ロッドクラフト復活 | あっちゃんのぐでたま日記
新型コロナウイルスに関する情報について

あっちゃんのぐでたま日記

最近の日記では趣味の「バス釣り」や「ミニ四駆」のことなどを書いています。

やはり自分がこだわりたい道具への希望はジャパンクオリティ

だった

 

この思いはやはり変わらない

 

狭い家に越して「しばらく(自作は)休んでいたけれど」

工夫すればなんとか作れるか・・・(*^_^*)

 

自作ロッドのメリットは

ナットクの品質で仕上げることができる

よくもわるくも・・・

 

それで釣れたら「既製品では味わえない」魅力がついてくる

 

多くの既製品が海外生産になってしまった現代・・・

逆に意欲が湧いてきたと言っても過言ではない・・・

 

日本品質を望むなら作るしかない・・・

 

或いは・・・

 

「自分で巻いたロッドで(魚を)獲る・・・」

 

そこに釣りの醍醐味すべてが集約されている

 

高いカネ払って海外製だったらなんとなく興ざめなんだ・・・

 

機械モノ(リールなど)はほとんどがタイや中国製になったが

せめてロッドは日本製であって欲しい

 

しかし、それがほとんど既製品では無いんだよね(@_@;)

 

ブランクはタフなUSAメイドを使用し、部品構成は全て日本の

モノを選んでいます

 

そして自分が仕上げるから「メイドインジャパン」ということに

なる(*^_^*)

 

ロッド製作復活第1弾は「かつて作った竿のリメイク」

 

出来上がったらまた載せたいと思います

 

長らく「ミニ四」の改造ばかりやっていたけども・・・

本職に戻った

 

但し、「久しぶり」過ぎて

実際のところちょっと「カンが鈍って」ミスる面もある

 

「もっと器用にやってたハズ」と思えるコツの部分で失敗を

したり・・・

 

その「眠れる感覚」はすぐに取り戻せた・・・

 

「待ち時間中」はコイツを作りました(下の写真)

 

一部バラで売ってくれるホビー店でボディだけ買いました

 

土台(シャーシ)は10個以上、仕込済で在庫があるので

「上だけ欲しいな~」と

 

「知人はヤリスのボディだけ欲しいな」と言っていた

 

「たしかにな」(*^_^*)

 

私はこの「ヒュンダイ」のカラーとコロ感が気に入ってコチラを

選んだ

 

プラボディは走ってるときの音が良い(*^_^*)

 

もっともミニ四駆らしいというのか・・・

 

愛着がわいてきます(*^_^*)