246沿いはいつも活気あふれてますね。目の前の国連大学でやっていた濃厚なアイスクリーム食べたかった。

「 ハイテク新生のデザイン 」のお話しでは、 日本企業が陥っている誤謬の仮説としていくつかのテーマをご説明いただきました。「 顧客の意見に耳を傾けよ 」というが、そこからイノベーションが生まれるのか。成功している組織は自ら新天地を創造するような発想を持ってサービスを提供している。イノベーションとは組み合わせであり、技術を磨くことではない。3Mしかり、Appleしかり。

んー。。。確かに。。プリウスが進化し、燃費がどんどん向上していっても買いたいとは、、、、、でもMAZDAのSKYACTIVEテクノロジーは欲しいと思うぞ。思うというか、注文してしまったんだけど。。 SKYACTIVEもエンジンだけ、ボディーだけ、燃費だけ、だったらこんなに売れていないんだろうな。エコカーに対する明確なビジョンを発信しているからこそ売れているんだろうな。


「 ハイテク産業の経営を学習科学をとおして見る 」では、 人は経験したことからは推論できる。経験したことがないものは推論すべきではないと考えてしまう。
(このような状態で) 大きな構想力を持たないまま、小さな問題を解決して行っても根本的な解決にならない。その意識を変える、方法として知識構成型ジグソー法を新入社員研修で取り入れて非常に高い成果をあげているそうです。
数名程度のグループに分け、課題解決の方法を学ばせる。ただし、個々人に別々な知識を付けさせ、各々が相手の知識を引き出したり、自分が得た知識を説明したりして意見をまとめて行くことが必要となる。新入社員研修では、「ネットワークを快適にする」問題にたいして、個々人には「IPアドレスの体系」や、「ネットワーク機器」など、別々な知識を付けさせてグループ全員で問題を解決してゆく。

「 一人だけの知識、意見では問題は解決できない」ことを学ぶわけですね。ビジネススクールとかでやっているケーススタディーもこんな感じなんだろうか。30代、40代、50代も研修等で変わってゆくことが出来るだろうか(変えてゆくことができるだろうか)。。。。


Android携帯からの投稿

去年発生した金融機関のトラブルに端を発した金融機関におけるシステムリスクの総点検のお話しです。

約700の金融機関へのアンケート、ヒアリング112機関へのインタビューを実施したそうです。
結果、(1)システムリスクに対する認識、(2)システムの充分性の確保、(3)障害発生時のリスク管理体制のあり方に改善の余地があることが解ったそうです。

リスクを軽減するためのアプローチのひとつとして仕組みを継続させるための取り組みを作り上げることが必要であり、自発性、自律性、継続性を促し、現場の気付きを吸い上げる仕組みを作ること。また、「テーマを変えて飽きないように」することが必要だそう。
確かに。。。同じことをずっと続けると視野、視点が狭くなって発想も貧弱に鳴ってしまうね。





Android携帯からの投稿
書くの忘れてた^_^;


結果は、、、、東京マラソンより30分遅くゴール。。。
何とか完走はできた・・・かな???途中でストレッチとかしてたけど。


だってぇ~~~~
って言い訳してみると、
『雨・雨・雨』の中のフルマラソンだったのさ!!
途中からふくらはぎは冷え冷えになって固まってくるわ、体も冷えてガタガタ震えだすわ、

スタッフの方々の熱いサポート・応援のおかげで何とか完走できました。

かぼちゃ入りぜんざい、美味しかったです11








Android携帯からの投稿





年度も変わったことだし、真面目に投稿してゆこう!

JUASさんの企業IT動向調査のご発表です。とても2時間で終わる内容では無く、解析結果も非常に示唆にとむもので
、本買おうかなと思った。

印象に残ったアンケートは、情報セキュリティ対策の自己評価として、ソーシャルメディアポリシーの作成、対策が出来ているか、今回から調査項目に加わったこと。


あまり対策が進んでいない企業が多いんですが。。。
意識を誘導するわけではないが、質問として取り上げることで、気付いてもらうってのも重要なコトなんだなぁって感じました。

ソーシャルメディアポリシーってどんなこと書くのかなぁ~~
「思想、信条に関わること書いちゃイカン」とか「低俗な趣味をさらすな!」とか書かれちゃうんだろうか。。。

手っ取り早く、「会社名を記載するな!」って会社が多そうな気もするケド
、、、

ウチは、、、どうしょう(笑)
「何でも好きなことしてカマワン!ただし、会社=自分と考えて行動せよ!」としとこうかな。今のところは、、、



Android携帯からの投稿
3.11に郡山に行こうと思い立った理由の一つが、卒業した高校のふるーい校舎はどうなっているんだろう???

確かめて見た。外見は特に変わらず、どっしりと構えてます。今も昔も変わらずに。


近づいて見てみると、基礎がズレて波うっている。。。100年以上前に建てられたらしいが、相当高度な技術・経験を駆使して建てられたんでしょうね~~
基礎がきっちり水平なので、キレイにズレて地震のエネルギーを分散させたんでしょう。


公園も学校もモニタリングしてます。公園では除染前後の放射能量が記載されたりしてますが。。。


顔晴ろう! 良い言葉ですね!政治が機能していないとか、想定外を繰り返すどこぞの電力会社がわるいとか、不平不満を上げ連ねても前へは進んでいきませんね。


国立劇場からの中継に合わせて、黙祷







Android携帯からの投稿