束の間の休息「フリー走行に」 | あっちゃんのぐでたま日記
新型コロナウイルスに関する情報について

あっちゃんのぐでたま日記

最近の日記では趣味の「バス釣り」や「ミニ四駆」のことなどを書いています。

VZシャーシの走りをもう少し確かめたいため

ヒミツマーケットのコースで走らせました

 

個人的所感として「片軸はハイパーのみでOK」<(`^´)>

 

パワーダッシュもアリなんだが、いかんせんデリケートで

「当たり外れ」が多いような気がするということで

 

外部調達でパワーダッシュ(略称パワダ)をひとつ入手したが

ハズレだった・・・

 

回転が上がってこない(@_@;)

 

38,000廻っているハイパーの方が速いという・・・(・o・)

 

ノーマスダン・プラボディ・・・フロントノーブレーキという設定

でもっとも速度が出た

 

プラボディの重みが多少バランスを整えて「安定」に貢献する

 

基本はプラボディ使いませんぜ<(`^´)>

但し、それでいくときは正味ボディのみ・・・

リアウィングの類いはくっつけないです・・・わざとね

 

理由はキャッチ留めがやりにくい・・・

リアステーをギリギリ低い所にもってくるので「上がガラ空き」

 

ということとちょっとでも重量軽く・・・

 

「プラズマ積んでも安定するかな?今度のVZは」ということで

ひとつ準備したが回転がショボい(・o・)

 

38,000しか廻ってない・・・

 

ハイパーで38,000を合格ラインとしているのにそれと同等では

アカンか

 

リアはブレーキベタ貼りにて・・・

 

他には「分が悪い要素」として「下り着地」をミスる印象だった

 

ソフトローハイトのままではやはり跳ねるようだ・・・

(跳ねてときどき飛び出していました)

せっかく着地キマっているのに・・・(・o・)

 

帰宅後のメンテで前輪をマルーンへと交換し、4輪25ミリ径へと

落とした

 

VSからVZへと進化を遂げた新型の特徴は個人的にはかつての

スーパーⅡに似た印象となった

 

カウンターギアカバーの加減か・・・駆動系の特徴も・・・

地面を這うような安定感も・・・

 

何も駆動調整しなかった場合のギアノイズも・・・

 

次回は「引き続きオトコマエのノーマスダン」

 

マルーンタイヤでテストしてみたいと思います(*^_^*)