スタジアムについて思ったことは
「こんなに狭かったかな-。」
アウェイのスタンドが妙に狭く感じた。
そのくらいアウェイにもたくさんきていた。
そう今日は開幕なのだみんなまってたんだ。
でも現実は厳しくこてんぱんに負け。
いいことが全然なかったような。
こんな日は早く寝よう
いい加減書かないとマジ忘れるし。

2/15FCソウル戦(国分)
FCソウルがキャンプやってる国分でTM(なのでファジがアウェイ扱い)。
隣では京都がキャンプやってたらしい。
さて現地についてふっと入口見るとTM15:00~と予定表にかいてある。
どうも相手は15時からだとおもってたらしい。
こっちは13時からと思い込んでた。
結局間の14時からはじまった。
50分ハーフでやったらしい
道理でロスタイム長いと思った。50分やり抜くということでこうしたのかな。
前半 メンバー
GK 李
DF 近藤 ストヤノフ 馬場
MF 千明 一柳 田所 大道 
FW 久木田 桑田 中野
3バックなのだけど前が4-3か4-1-2か4-2-1かここら辺は流れによってという感じ、
というか中野に全然収まらないから攻撃がつながらない感じ。
ボールが千明に戻ってもだしどころに困ってる感じ。
去年は川原に出してっていう選択があったのだが今年は誰に託すかだね。
馬場を後ろに置いて一柳を前に出すというのを試しているみたいだ。
この日は可もなく不可もなくというところで監督はどう判断したか。
30分過ぎに桑田と久木田を白谷と石原に交代。
DFの中途半端なクリアが相手FWにプレゼントパス。そこから失点
まさに「なんじゃそりゃ」な展開。ここまでしぶとくまもってただけに痛い失点。
今年もこれには気をつけてもらいたい。
後半
GK 中谷
DF 野本 後藤 植田
MF 小林 小寺 武田 澤口
FW 白谷 石原 三木

結果的には0-0だったげどピンチもチャンスも多かったのは後半。
特に前の白谷石原が福本臼井に変わってからはよく攻めてた。
(向こうさんが守りに入っていた?)
臼井がよく目についた。臼井今年がんばらないとね。

あとチーム全体としては大きな展開を狙ったパスがよく見られた。
チームとして取り組んでいるのだろう。
大きいパスが通ったときの監督の「よーし、それだ!」という大きな声が響いていた。
(その後つながらなくて「うーん」と渋面作るというのがこの日のパターン)

結果は0-1で負け。
「追い詰めてたけど、(それだけでなく)しっかりガッと捕まえていかないと結果が変わらないよ。」
とは試合後の監督の講評が聞こえた。





今日は休みでしたが、予定をキャンセルしてOFFに。
予定は夏コミ3日目だったけど、めんどくさくなってやめた。
もともと絶対買いたいっていうのがなかったので、
人ごみで疲れるだけならということで行かなかった。
最終日の日曜のコミケを休んだのって何年ぶりだろう。
コミケはもうあまり行く気にならないなー。
人大すぎ。同人誌買うだけならちっこいonly巡ったほうが楽だし。
企業は高いしね。買いたいのもないし。
負けたけどなー。
1-2徳島
ちょっとセルフジャッジが多いかなー。
あとは点取られると凹むのは直ってないかな。
1-0札幌
前半4分最初のシュートであっさり先制。
この勢いで前半はファジのペースで終わるが
後半札幌も建て直しペースを握られ苦しい試合。
でも何とかしのいで勝ち。リードして後半に入るということが
ほとんど無かったので受身になってしまったか。
今後に向けての課題のひとつかな。