春休みになり、ようやく授業の制約を解かれてマウスに勤しむようになったのは良いものの、作った機体(笑)の足回りがクソすぎて全く制御できず、部室で一人絶望する日々を送っています。

 

あまりにうまくいかないのと、もう老害なのにまともなマウスを作ったことがなく、「このままでは2年間毎月部費払ってたマンになってしまうのではないか」という懸念の声(自分)があり、半分ヤケクソ気味に新しい機体の設計を行なっています。

 

まあ、そんなことはどうでもよくて、今回はFusion360でCADったPCBの基板をdxf形式にエクスポートし、Kicadにインポートするのに問題があったのでその解決法を備忘録的に書いておこうと思います。

 

この記事に書いてあるのとほとんど同じです。仲介にblenderでもうまくいったよって話です。

 

まず、そのままfusion360のデータからdxf形式でエクスポートを行う方法を書いておく、これで問題ないのであればそれでいいし。

 

作成したモデルを選択し、その面で右クリックして「スケッチを作成」を選択する。

 

 

そうすると、ヒエラルキーの中に新たなスケッチができているので、「DFX形式で保存」を選択、テキトーな名前でデスクトップにでも保存すればOK。

 

 

で、kicad起動してPCBで「File」の「import」の「DXF File」を選択すると以下が表示される。

 

 

ついでに、Autodesk Viewで同じデータを見てみる。

 

 

なんか君、形変わってない?

 

ってなる。これが問題。

どうもフィレットの曲線が無視されてしまうらしく、カクカクしたものが出てきてしまう。原因は不明。

 

ここで、Blenderを使ってこれを解決する方法がある。前準備としてFusion360でボディをSTL形式で保存しておく。

 

 

まず、Blenderを起動し、謎の立方体をxで消去し、File → import → STLでstl形式のデータをインポート。

 

 

おそらくこのように意味不明な角度と位置で現れるので、うまい具合に調整する。

 

面にする必要があるので、Edit modeでbコマンドで矩形選択し、上半分をxで消去。(Vertices)

 

 

このままでは図形内部の線も入ってしまうので、消去する。

 

 

真ん中下のバーでクリック内容を辺にするように変更する。外側の線の上でalt+右クリックで外周を選択し、ctrl+iで選択反転して内部の線のみを選択できる。xキーでOnly Edges & Facesを選択して完成。

 

 

dxf形式のデータにエクスクルードするにはBlenderではアドオンが必要である。File → User preferanceでdxf exportにチェック入れて保存すると、アドオンが適応される。

 

File → export → dxf で保存。左下にパラメータが入っているが、画像のように変えるとうまくいくはず。

 

 

後はkicadでインポートして完成!

 

 

いかがだったでしょうか。最後がすこし駆け足気味になってしまいました。自分はコミュ力の問題で、まともに先輩に質問もできないんで、せめてブログでは懇切丁寧に説明しようとおもって頑張ってみました。

 

この記事が誰かの役に立つことを願ってます。まあ、Blenderをパソコンにインストールしている組み込みエンジニアがいるのかなぞだけど。

 

ではまた。