独身の日は酷い一日でした。

詳細は省きますが、心身が冷えましたね。

母校は4位で、今週末から、選抜に挑みます。

決勝までは行ってほしいですね。

 

結果として、外人芸人を見かけたのと、

立ち食いそば食って帰っただけでしたね。

外人芸人は自信が服着て歩いてるような感じでしたね。

オーラを感じました。

成功する人間は何か違うものを持っている気がしますね。

 

やっと、最終日の結果が更新されてました。

今年も下位チームには鬼強かったですね。

年々厳しくなっている場所なので、

棋力が現状維持でも、成績が落ちるようにできてるイメージです。

 

自身も今シーズンは運良く勝ち越せましたが、

来シーズンはどうなるか分かりませんね。

ゾーンから外れたら、ゴミみたいな将棋を指してしまいますし。

課題は山のようにありますね。

 

 

 

 

 

 

週末

テーマ:

天国と地獄を味わった三週連続団体戦が終わり、

久しぶりの勝負将棋がない週末。

 

今週は気分が最悪でした。

こんな時は、気分転換をしたい気分になります。

 

明日はのんびりした気分で、観戦しに行きます。

百聞は一見にしかず。

とは、よくある言葉ですしね。

 

 

学習

テーマ:

今日は変な一日でした。

天気予報が思いっきり外れたりして、

予定が狂いました。

 

最近、いろいろと思うことがありますね。

将棋とは全く関係ない事ですが。

 

時として、正論は人を傷つけるとはいい言葉ですね。

正論正論で責められると、逃げ道がないですからね。

 

自分はハッキリ言うタイプなので、

知らないうちに、痛いとこ突いていて、

なんてことも過去にあったかもしれませんね。

 

終わったことは終わったこととして、

学習しないと、ダメダメですね。

失敗した経験を次にいかさないといけません。

日々精進です。

 

 

 

ゾーン

テーマ:

団体戦で堕ちると、辛いですね。

このブログで書いたかどうか忘れましたが、

将棋の団体戦は足し算ではなくて、掛け算なんですね。

 

掛け算なぶんだけあって、負けると、個人戦の数倍キツイですね。

今日は終始、死んだ顔してました。

体調が悪いのか、心配されたくらいでした。

 

昨日の大会では、

一つ上の世代で有名選手だったW大の主将も来てました。

自身は勝っていても、チームが負けてて、相当ガッカリしてましたね。

一目で誰だか分かる感じでした。

今でも、悔しさの感情は変わらないんだなあと思いました。

将棋指しなら、こうでなくてはいけませんね。

 

そのW大チームに一軍のAチームは残留決定戦で勝つんだから、

素晴らしかったですね。

来シーズンもA級で闘えるので、頑張ってほしいです。

 

自チームが残留していたら、原稿を部内機関誌に寄稿する予定でした。

流れてしまい、無念でした。

答え合わせしましたが、負かされた相手は二部の1690代と1680代。

そして三部の1510代でした。

 

1-2で弱ってる一番最後に1510代に負かされて、戦犯になったわけです。

前者の二人はともかくとして、

これくらいに負けてちゃいけませんね。

 

ゾーンから外れた将棋になると、1510代にも負けてしまうわけです。

ゾーンを広げないと、安定して、戦えませんね。

将棋の幅を広げないと、ダメみたいです。

ヤケ酒

テーマ:

行ってきました。

ゴミでした。

 

自分の勝敗とチームの勝敗が完全にシンクロしてました。

2-3に2回絡んだあげくに堕ちると、

のたうちまわる苦しみですね。

生きててすいませんって気分になりますね。

 

先週は天国で、今週は地獄でした。

貝になりたいです。

 

マジックショーを楽しんだだけの一日でした。

 

十一月

テーマ:

今年もあと二ヶ月で終わりです。

社団戦が終わると、シーズンオフといった感じです。

 

4日のOB団体戦。

12月のグランプリ。

ここは参加します。

 

後は、マグロ行こうかどうか思案中です。

他の個人戦は、日程が合わなかったりするので。

あそこのC級でミンチにされた借りを返したいと思いますし。

あそこの昼食は自分が知ってる将棋大会の中では一番ですね。

総会の翌日なのが問題ですね。

体力が持てば、なんとかなりそうです。

 

 

 

 

 

シーズン7 総括 チーム編

テーマ:

それでは、毎年恒例の総括をします。

個人成績の総括はデータが全部揃ってから、

やります。

 

今にして、振り返っても、よく生き残れたと思います。

参加された選手の皆さん、お疲れ様でした。

 

団体戦は柱の選手が特に重要だと考えています。

一軍もO君を移籍させてなかったら、

今シーズンはかなり危険だったかと思います。

 

一軍に移籍したO君、Aさんの二つの穴を埋められる気がしませんでした。

Aさんの穴は、5部チームから復帰したma君で埋まると考えても、

フル出場して、11勝を挙げたO君の穴はとてつもなく大きい気がしましたね。

しかし、同じく5部チームから移籍されたTさん、Oさん、Kさんの三人で、

12勝を挙げてくれたので、なんとか埋めれた感じです。

 

後は、赤リーグに入れたのが幸運でしたね。

自チームより地力がありそうなOBのYさんチームが

白リーグで降級争いで苦しんでいるところを見ると、

白に入ってたら、堕ちてたかもしれません。

 

前書きは長くなりましたが、

恒例のチーム成績からです。

 

5-2勝ち 4回

4-3勝ち 4回

3-4負け 3回

2-5負け 1回

1-6負け 3回

トータル 勝点8

 

これだけ見ても、綱渡りだったと思いますね。

4-3勝ち4回ですからね。

今シーズンから復帰したMa君考案オーダーが刺さったのが

大きいですね。

明らかに失敗したのは1試合だけでしたから。

足りてない戦力を戦略でなんとかカバーした形ですね。

 

次に、チームの席別勝敗です。

 

大将席 3-12

副将席 4-11

三将席 9-6

四将席 11-4

五将席 8-7

六将席 4-11

七将席 11-4

トータル 50-55

 

チームのトータル勝敗は去年と全く同じ数字です。

今年は不戦勝は一つもなかったので、

正真正銘の勝利数です。

 

今シーズンは、六がなかなか取れなかったイメージでしたが、

ここまでとは思いませんでした。

七は伝統的に一番数字が良いのですが、

四もトップに並んでいます。

 

最後に、今シーズン勝ち越したのは3名だけでした。

6-4のNさん、6-2のMa君、9-6の自分ですね。

続いて、6-6のOさん、6-7のWさん、5-6のKさんでした。

これで、チームで8勝の勝ち越しができるってミラクルですね。

 

自身は3部5シーズン目にして初の勝ち越しとフル出場でした。

自分が勝ち星を挙げた9試合中7試合チームも勝ちました。

逆に負けた6試合中5試合チームも負けました。

 

今シーズンは自分がポイントゲッターになる一年でした。

自分が負けたら、チームもやられるような感じのオーダーが

よく出来ていました。

相手チームの3番手〜5番手によく当たってました。

1700オーバーに1回も自分は当たっていませんし。

 

実際に、4-3勝ちに3回貢献していますし、

3-4負けに2回絡んでいます。

Ma君が自分に責任取らせるシーズンでしたね。

それだけ信用してくれたのかは知りませんが。

今シーズンは、チームに貢献できました。

 

自分の三部成績は、4-10、5-8、6-8、7-7、9-6なんですね。

年々成績が良化しているのが、進歩を感じさせます。

まだ借金が8もあるんですね。

借金を全部返済してから、一軍で将棋指したいですね。

5シーズンも世話になった恩は返すものですし、

返さないといけません。

一回勝ち越したくらいで二部はまだ早いですね。

今年の成績を三年続ければ卒業できる感じです。

 

三部で生き残るには、今シーズンの戦力では苦しいと思います。

マジックオーダーのやり繰りにも、限界がありますし。

一日四戦フル出場できない選手が多いので、

抜け番も上手く作らないと、大変なことになりますし。

団体個人戦以外フル参加してくれて、

自分と同レベルの棋力の選手が二人欲しいですね。

人材難の時代なので、難しいとは思いますが。

 

 

最終日の感想 シーズン7

テーマ:

この日の朝はくもりでした。

気持ちだけは前向きにしていたら、

9時には会場に着いていました。

 

この日の参加者は10名。

チームメンバー全員参加との事でした。

フルメンバーで勝負できるので、

悔いなく、戦える状態でした。

 

13R。

相手はエースが頭一つ抜けて強い感じで、

その他は同じようなRの選手が固まる感じです。

チームの総合力が問われる勝負でした。

ここを勝つと負けるで、景色が全然違うので、

フルオーダーでぶつかる予定でした。

が、S君が間に合わないみたいなので、

フルオーダーから一枚落ちでの勝負となりました。

 

三で出て、偶数先。

試練の後手番。

 

自分が負けたら、チームも負けかねない当たりに見えました。

先手三間飛車に、右四間をぶつけました。

真っ向勝負ですね。

 

丁寧に指す方針で、じっくり指しました。

駒得はしているものの、相手は四枚美濃なので、

実戦はいい勝負でした。

 

両者秒読みになった最終盤、こちらの端攻めから、攻めがつながり、

一手バッタリの受けになっていない悪手を指してくれたので、

必死をかけて、勝てました。

最後は、50手以上前に受けに打った5一の香車が働いて詰む感じでした。

 

チームは、副、三、四、七勝ちで、4-3で勝てました。

戦前の予想通り、今期も接戦になりました。

残留に近づく大きな1勝でした。

一軍も、最終日にして、今期初参加のマフィア氏の活躍などで、5-2勝ち。

こちらも残留に近づく一勝を挙げたのでした。

伝統の最終日不戦敗を出すことなかったので、ホッとしました。

 

14R。

シニア名人がエースを務めるT大のベテランチーム。

上は厚いので、下をどう取るかといった感じです。

先程の一勝で、個人七勝目を挙げて、勝ち越しにリーチをかけました。

ここは栄養ドリンクを投入して、万全を期しました。

 

四で出て、奇数先。

またしても、後手番。

 

3手目6六歩から、相手は雁木で来ました。

こちらは居角左美濃で堂々といきました。

個人的には、最善に近い攻めをしたら、

雁木側が受けきるのは、大変だと思います。

 

こちらが攻めて、相手が受ける将棋に。

飛車を引いた手を咎めて、飛車切りの強手が成立して、

緩みなく攻めることができて、勝てました。

持ち時間も3分残しで、理想的でした。

 

チームも、三、四、五、七勝ちの4-3勝ち。

自力で残留を決めることができました。

そして、三部5シーズン目にして、

初の個人成績勝ち越しを決めました。

今シーズン一番記憶に残る一勝でした。

 

一軍は二部首位チーム相手に惜しくも、3-4負け。

極道会長が千日手指し直し局を制するも、あと一枚及ばず。

残留をかけて、15Rに向かう形になりました。

 

15R。

残留が決定して、入れ替え戦の目もないので、

消化試合になりました。

C大の一軍チームが相手です。

相手は他力で入れ替え戦の目を残していました。

 

入れ替え戦に備えてか、最終日にして、フルメンバーが揃っていました。

こちらは残留を決めて、仕事が終わったようなものなので、

落としたメンバーでの戦いになりました。

 

五で出て、偶数先。

またしても、後手番。

相居飛車戦になり、様子を見るような序盤戦になり、

右四間を採用しました。

 

相手は受けに自信があったのか、ひたすら手待ちして、

こちらが仕掛けてくるのを待っていました。

全部の用意が終わってから、敢然と仕掛けました。

 

角桂交換をしてから、紐がついてない8八の金に狙いをつけて、

3三角と、角を打ち直しました。

相手は6六に角を打って、3三の角を消しに行きましたが、

そこで、角交換を拒否する4四桂と合駒した一手がスーパーカウンターでした。

 

相手が打った6六の角を攻めて、3三の角道から逸れたら、

5六、3六のどちらに桂馬が跳ねても、角の紐が消えた8八の金取りと、

桂馬による金駒取りになる必殺級の一手でした。

 

以下、数十手進めて、優勢から勝勢になり、

15分くらい残して、望外の大勝でした。

今期の社団戦で一番の将棋でした。

この将棋は全部が上手くいきすぎた将棋でした。

相手がこちらを甘く見てくれたのかもしれません。

 

チームは自分が勝っただけの1-6負け。

フルメンバーの格上相手にメンツ落としたら、

この結果も、納得といった形です。

負けるべくして、チームは負けました。

 

勝点8、勝数50という成績で、シーズン終了しました。

シーズン7の総括は次の更新でやります。

 

一軍は時間が空いた自分が再計算した結果、

最終戦負けても、11位で残れそうな感じでした。

結果は、二位チーム相手に、5-2勝ちを決めて、

有終の美を飾りました。

 

一軍も、二軍も、勝点8での、残留となり、

肩の荷が降りた感じでした。

なんとか生き残れてよかったです。

 

入れ替え戦もなかったので、16時前に終わったのでした。

以下、二次会入れて、五時間くらい飲みました。

入れ替え戦がないと、早く飲めるのが、

最終日の良いところですね。

落ちてたら、全く行く気になりませんが。

こういうときじゃないと、酒は飲めないですね。

美味い酒でした。

 

 

 

 

美酒

テーマ:

でした。

詳しい結果は後日に回します。

無事に、二部、三部チームは残留できました。

ホッとしました。

 

五部チームは残念ながら、降級でした。

三部チームに戦力を吸い上げられた形だったので、

仕方ないと思いました。

五部チームの犠牲で、三部チームが生き残れた感じですね。

 

年々将棋で勝てる人が減ってる感じなので、

チーム編成のやり繰りがパズルゲームみたいになってるイメージです。

もう少し将棋強くなりたいなあと思いました。

最終日前日

テーマ:

明日はとうとう最終日です。

最低でも1勝は積まないと、入れ替え戦になりそうです。

ベテランが多いチームなので、

スタミナの問題から、入れ替え戦まで指したくないですね。

 

13Rは接戦を演じるチームが相手。

過去二回の戦績は3-4負け、4-3勝ち。

14Rはベテランチーム。

過去の戦績は4-3勝ち。

15Rはメンバーが揃ってれば、強敵ですね。

フルメンバーで臨んだ日はなかったと思います。

ここは初手合ですね。

 

一軍は1勝積んでも、入れ替え戦になる可能性もありますね。

14R、15Rは昇級圏内のチームと闘うので、

13Rが鬼勝負ですね。

 

両方とも、13Rで勝てるかどうかが肝になりそうです。

不戦敗が出ないことを祈ります。

特に、一軍は最終日の不戦敗が恒例になっていますし。

明日は良い一日にしたいですね。